バーンカチャオ バンコクから直ぐ行ける大自然の中のサイクリング|かかって来なさい!タイランド

タイで一番高いビル King Power Mahanakhon

2018年の11月に展望台がオープンした、タイで一番高いビルKing Power Mahanakhon。

タイで一番高いビル、 キングパワー・マハナコンの展望台|かかって来なさい!タイランド
キングパワー・マハナコン バンコクの新しい名所となるノッポで歪な形をしたビル、KingPower Mahanakhon。 いやぁーもう人類は普通に高いビルだけじゃ物足りないんでしょうね。 ...

屋上が展望台なので360度のパノラマビュー。
東西南北、何処までも続くビル群を見て改めてバンコクが大都会なんだなぁと実感したもんです。
しかし1箇所だけ、方向で言うと南東。どちらかと言うと私の住んでいるオンヌット方向のチャオプラヤー川を超えた辺りだけ、緑が溢れていて、あぁここもいずれ都市開発されるんだろうなと思っておりました。

今回はその緑溢れる バーンカチャオへ行ってきました。

バーンカチャオ への行き方

バンコクのスクンビット辺りだとBTSプロンポン駅からタクシーでクロントイの船着場まで行くか、私の様にスクンビットの東にお住いでしたらBTSバンナーからタクシーで船着場まで行くのが便利です。

私はオンヌットに住んでいるのでBTSバンナー駅から向かうことにしました。
BTSバンナー駅のExit2番を降りてそこでタクシーを捕まえるか少し先の川を渡った所のバイクタクシーで行くかです。距離的には3km弱あるので歩いて行くのはちょっとキツイですかね。向こうではまた結構自転車漕ぎますしね。

船着場はワット・バンナーノークの言うお寺の入り口にあるので、お寺の名前を言うか⌈ターナム(pier)⌋だけでもOK。料金は20バーツ。10分弱で到着です。

そこからは渡し船で向こう岸に向かいます。
自転車やオートバイも一緒に乗って来ますが係の人が抜群の捌き方で上手く安全にみんなを乗せていきます。

10分程で到着でしょうか。途中小さく向こうの方にKing Power Mahanakhonも見えます。

 

料金は降りるときに4バーツ。帰りは乗る時にこちら側で支払います。
因みに自転車は7バーツ、バイク(小)は10バーツ、バイク(大)は12バーツ。

レンタル自転車

到着すると目の前にお寺と黄金に輝く仏像がいきなりお出迎えです。


この周りに沢山のレンタル自転車屋があるので何処でも好きなお店で自転車を借りてサイクリングの始まりです。

私は向かって左側にあるお店で自転車を借りました。’
どれも結構古いのでブレーキやタイヤの空気は乗る前に確認を忘れずに。
1日50バーツ。IDを渡す必要があるみたいで私はタイの免許を渡しましたが、無くても大丈夫でしょう。帰る時に

もしIDが無かったらどうするの?

って聞いたら

スマホで顔写真を撮るから大丈夫さ!

って言ってハイタッチされました。
???
それだけだったらここに返しに来ない奴もいるんじゃないのかな。

支払いは返却時に。フリーの水とおしぼりを貰えました。
これ何気に有り難かった。

5時までに返却しなきゃいきない様です。

バンコクの肺

一応レンタル自転車屋で簡単な地図を貰いましたが、とにかく外周を走ってどんな雰囲気か感じて見ます。

ここは通称⌈バンコクの肺⌋と呼ばれています。


大自然が一杯で汚れた空気を浄化してくれれるのでそう呼ばれてるのと思いきや、この地形が肺に似てるからだそうです。

???

これ私には肺と言うより胃に見えるんですけど。

外周は交通量多め

ここはクレット島とは違い南側には橋が2つ掛かっていて自動車が自由に出入りできるので狭い道に対して自動車の量が多く快適にサイクリングできる環境では無かったです。なんでここまで来て車の間をすり抜けながら自転車乗らなきゃいけないんだ。

 

もう外周を走るのを辞めて内側に入る細い道に変更。方向音痴だから迷うのいやだな。でも少し奥に入ると景色が一変、自分が今さっきバンコクから来たのを疑うくらいの大自然。


いやチェンライの田舎を自転車で走ってと時の事を思い出しました。
ようやく楽しいサイクリングになります。

細い道があちこちに伸びているのでもう何処を走っているのか解りません。

ship museumとfloating marketのサインがあったのでそちらに向かって見ます。
細い道が直角に曲がるのでコーナーごとに一旦自転車を止めての方向変換。

サイン通り行くのですがそれらしきものは見つけられない。
まぁいいか。別の所に向かおうかなとも思ったのですが、せっかく来たのだからもう一度戻って散策。boat museumありました。思ってたのと違う感じ。

うん、ここは別に来なくてもよかったな。

次は水上マーケット。


うん、ここも思ってたのと違う。
やっぱり来なければよかった。

何も下調べをしないで来たのでどこに何があるのか全く解ってない。
そう言えばfighting fishの展示場があるのを何処かで見た気が。

Iphoneで検索して向かうとサインが出て来ました。

改装のためクローズ

Sri manakhon khuan khun Park

じゃ途中で見かけたSri manakhon khuan khun Parkに言って見まししょう。

大きな自然公園の様です。ここは整備されたサイクリングコースが設けられていて気持ち良い風を受けながらちょっとテンション上がる感じ。

池のほとりや橋の上などで皆さんカップルはあちこちで写真撮影です。

バードウォッチングタワー

そう言われれば沢山の鳥の鳴き声が聞こえてます。
意識してないと気付かないもんですね。

みんなで自転車倒してそこに寝っ転がってタワーの上から撮影してます。
楽しそう。

前半沢山無駄な所を走っていたせいでちょっと疲れて来ました。
戻る方に走りでしましょう。

途中沢山の車、バイクが止めてある駐車場を発見。
きっと何かあるんだろうな。行って見ます。

Bangnamphung Floating Market

先程のサインはここの事だったのか。

ここもボートが物を売りに来るとかでは無く川沿いにあるマーケット。

1箇所だけボートの上でクイティアオを作ってるお店がありましたが。

こういうマーケットで初めて見る物を発見。
なんて言うんですかこれ、ゴムパンチコ?

木と木の間に釣り下げられた空き缶を目掛けて球を放つ遊戯。
球は何から作られているんだろう、よく見なかったな。

1発1バーツから。
結構バチバチ当ててる強者もいます。

Tree House

最後に船着場の近くにあるTree Houseと言うホテル&カフェに言って腹ごしらえ。


ここバーンカチャオでは一番有名なお店。白人さんも多く賑わっています。

1階には冷房完備のダイニングもありますがここは2階のオープンテラスで頂くことにしましょう。3階まである様ですが3階はテーブル1つだったかな。もちろん先着いますよね。

オーダーは入り口すぐのカウンターで。テーブルに置く札をもらって待っていると探して持って来てくれます。

何も考えずスパゲティー頼んじゃったけど、他の人の見るとタイ料理の方が全然美味しそう。

バーンカチャオでは日が暮れるとボートでの蛍鑑賞ツアーができます。
でもこのホテルの宿泊客しか参加できないツアーらしいのでゆっくりバーンカチャオを満喫したいのであれば宿はTree Houseで。宿泊客は無料で自転車も貸してもらえます。

今回は無駄に前半走りすぎたので南の方まで行くことが出来なかったので、また近々探索しに来たいですね。凄い近いですしね。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント