バンコクの名前の由来って?なぜ外国人だけがそう呼ぶのか|かかって来なさい!タイランド

クルンテープ

⌈バンコク⌋って名前カタカナ表記でも⌈BANGKOK⌋ローマ字表記でも音の響き的にも個人的には凄くカッコいいなっと思ってます。まぁ長年聞きなれ、見慣れているのもありますが。漢字表記「泰国」だけはちょっと違和感があります。

でもこの素晴らしい都市名バンコク。外国人しかこうは呼ばないのが一般的です。
タイの人々はバンコクのことをクルンテープと一般的に呼びます。

このクルンテープと言う響きも結構好きです。
でも東南アジアをあまり知らない人にはマレーシアのクアラルンプールと勘違いしやすいかも。

クルンテープをタイ語で表記すると⌈กรุงเทพฯ⌋。最後のฯ⌋は以下省略みたいな感じの記号です。

多くの人がご存知のようにバンコクの正式名はとてつもなく長いです。

タイ語表記

”กรุงเทพพระมหานคร อมรรัตนโกสินทร์ มหินทรายุทธยา มหาดิลกภพ นพรัตน์ราชธานี บุรีรมย์ อุดมราชนิเวศน์ มหาสถาน อมรพิมาน อวตารสถิตย์ สักทัตติยวิศนุกรรมประสิทธิ์”

日本語表記

「クルンテープ・マハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーアユッタヤー・マハーディロークポップ・ノッパラッタナ・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット」

意味

「天使の偉大なる都、帝釈天の戦争なき平和で偉大な輝かしき大地、九種の宝石のような心楽しき王の都、多くの王宮に富み神が化身となって住みたまう、帝釈天が建築の神ヴィシュカルマに命じて造りたまった神聖なる住処」

これの最初の部分クルンテープもしくはクルンテープマハナコーンだけ用いてあとはで省略。

では何処からこのバンコクという名前が付けられたのでしょうか。

バンコクの名前 起源

時は18世紀、タイの都がまだアユタヤにあった時代、今のバンコクがあるこの地はただの草原で、川向こうのトンブリにトンブリーマハーサムットという城砦都市があり、アユタヤに向かう世界各国の交易船の税関や補給基地の役割をしていました。

バンコクという地名は当時オランダやフランスの商人などが記録に残しているもので、チャオプラヤー川のこの辺りにマコーク(มะกอก)というウルシ科の樹木が生い茂る(バーンบาง)という意味でバーンマコークバンコクと呼ばれはじめ、これがこの地が外国からはバンコクと呼ばれている所以らしいです。

ブッペーサンニワート タイで超人気だったドラマบุพเพสันนิวาส|かかって来なさい!タイランド
ブッペーサンニワート ちょうど去年の今頃タイで物凄く流行ってたドラマで『 ブッペーサンニワート 』というのがあります。タイに住まれている方は何処かで見たり聞いたりした事があると思います。 ちょっと...

ですがタイ側の文献などにはバンコクという地名は何処にもなく詳しいことははっきりしていないようです。

因みにバンコクをタイ語表記するとบางกอกとなる様ですが、最近では英語発音からแบ้งค้อกと表記されたりもするそうです。

どちらも殆ど見かけないですね。

バンコクの名前

後に都を今のバンコクに移し王宮中心の周囲に運河を作りラッタナーコーシン島と呼ばれる、王に近い人だけが住むことのできる人工の要塞となる島を作り上げました。

それから政治、経済の発展の共に東に東に拡大されていきバンコクは今や世界の大都市になったと言うことです。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント