バンコクでバスに乗る為に入れておきたいアプリ3選|かかって来なさい!タイランド

バンコク市内およびバンコク近郊を網羅している バス 。これを乗りこなせれば、ほとんどの所まで低額で移動することが出来ます。

しかしどのバスがどの路線でどこまで行くのか中々わからないです。

例えば私の暮らしているオンヌットのスクンビット通りからカオサン通り近く王宮あたりに行くには2番バス6.5バーツで行くことがきますし、ちょっと不便な所にある南バスターミナルにも511番23バーツ行けます。交通状況によって時間はかなりかかる事はありますが。

いつも自分が利用する番号のバスですら、途中で高速に乗って降りたかった場所を遥かにすっ飛ばしたり。と思えば途中で全員降ろされたり。ようやく高速に乗るバスのทางดวงというサインが目に入るようになって来ましたが、それでも真っ直ぐ行くと思ってた路線が曲がったりすると慌てて次のバス停で降ります。これは不慣れな外国人の私だけそうだと言うわけでもなく、地元のタイ人も⌈えっ!曲がるの?⌋って感じで慌てて降りてメイン道路まで歩いて戻ります。バスのどかに何かしらのサインがあるのでしょうか。

日本の書店などでは、バンコクバス路線図なども出版されて便利でしたが、家で出かける前に確認する分にはいいですが、出先で調べるには持ち歩かなければいけないし、今居る自分の場所を見つけるのも一苦労だし

バス アプリ

BMTA

そこで便利なアプリがあるのでご紹介。

ขสมก

ขสมก
無料
posted withアプリーチ

 

このアプリは殆どのバスの路線と停車する場所最寄りのバス停、そこに来るバスなどを調べることが出来ます。

  

電車や船までもカバーしてるみたいですが、まだフェリーやボートは制作途中でしょうか表示されません。

同じ2番バスでもルートがこんなに違います。

3番目のバスに乗って帰ろうとしても私のバス停は通り過ぎます。
なので長距離乗られる場合はバス番号だけではなくタイ語表示もできるだけ確認を。

 

タイ語、英語表記の変換も出来ますので、エアコンバスで行き先を告げる時、タイ語に自信がない時はタイ語表記を見せればいいですし。

目的地までのルート検索、料金表示もありますが相当時間が掛かってイライラ。検索失敗することも多いので、このサービスはちょっと実用的では無いかも。

ViaBus

もう一つのアプリはこちら。

ViaBus

ViaBus
無料
posted withアプリーチ

 

こちらのアプリはタイの中でも最高峰の大学Chulalongkorn University(チュラロンコン大学)とバス会社が共同で開発したアプリと言うことです。

こちらも上のアプリとほぼ同じ機能がありますが、現在地に来るバスの路線は確認することができますが、全路線を確認することはできません。77番のバスって良く街で見かけるけどどこ走ってるんだろはチェックできないです。
しかしこのアプリの優れている点はGPS搭載のバスが今どこを走っているのかが一目で分かります。

バス マップ

電波状況によって時差は生じます。まだ2駅ぐらい向こうだからと安心していると突然現れたり。とにかくバスが来るのか来ないのかが分かるだけでも大変重宝します。暫く来なさそうなバスを待ち続ける事も無くなります。来ないと分かればさっさと電車やタクシーに乗って帰りますし。

画面を上にスクロールすれば、待っているバス停に来るバスが一覧できます。そして特定のバスをタップすればそのバスルートが表示されます。

 

ルート検索もサクサク

 

全てのバスがGPS搭載では無いのが少し残念ですが。いず れはそうなることを願います。

Google Map

Google マップ - 乗換案内 & グルメ

Google マップ – 乗換案内 & グルメ
無料
posted withアプリーチ

 

もうこれは使ったことが無い人はいないでしょうけど。

行き先さえ入れればあらゆる手段の目的地までを教えてくれます。

 

どのアプリも一長一短がありますので3つを駆使すれば、多少はバスに乗る不安も解消されるんではないでしょうか。多少はね。でも突然降ろされたりする謎まではこのアプリでは解明できません。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント