バンコクの外れオンヌットに無農薬農園カフェ Backyard Farm & Bistro|かかって来なさい!タイランド

近年、地球温暖化などから環境問題に世界中の多くの人の関心が高まっていますが、その関心の流れはタイの人たちの中にも確実流れて来ています。

私の住んでいるオンヌットはちょっと前まではバンコクの東の最果てって感じのローカル色満載の土地柄でしたが、近年この辺りの開発もかなり進み、BTSもオンヌット駅からさらに東に14駅、Kheha駅まで増設されました。

駅前には映画館の入ったショッピングモールやおしゃれなカフェなども目にするようになって来ています。

私のお気に入りのカフェの一つでもあるECOに特化したカフェBetter Moon
が出来た時はオンヌットも変わったなーと思ったものです。

T77 COMMUNITY

この辺り一帯は大手不動産会社のSANSIRIが開発を手掛けていてT77 COMMUNITYと呼ばれているようです。

そしてそのプロジェクトの一つとしてSansiri Green Missionを立ち上げ、ここに15ライ以上の土地に有機野菜や果物を植え、スマートファームのイノベーションを確立させ有機野菜や果物を簡単に世話をできる事を共有することで、誰もが家から自分で緑の環境を楽しむようにするようです。

自分の野菜や果物をここで育てAIなどを駆使して成長過程がスマホに送られてくる、そんな感じですかね。

私たちは日曜日のお昼頃にここに訪れたのですが、コミュニティー内を端から端まで歩くのはちょっと疲れるぐらいの距離ですが、シャトルバスが順次巡回しているようなのでそれに乗り込めば簡単に農園まではいけます。

それと自動運転の電気カートもこのコミュニティー内の移動で試運転が始まるようです。

壮大な面積というわけでは無いですが、ここ近年余った土地があればすぐに高層ビルを建設している風潮からすれば街の中のちょっとした癒しの空間になっています。

街並み

この辺りを歩いているとハイソな感じがひしひしと伝わっています。
白人さんの住居率がかなりたかそうでバンコクの都心部くらい見かけます。

インターナショナル・スクールやハイソなタウンハウス。


ちなみにタウンハウスのお値段は2千万バーツ。

電気自動車のチャージステーション。

バス停でのモバイルフリーチャージ。

My Backyard Farm & Bistro

そしてオンヌットに新しい試みのカフェ、それが無農薬農園と併設されたMy Backyard Farm & Bistro

場所

場所はBig-Cの向かい側のコンドミニアムBASEの裏にあるHABITO Mallの更に奥に言ったところにあります。

 

Self-Hervest

きっとある決められた一角の野菜をカゴ一杯野菜を採り入れて99バーツなのかなと。
後で店内でカフェしている時にカゴに野菜を一杯乗せたお客さんが来られましたから。

ビニールハウス

ビニールハウスもいくつかあって中で作業されている人がいらっしゃったので写真を撮らせてもらおうと頼んだのですが、そこから撮ってと中には入れてもらえず。

EGG HUNTING

鶏もここで飼っているようで鶏卵の販売もしています。1パック85バーツと65バーツがあったな。
これだけの鶏で1日何個の卵が収穫できるのかな。

Bistro

店内は270度大きなガラスで囲まれ外の緑を眺めながら沢山の光が入り込みます。
時間帯に寄っては座る位置によって窓際は日差しがきつく暑さを感じるかも。

ドリンクメニューは一般的な物でホットラテで65バーツ。ジュース類は75バーツ。
小さなカップだったので全体的に少し値段は高めかな。

 

食事のメニューもパスタ類から、サラダ、ステーキ(お肉、魚など)サンドウィッチなど。パスタで200バーツ前後、ステーキで300バーツ前後、サラダで180バーツ前後だったかな。

私たちが注文したのはフルーツとチキンのサラダ(180バーツ)

できれば普通の新鮮な野菜のサラダを食べたかったけど、彼女がこれをなんとなく注文しちゃったので。

食べて歯にジャリとしたのが当たるので土が着いてるのかと思いきや、パッションフルーツの種のよう。そう分かってとしてもあのジャリジャリしたのはサラダにはいらないな。

店内では野菜、フルーツの販売もしており、ちょっとした雑貨もあります。

平日のお昼時に訪れた時は結構お客さんがランチしに来ていたので、このコミュニティーで働く人にとっては結構HOTなスポットになっているのかもしれませんね。

オンヌットでの新しい形の街造りがどうなって行くか見守って行きたいと思います。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント