バンコク国立博物館 無料日本語ツアーが充実|かかって来なさい!タイランド

日本から友達がバンコクに来た時に色々な所に連れて行くこともあります。
アユタヤや王宮やお寺関係がやはり多くなりますね。
その時に色々タイの宗教的なことや歴史的な事を聞かれるのですが全く持って知識がありません。

やはりその国の歴史を学ぶと言ってもそう簡単なことではありませんよね。
アメリカや中国、ヨーロッパのざっくりとした歴史なら学校で習ってるし多少は知識もありますが。

バンコク国立博物館

バンコクは王宮の少し北側に バンコク国立博物館 が存在します。
所蔵品は1000点以上。結構見所があります。

この博物館、毎週、水曜日と木曜日の9:30amから11:30pmの約2時間、
日本人ボランティアによる日本語無料ガイドツアーがあります
もちろん日本語だけではなく各言語のガイドツアーを見かけました。

これがかなり充実したツアーでして主に3人のガイドの方がセクションに分かれて説明されて行かれます。
その他に将来のボランティアガイドさんの研修生の方が4、5人私たちと一緒に付いて、
一生懸命先輩ガイドさんの事をメモしながらガイドのヘルプをされていきます。

仏陀礼拝堂

まずは礼拝堂に入りまして、(この建物だけ靴を脱がなければならないです。)
あっ帽子も。ここに書かれている壮大な壁画の説明を受けます。

この壁画にはびっしりとお釈迦様の生涯の物語が描かれているようです。

この図はお釈迦様が体調を崩されている時に、元気になってもらうために、
お食事を作った物に天空から2人の神が特別の調味料を振りかけているところのようです。
お釈迦様はこれで元気を取り戻されたとのこと。

この調味料の名前がスジャータ。なんか聞いたことがありますよね。ここから名前を拝借しているようです。

ラーマ9世(プミポン国王)の葬儀の山車

プミポン国王が亡くなられてもう直ぐ一周忌になります。
その葬儀の準備があちこちで準備されていますが、この山車もその一つでこの上の部分に国王の遺体が乗せられるらしいです。

ガイドさん

インドから北回りで広まったのが大乗仏教(これが日本に入って来た仏教)
インドから南周りでスリランカなどを経て広まったのが上座部仏教(これが主にタイの仏教)

ガイドの人たちは写真などを頻繁に使って説明してくれますので大変わかりやすいです。

ガネーシャ

日本でも有名なガネーシャ 。なぜこんな風貌になったのか。説明してました。
ざっくり言いますと、破壊王シバ神が猟に出かけている時に奥さんがうちで入浴していました。そして奥さんは自分の垢から息子を作り
ます???しばらくしてシバ神が家に戻ってくると知らない男が家の前にいるのでその男の首をきり捨てました。
それを知った奥さんは嘆き悲しみ、シバ神は息子の首を探しにいきます。だが見つからないため初めに出会った動物の首を代わりに持ち帰るとし、それが象だったと言う事だったと言うまさに奇妙な話です。

カーラ竜王

これもよく見かける顔です。カーラ竜王。シバ神の家来です。忠実な家来でしたが戦に負けてシバ神に「お前なんか自分の体を自分で食ってしまえ」と言われ、忠実なカーラは自分の足から食べ始め下顎まで食べてしまったところで、シバ神に忠誠心を認められ、門番にしてもらえたらしいです。

シバ神

これが破壊王シバ神です。怖そうな感じではないんですけどね。でも目の間にある3つ目の目からは光線を出し、
頭からは火山の噴火のようなものを出すらしいですよ。

感想

お釈迦様の頭のお団子は髪を束ねたものではなくて、知識がありすぎて頭の上にあふれ出したものらしいです。
お釈迦様の手の組み方、足の組み方、立ち方、などの違いなど結構調味深いことを色々知ることができましたし
見所たくさんの博物館です。

入場料 200Bですし、王宮をまわられる前に訪れてみるといいかと思います。
途中冷房の聞いていない部屋も何箇所かあって蒸し暑かったりもしますが2時間のツアーはあっという間でした。
かなり専門的なことも話されますので、少し大まかなところ予習していくとさらに理解が深まるかも。

基本的に各部署の要所要所を説明されていき次々と回りますのでツアーが終わった後で自分で気に入ったところを後でまた訪れて
写真なんかを撮られるのがいいのではないでしょうか。ツアー2時間、後で自分で回って1時間から2時間。

地図

この辺りはアクセス悪いですね。スクンビット辺りからだとスクンビット通りから赤バス2番が直ぐ前まで走ってます。

営業時間

休館日ーーーー月曜日、火曜日、タイ祝日

営業時間ーーー9:00−16:00

日本語無料ガイドツアー  水曜日、木曜日、9:30am から2時間

入場料ーーー200B

Video

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント

  1. ingenue より:

    77aramboyさん、こんばんは。
     穴場的なスポットですね。初めて知りました。入場料金も高くないので、ぜひ訪れてみたいと思います。
     77aramboyさんは数々の良さげなスポットをご存じなので、日本人向けの観光ガイドブック出版できそうですよねっ!

    • 77aramboy 77aramboy より:

      ingenue様
      いつもコメント有難う御座います。
      かなり深い部分まで解説してもらえます。
      場所がカオサン通りに近い所なので交通の便があまりよくないですが。
      もっとみんなに知られていてもおかしくない見応えのある博物館です。