最高のホステル Book a Bed Poshtel in Phuket|かかって来なさい!タイランド

Book a Bed Poshtel

今回プーケットタウンの宿で利用した Book a Bed Poshtel 。なかなか居心地が良かったのでちょっと紹介します。

まずこのPOSHTELって意味ですが、聞きなれない言葉ですね。初めはミススペルかなっと思ったくらいです。

POSH(豪華な)HOSTELをくっ付けた造語のようです。
おしゃれな豪華なホステルってカテゴリーですね。

このBook a Bedはまさにそんな感じです。2018年の2月に出来たばかりと言う事で何もかも真新しかったです。

場所

場所的にはプーケットタウンのハズレですが、街自体さほど大きく無いので何処に行くのも特別困ることはありません。歩いてじゃんじゃん街探索です。

目の前にはLIMELIGHTと言うショッピングマーケットがあり、フードコートやファストフード、その他の飲食店、そしてTOPSも入っているので、なんでもすぐに手に入れることができます。

飲食を安く済ませたい方には助かりますね。

私が泊まった部屋は4人一部屋のドミトリーです。

バスルーム

部屋にはバス、トイレが一つ付いていて、水圧、水温も申し分ないです。

 

他にも共同のバス、トイレもホールの奥にありますので、部屋のが使えないときはそちらを使うことができます。部屋のバスルームにはないのですが、共同バスルームには強力なへヤードライアーも設備されています。

ベッド

ベッドも程よい硬さでぐっすり眠れました。ブランケット、枕、シーツ、タオルもしっかりしたもので
今まで泊まったゲストハウスとは全然違います。
タオルもシーツ類も毎日交換してくれます。

ベッドは下に1つ、上に3つというちょっと変わった感じになっていますが、カーテンで仕切られているのでプライベートは確保できます。ベッド横にコンセントも2つありますのでスマホ充電もバッチリ。

階段もハシゴじゃないので上り下りも安心。

ロッカーも大きなサイズでスーツケースも大丈夫。

因みに私が宿泊してた時は他に誰もいなく4人部屋は私の貸切状態。
YouTube見るのもイアフォンなしでOK。

宿泊客は他にも結構いたのですけどね。余裕があれば重ならないように部屋分けしてるのでしょうか。

鍵はカード式で部屋のドアの開閉。そのカードをベッド横に差し込むとクーラーや電源、ライトが使用できるようになります。

WIFI

WIFIの入りも良くなんのストレスもないです。

プール

プールもあります。泳げるくらいの長さはあるのですが、なんか変な作りにしていてきっと泳ぐ人はいないなーて感じです。

朝食

キッチンもあり食材持ち込んで料理もできます。

朝食はトーストとバナナとクッキーですがオレンジジュースがたっぷり飲めるのは良かったです。
あとバター、ジャムが数種類とマヨネーズ、ケチャップとか。冷蔵庫も大きながあるので自分のジュースなんかをキープ出来ます。

朝食時間は7:00amから11:00am

ダイニングも日差しが入り明るく広くゆったりとしていて、くつろげます。

ビール類なども50THBで販売。

アイスクリームも7コンビニサイズの冷凍庫で販売してました。

レンタル自転車、バイク

ホテルの前にはレンタル自転車が2台。
これはこのホテルの持ち物ではなく、アプリを使ったライドシェアのような物で、私も何度か使わせてもらいました。20分ぐらい乗って10THB程です。実質自転車に乗っている時だけの値段ですので駐車している時は値段は加算されません。

レンタルバイクはこのホテルで借りることができるようです。
一日250THBって言ってたような気がします。

Indy Night Market

それと毎週、水、木、金はホテルの前の駐車場で小さいですがIndy Night Marketが開かれるうようです。ライブ演奏もやってましたね。

私はソムタムと串を数本買ってホテルに戻って食べました。

受付

受付の女の子2人もスーパーナイスでフレンドリー
色んな情報を詳しく教えてくれるし、あんまり居心地が良かったので、この後、パトンビーチの方に1泊してからこちらに戻ってもう3泊ここに滞在する事に決めました。

お値段の方はAGODAでクーポン使ったりプロモーションで値引きされてたりで一泊幾らか良く分からなかったけど3泊して500THBぐらいだったのでかなり安いですね。

一つ欠点があるとしたら洗濯機がここには無くて隣のホテルまで行って使わなきゃいけないことぐらいですかね。洗濯物を干すところはたくさんあるのですが。

もしプーケットタウンで安宿を探される方はここをチェックしてみてはいかがでしょうか。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント