タイの最北県 チェンライ3つのナイトマーケット|かかって来なさい!タイランド

チェンライ 3つのナイトマーケット

https://wp.me/p9SYuN-1aW

各都市の観光スポットには必ずあるナイトマーケット 。
観光客の用の物もあれば地元の方に愛されている物まで様々です。

各都市の特徴を盛り込んだナイトマーケットなどは見ているだけでも楽しめます。

アユタヤのウイークエンドナイトマーケットなどはアユタヤ時代の雰囲気を醸し出した個人的に好きなマーケットです。

アユタヤ ナイトマーケット|かかって来なさい!タイランド
アユタヤにはこれまで5度程訪れた事がありますが、いつも日帰りでしたが今回初めて宿をとって2泊しました。 観光地の夜の楽しみは ナイトマーケット。 バン⋅ラン ナイトマーケット 仏頭が木の幹で覆...

チェンライの市内には 3つのナイトマーケット が存在します。

Night Bazaar
Saturday Night Market
Sunday Night Market

NIGHT BAZAAR

チェンライの中心部、時計台からも徒歩数分、バスターミナル1の直ぐ横にありアクセスもとても良い
ナイトバザール。

こちらは毎晩夕方暗くなり始めた頃から22時過ぎごろまで開催されています。
どちらかと言えば観光客に人気のマーケットと言う感じです。

マーケット入り口の直ぐ左にはいつも長蛇で並んでいるデザート屋さんがあります。
試して見たかったけど、いつも長蛇だから。
白人さんも結構並んでいて有名店何でしょうか。

お土産売り場はやはり山岳民族の衣装などが多く目につきます。
私が女性ならこれ欲しいいなって思う可愛い衣装も結構ありました。

この辺りは人でごった返している感じではないです。

飲食コーナー

飲食エリアは入って直ぐに大きな野外レストランがあり、目の前に大きな舞台があり心地良いライブ演奏が奏でられています。

ワインも結構の種類が用意されているレストランみたいでしたけど、飲み物だけでも大丈夫。

その奥に行きますと野外フードコートが広がります。

こちらもステージが設けられておりタイ舞踊やライブ演奏が常時披露されています。

こちらはお土産売り場と打って変わって物凄い人混み。

一人旅ですのでこう言う時テーブルを確保するのが困難。

一つまだ片付けられていないテーブルを見つけたので分かるように飲みかけのペットボトルを置いて料理を注文しに行くと、係のおばちゃんがテーブルを片付けだして、私のペットボトルも片付けようとして、その後ろでそのテーブルを待っているお客もいたので、慌ててこのテーブル確保してる事を説明。そうすると椅子をテーブルにたて掛かるようにしたので、それがテーブルを確保しているサインなのでしょうね。一つ勉強になった。

値段もお安くこの豚のチムチュム、100バーツ。ビール大瓶で95バーツ。

どうしてもテーブルが見つからない時はこんな感じで椅子をテーブル代わりに、

コームーヤーン、60バーツ。ミックステンプラ、50バーツ。

Saturday Night Market

こちらは文字通り土曜日の夜だけ開催される夜市です。

一般道路を封鎖した所に店舗が立ち並びます。

こちらは地元の人中心に活気で溢れている感じですね。
売られているものも日用品から野菜などまで観光客は買わない物も一杯。

ヘアードライヤーだけ売ってるお店もありますから。

なかなかこう言うのもバンコクのナイトマーケットでは見かけないです。

1着180バーツだったかな。

この辺りの通りはあまり興味が引くものがありませんでしたが、飲食のエリアは結構珍しいものもありこちらの方が見ていて楽しかったです。

豚の丸焼き。

隣で揚げたのが売られてました。やっぱりこれも新鮮なのが美味しいのでしょうか。

天才画伯

ここで似顔絵屋さんを発見。
よく観光地で見かけますよね。今まで描いてもらった事なかったですがちょっとここのは変わっていたので頼んで見ました。

こちらが天才画伯。

3つのナイトマーケット

このカレンダーの裏に小さな字でDraw —> 5Bahtって書かれていたんです。

純粋無垢な目で私をしっかり見ながら描いてくれます。照れますね。
名前を聞いても答えてくれなくて、私のタイ語が通じなかったのかなっと思っていたら似顔絵の端にNudeeって書いてました。

逆から見てたのでNadeeって聞くと小さな声でNudee
年齢も聞くと8 yeas oldってしっかりした英語で書きます。ちょっとスペル間違えちゃったね。

それと今日の日付 January 5th Sat 2019Happy new yearまで。

私が8歳の時にこんな英語書けなかったけどな。

出来上がりがこれ

何気に似てますよね。

20バーツあげてきました。少なかったかな。

Sunday Night Market

こちらも日曜日の夜だけ道路を封鎖され開催されるマーケット。

よくよく見ると土曜日のマーケットがそのままこちらに移ってる模様。
だから出し物もほぼ同じですね。

ちょっと違うのはこう言う出し物が所どころあったことかな。

どこかの施設の広い駐車場では日本で言うところの盆踊りのようなものが円を作り踊ってました。

タイで初めていちご買って食べましたが甘くて美味しい。
チェンライ産なのかな。

青空マッサージ、30分、70バーツ。

お札一体いくらで売っていたんだろう。今使われてるお札もあるんだけど。

今やタイの屋台では定番になったこのスタイルのお寿司。いつも人で賑わってます。

ここにも天才画伯Nudeeいるかなっと思って探して見ましたがここには居なかったですね。

Night BazaarWeekend Marketは完全に対象としてるお客が違う感じで結構楽しめました。
土曜日と日曜日のナイトマーケット両方行く必要はないかもしれませんが、チェンライ旅行で週末が入る場合は訪れて見てもいいかも。

チェンライ旅行ダイジェスト|A Trip to Chiang Rai Thailand |lonely thainet

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

コメント

  1. ingenue より:

    77aramboyさん、こんばんは。
     私もマーケットをプラプラ歩くのが大好きです。フードコートも地方価格なのか、とてもお安いですね。
     画伯Nudeeちゃんの似顔絵は、特徴を捉えて描画していて、とてもいい感じですねっ。77aramboyさんの笑顔もGoodです。

    • 77aramboy 77aramboy より:

      ingenue様
      いつもコメント有難う御座います。
      特徴のあるマーケットは楽しいですね。
      Nudeeちゃん、もうちょっと大々的にサインとか作れば一杯人が来ると思うけど。
      よくよく見ないとお勉強してるのかなって勘違いしますね。
      1枚5バーツって可愛すぎる。