バンコクマラソン 無事時間内完走|かかって来なさい!タイランド

2018年11月18日午前0時スタート バンコクマラソン (42.195km

バンコクマラソン なんとか6時間以内で完走する事ができました。

午前0時スタートという事で前日の17日にスタート地点の王宮エリア近くに宿を取って準備をしました。

ViVit Hostel Bangkok

午後2時ごろから午後8時ごろまで睡眠を取ってと思ってたんですが、さすがにいきなりお昼から急に寝ろと言われても寝れるわけも無く、
ベッドの上でグダグダ時間を潰すだけでした。

レース前は炭水化物を取るのがいいという事でホテルの近くに屋台がたくさん出ていたので、カオマンガイとクゥィティアオをいただきます。

レース用のウェアーに着替えちょっと早いですがレース会場に向かいます。

ホテルから15分くらいの所。会場に近ずくにつれて前日にゼッケンと一緒にいただいた大会のランニングシャツを来た人があちこちに見かけだします。

周りの建物やお寺がライトアップされ夜のお寺もなかなか味わい物です。

会場には水やゲーターレード、コーヒーなどの色々提供されてます。

エナジージェルを2つ程持って行っていたのですが、ここでも販売していたのでもう2つ念の為購入。

でも意外と思っていたほど凄い盛り上がってる感じでも無いというのが正直な感想。

人生でマラソンは今回が2回目ですが1回目はカリフォルニアのサンノゼロックンロールハーフマラソン。
ロックンロールと名が付いているだけにロックミュージックがガンガン流れていてスタート前から結構盛り上がっていたんですがね。

それでもスタート1時間前ぐらいから大画面を使ってエアロビクスでウォームアップ。

だんだんみんながスタート地点に集まり出します。

サンノゼマラソンの時は自己申請のタイム別にスタート地点が区切られていて集まるのですが、このマラソンは早い者勝ちでスタートに近いとろに並ぶことができます。ひょっとしたら先頭軍団はVIP待遇されている選手が陣とってるのかもしれませんが。

私も比較的早く並んだので結構前の方に陣とったかも。でもどんどん後ろから前に行こうとする人が押してくるので団子状態。
スタート20分ぐらい前から司会者の方がタイ語と英語で今回のレースの説明と主催者の紹介などをしていきます。

この時多分、気温28度、湿度80%ぐらい。
もう既に沢山の人の熱気とこの湿度のため汗だく状態。

全タイムのペースメーカーの人が時間の書かれた風船を掲げて最前列からスタートします。
ちょっと不思議なシステム。

バンコクマラソン

何人かコスプレランナーも。

 

いよいよスタート

カウントダウンが始まりいよいよ長いレースの始まり。
20秒の時差もないくらいにスタートラインを通過。

いろんなペースの人達と初めの数キロは走りる事に。
自分の後ろから物凄い速さで駆け抜けて行く者もいれば、前方に歩く様な速さで走ってる者もいるし。

やっぱり初めにペース別に分けとくべきだよな。

エイドは2Kmごとに設置されています。出来るだけ毎回水分を取る様にしましたが、2km、4kmのエイドはスピード落として取ろうとすると、まだ後ろから物凄い速さで駆け抜けてくる人がいるので、後ろに気を使いながらの給水です。

ここまでは王宮辺りを走ってるのですが無風状態でもう既に辛い状態。

6kmぐらいになってようやく同じスピードの人達の集団になり始めました。
ここでチャオプラヤー川に掛かる橋を超えていきます。写真を撮ったのですが真っ暗で何も写らず。

ようやくここで風が抜ける様になって多少気持ちよく走れる様になりました。
その後はずっと高速道路を13Kmほど真っ直ぐ走ります。高速道路の街灯だけで周りはほぼ真っ暗。これはなかなか辛いですよ。

サンノゼハーフマラソンの時はコーナーごとにライブバンドがいて、テンションの上がる曲を演奏していたので前半かなりハイペースで走ってました。

Kmを過ぎたところで5時間のペースメーカーを抜き去るまでの順調な走り。
後はなんの変化もない高速道路をひたすら走り続けるだけです。

18Km地点で大きなお寺に当たり2Km程Uターン。
この辺りで先頭軍団が折り返しを過ぎゴール方面に向かってすれ違いますが、短距離走の様なスピードで駆け抜けていきます。

