チェンマイ旅行 チェンダオ洞窟と土管温泉と田園カフェ|かかって来なさい!タイランド

チェンマイ旅行3日目

エレファント・トレーニング・センターを後にして向かったのはチェンダオ洞窟。
 

タイで3番目に高いこの山の麓にある様ですが、その前にこの近くに温泉があると言うことで少しそちらに寄って見ます。

土管温泉

土管温泉。聞きなれない言葉ですが、言葉そのままで土管を利用して作られた温泉。

2004年に日本人の人達が作った様です。
この辺りに長期で働いていた日本人達が自分たちの為に作ったのが始まりでしょうか。

私が着いたのはお昼過ぎの丁度一番暑い時。
それでも2組の家族が温泉に浸かって入られました。

誰でも自由に使える温泉です。もちろん無料。
一応着衣は必要です。

女性の方もT-シャツを来たままで入浴です。

今回は海パンを持ってくるのを忘れたので入る事はしませんでしたが、足湯だけ少し。

源泉の温度が46.2度と言う事でしょうか。
丁度いい感じの水温にはなってました。

暑い中温泉に入って汗だくのまま着替えるのも大変だなと思っていたのですが、皆さん温泉に浸かった後、目の前にある川で涼んでから着替えてました。

川の水は透き通っていて綺麗。

因みに更衣室などは一切無いです。

 

チェンダオ洞窟

土管温泉から北に20分ほどバイクを走らせると チェンダオ洞窟 の入り口に到着。

この洞窟は1000年以上前から人々に知られています。 全長約12kmにも及ぶ洞窟はタイでも最大級の長さです。1km未満の通路が一般に訪れることができます。

外国人入場料40バーツを払って洞窟内に。

地元の伝説によると、洞窟の中にある仏像を持ち帰った者が突然の不幸な死。
それとたとえ小さな石だとしても洞窟から持ち出すと必ず不幸が訪れると。

決して記念で何かを持ち帰ろうとしない事です。

一般に公開されている部分は照明もあり歩きやすい状態です。

 

入り口付近は天井の割れ目から入る自然光もあります。

この辺りは比較的歩きやすです。


洞窟を奥に進んでいくと数カ所に仏様が祀られています。

チェンダオ洞窟

途中少し開けたスペースで地元の人に声をかけられました。

何人で来たのか

一人だ

と言うと、サインの方を指差して何か言ってました。

よく分からなかったのでそのまま進むと先ほどのサインがまた出て来て、よくよく見るとこの先ガイド無しに進むとペナルティーで5000バーツと書いている様です。

先ほどの人達はガイドの人達だったんですね。

確かにランタンを持ったガイド付きで見学しているグループもいればガイド無しで見学してる人もいます。

まぁ知らないふりして先に進みましょう。

少しさらに進んで行くとかなり細い通路を抜けて照明が無くなります。
ちょっとここからはやっぱり怖くなって引き返します。

後で調べると先の方はいくつもの通路があって迷路の様になっているらしく、知らない人が突き進むと迷子になる確率が高い。

去年の6月にチェンライの洞窟で少年サッカーチームの10数名が10日近く遭難していたのを思い出しました。(雨季で水かさが増して閉じ込められる)こんなところで10日間、真っ暗の中でほとんど水分だけで過ごしたなんて凄すぎる。

ガイドつける場合100バーツ(トーチ代)+チップが要求されるらしい。

白人の観光客が多かった。

白人達には人気の観光スポットの様だな。
周りには何にも無いけど、帰路の途中バイクを走らせているとママチャリ乗った白人のおばちゃんがいたからこの辺りに宿泊してレンタル自転車で観光してるんだな。何か他に見所があるのかな。

Lonely Planetに掲載されてるんだろうな。

営業時間 :午前8時 – 午後5時
入場料:40バーツ
ガイド:(特別コース)100バーツ+チップ

 

田園カフェ

ちょっと疲れたのでカフェで一休み。
この辺りにちょっと変わったカフェがあると言う事で寄って見ます。

田んぼの真ん中にあるカフェ。

Jiang Dara Cafe/เจียงดารา

なんかタイムスリップって感じ。

いい雰囲気です。

しかし、お店に誰もいない。
暫く写真を撮りながら待ってましたが誰も戻って来る気配がないですし、今日客が来た気配もないです。定休日だったのかな。

後で調べて見ると毎日9:00ー18:00の営業。

まぁコーヒーや食べ物が美味しいで有名な訳じゃないから別に良いんですけど。

こちら離れで宿泊する事もできる様です。

改装中の様でした。それで休業してるのかな。

寝るだけですね。

需要があるのかな。

   

Art Cafe

喉が乾いたので道を挟んで向こう側にもカフェがあったのでそこで一休み。

Makhampom Art Space Chiang Dao

こちらも目の前が田んぼですが奇妙な案山子?が立ち並んでいます。

入り口付近にも奇妙なオブジェが。

探偵ナイトスクープに出て来そうな感じです。

カフェはいたって普通です。

何か子供達に自由にここで色んなアートについて教えている様な感じですね。

変わったオブジェがたくさんありました。

営業時間 9:00ー17:00

月曜日 定休日

 

チェンダオ観光

チェンマイに比較的長く滞在されるのなら少し足を伸ばしてチェンダオまで来てさらなる大自然を満喫されてもいかがでしょうか。

エレファント・トレーニング・センター、土管温泉、チェンダオ洞窟、田園カフェ

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

コメント