ブッペーサンニワート タイで超人気だったドラマบุพเพสันนิวาส|かかって来なさい!タイランド

ブッペーサンニワート

ちょうど去年の今頃タイで物凄く流行ってたドラマで『 ブッペーサンニワート 』というのがあります。タイに住まれている方は何処かで見たり聞いたりした事があると思います。

ちょっとタイ語の勉強がてらまた見直して見ようと。

ちょっとした社会現象的にもなったこのドラマ、このドラマのパロディーのコマーシャル多数、ドラマから生まれた流行語多数、ここの舞台となったアユタヤに観光客が溢れかえり、ドラマの衣装を着ての写真撮影。これを制作したチャンネル3の会社の株が高騰など。

大まかなあらすじ

話の大半は17世紀後半の中部アユタヤを舞台にしたラブコメです。

現在(21世紀)

この女性、名前はゲスラン。、アユタヤの歴史の研究をしております。

この男性、名前はルアン。同じくゲスランたちとアユタヤの歴史について研究しております。

お互いに好意を抱いているようですがまだ恋人関係ではない感じ。

アユタヤ時代(17世紀後半)

この女性、名前はガラケー。主人公ですね。

この男性、名前はムーン

この二人の関係は、お父さん同士が大親友で一緒に兵隊として同じ釜の飯を食った仲。
今は政府高官の役職。つまりすごい裕福なご家庭ということです。
その父親同士で子供が出来た時に将来二人を結婚させようと言う話をしていたみたいです。

ところがガラケーの両親が亡くなってしまいムーンのお父さんが親友の娘(ガラケー)を引き取る事になります。

しかしこのガラケーがとてつもなく性格が悪くいつも二人の召使が奉仕しているのですが機嫌が悪いと殴る蹴る罵倒しまくるの悪態をつくのでみんなから嫌われている状態。

とにかくお父さん以外からは誰からも支持されていない。

ここでひとつ事件が起こります。

ムーンさん家族と親交があるご家庭にチャンワーという娘がいます。

こちらはお淑やかで、礼儀正しく品もありムーンさんもお気に入りです。
もちろんチャンワーさんもムーンさんに気があります。

それをよく思わないのはガラケー。それで彼女はチャンワーさんの暗殺を企てます。
召使にチャンワーさんの乗っているボートを転覆させて暗殺させます。

もちろん召使は拒否しますがそこはまたあの暴力で従わせます。
ボート転覆は成功したのですがチャンワーのお仕えの者達がなんとかチャンワーさんを助け出したのですが一人が溺れて無くなります。

もちろん皆んなはガラケーが怪しいと疑いますが、ムーンさんのお父さんだけが証拠もないしとかばいます。ですがムーンさんがガラケーに事件のことを問いただすとうっかりボロが出てしまい、
ほぼ犯人と確定。

もうこうなってはどうしようもなく、昔から言い伝えられているお祈りの儀式で、もし彼女が本当に犯人ならば罰が下ると。

そして彼女は亡くなってしまいます。

現在

ゲスランとルアンは今日の研究も終わり満月を見ながらルアンの運転で家路に向かいます。
その時に奇妙な人影を目にします。

車内の中、今日の出来ことを話しまくるゲスラン。ルアンの様子がおかしく後ろ座席を見ると先ほど見た人影の女性が乗っていて、悲鳴をあげる二人。その時車は対向車線の車と激突しゲスランだけが亡くなってしまいます。

ここで日本的に言う所の三途の川のようなところでゲスランとガラケーが出会います。

ガラケーはゲスランに助けてと。ガラケーは悪人ですから鬼達に追われていて地獄に連れていかれようとしています。ガラケーはゲスランに私の体を貴方に与えるから現世でいい行いをしてくれと頼みます。ガラケーは悪い女だけではなかったと皆んなに証明してくれと頼みます。

勝手な話だとは思いますが。

ゲスランはこれは夢の中の話だと思って引き受けるのですが、目を覚ますとそこはもう17世紀後半のアユタヤ。タイムスリップです。

そこからは現代っ子が17世紀後半の世界でどのように生活していくのかを恋愛や歴史的出来事なども含めて面白おかしく展開していく感じです。彼女はアユタヤがこの時代にどうなっていくのかを研究して誰よりも知っていますからね。この当時、実際起きた事件なんかも実名で盛り込まれているようですのでそこは興味深いですよね。

いわゆるちょっと前に日本でも流行ったZIN(大沢たかお)に似たお話です。

私が初めて見たときはもうゲスランが乗り移っていたときだったので彼女が普通に使う⌈OK⌋て言う言葉がアユタヤ時代にもうあったのかなと思ってしまいました。

ブッペーサンニワート、サブタイトルでLove Destinyとついていますから、運命の愛なんですかね。色々話の後半にこのタイトルの意味が解ってきます。

บุพเพสันนิวาส ( Special EP.1 ) ตอนที่ 2/9 | 12-04-61 | Ch3Thailand

こちらは総集編ですね。

見所

見所はやはりアユタヤ王朝時代の人々の暮らしぶり、縦社会の人間関係、衣服や食べ物、交通手段、言葉などなど。
どこまで忠実に再現しているかは分かりませんが、優雅さが伝わってきます。

ちょっとどうかな?っと思う所

とにかくずっとBGMとか効果音が流れています。8種類ぐらいのBGMが繰り返し繰り返し流れます。

ちょっとシリアスな会話があればおドロおドロしい音楽が流れ、でも大した事話してないです。
かと思えばその後すぐにコミカルな音楽に変わったり、普通に会話を楽しみたいです。何言ってるかは解んないけど。

それと、ガラケーがほんのちょっとでもつまずくとすぐに男性の胸に倒れこみお互いの顔を鼻がくっつきそうになるぐらい近ずけて見つめ合います。ボートがちょっと揺れたら、ボートから降りる時、振り向きざま、などなど。何十回と出てきますから。この演出どうなのかな。

ラブシーンではないですよ。ただバランスを崩しただけ。
一旦胸に顔が行っても顔まで近づけます。

これも結構パロディーで皆さんやられてましたね。

タイ語頑張って勉強しなくちゃいけないなー。

บุพเพสันนิวาส ブッペーサンニワート

アユタヤ タイ 古都王朝への旅|かかって来なさい!タイランド
ついこの間までタイで放映されていた超人気ドラマ『ブッペーサンニワート』の舞台がアユタヤと言う事で急激に多くの人が訪れて当時の衣装で写真を撮る人で賑わっているアユタヤ。 バンコクに友達が遊びに来て...
アユタヤ ナイトマーケット|かかって来なさい!タイランド
アユタヤにはこれまで5度程訪れた事がありますが、いつも日帰りでしたが今回初めて宿をとって2泊しました。 観光地の夜の楽しみは ナイトマーケット。 バン⋅ラン ナイトマーケット 仏頭が木の幹...

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント

  1. Ingenue より:

    77aramboyさん、こんばんは。
    タイでの滞在時にテレビを見ると、ドラマを放映しています。タイ語がわからないので何となくしかわからないです。
    日本人なのに、このドラマを分析して,解説してもらって….77aramboyさんはスゴイです。

    • 77aramboy 77aramboy より:

      Ingenue様
      いつもコメント有難う御座います。
      Youtubeでは英語の字幕付きがありますから。
      後半話は外国との外交問題になって一気に話は難しくなって解らなくなりました。(笑