私はここまでは練習で走ってるペース。
もう一度Uターンしてお寺の方に向かって2Km。

ちょっと何か変。気がつくとどんどん後ろの人に抜かれています。
5時間のペースメーカーにもここで抜かれる事に。
何とか付いて行こうとするが足が思う様に前に出ない。
ハーフ過ぎた途端、一気にペースダウン。
この時点で走ってても背の高いファランが歩く速さと変わらないくらいのスピード。

ランニングパンツは汗をたっぷり吸い込んで重さを増し、どんどんずれ下がってくるし。

遂に歩き出す

ついには28Kmで歩き出す羽目に。
その後はエイドで水を飲みながら200m、300m歩いては走る。そしてまたエイドで水を飲みながら200m、300m歩いては走る。
この繰り返しで残りを走り続ける事に。ここが1番の地獄でしたね。不思議と34Km過ぎたあたりからはスピードは遅いですがリズムよく足がまた前に出る様に。

このあたりからハーフを走る選手のUターンと交わります。狭い道路に一気に人が増えます。それも彼らは私たちと違い元気一杯のスピードで滑走してくるので私たち足を引きずる様に走ってるフルマラソン組は端に追いやられる羽目に。

その後10K走組も交わり更に人が増えペースはぐちゃぐちゃ。このあたりで5時間30分のペースメーカーに抜かれてしまう事に。

40Km過ぎたあたりでまた足が前に出なくなる。

もうここからは気力だけで走り切る事に。

何とか最後は全力を振り絞って遂にゴール。ゴールしたら感動があると思っていたのですが、疲れた以外の何の感情も出てこない感じ。

 ゴール地点

一応ゴール地点ではフルマラソンとそれ以外の人とのゴール場所が少しだけ別れてはいて、そこで完走した人はメダルがもらえたのですが、ほんの50Mも進めば後は秩序なく人が自由にぐちゃぐちゃな感じ。どこで完走した人のT-シャツを貰うのか、フードはどこで貰うのか、預けたカバンはどこなのか解らない状態。

スタート時点ではフルマラソンに参加する人だけでしたから3222人。ゴールの時はハーフマラソン、10kラン、5kランのゴールした人達もいるので会場はごった返してます。四方八方から人がくるのでなかなか前に進めず、こちらはもう疲労困憊で早く座ってゆっくりしたいのに、イライライライラ。

サンノゼハーフマラソンの場合はゴールしてからも進行方向にずっと歩きます。その間にタオルをもらったりメダルをもらったり、ジュースや果物、ヨーグルトをもらったり、ブースでプロの方に写真を撮ってもらったり、預けたカバンを受け取り、ゼッケンに付いてるビール券でビールをもらってようやく芝生や椅子が並べられてる場所に着きリラックス。そこにはステージがありライブ演奏。ってな感じでスムーズに流れていきます。

もうちょっとその辺のところオーガナイズしてもらいたいもんです。

これで海外からAmazon PrimeやAbemaTvも見れます。


今の自分の体力ではフルマラソンはキツ過ぎ。ハーフなら何とか初めから一定のスピードで走り切れる感じかな。

次出るレースはハーフマラソンにして、それで奇跡的にもタイムが上がる様ならもう一度フルマラソン挑戦してみようかな。

結果

今回は前半ハーフ約2時間25分、後半ハーフ約3時間24分。トータル約5時間49分のギリギリ完走でした。
順位3222人中1842位。
年齢別順位 M50−59 339人中246位

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント

  1. ingenue より:

    【祝】フルマラソン完走おめでとうございます。

    タイムは6時間以内とのこと、すばらしいです。
    おそらく私と同年齢かと思いますが、私にはフルマラソンはちょっと無理かも…

    はじめてコメントしています。
    しばらく更新されていなかったので、心配しておりました。
    これからも、バンコクの情報をよろしくお伝え下さい。

  2. 77aramboy 77aramboy より:

    ingenue様
    コメント有難うございます。
    50半ばで始めるスポーツではないですね。ゴールした時に何か感動がと思いましたが
    疲れた以外のなんの感情も湧いて来なかったです。(笑

    ブログ一旦途切れちゃうと続かなくなりますね。
    特別毎日何かしてるわけでもないので、書くことなんかも何もないのですが。

    また更新した時に時間があれば覗いてください。
    ありがとうございました。