新型コロナウィルスの影響か?返品したが返金されない|かかって来なさい!タイランド

Tripod

新型コロナウィルスの影響

この商品は今回の話と無関係です。

カメラの3脚が欲しくて色々ネットで探していると、FACEBOOKやINSTAGRAMの広告に頻繁に三脚の広告が付く様になり、毎回毎回動画が流れるのを見てると洗脳されたようになってしまい、この商品いいんじゃないかと思う様になってしまうもんですね。

折り畳んだ状態では物凄く小型になり、伸ばせば150cmくらいまで伸ばせ、人が踏みつけても壊れない。

そして気がつけばいつの間にかこれを注文していました。(1月上旬)確か$45ぐらいだったと思います。
届くまでに20日くらいかかる様なことが書いてあったので気長に待っていましたが、3週間過ぎても届かず、4週間目に入り確認のメールを送ろうと思っていた矢先、商品が届きました。

開封

早速箱を開けてみると、??? 同じ感じの様な物だけど脚が40cmぐらいしか伸びない。
あちこち引っ張っては見たがどう見てもこれは1.5mも伸びる様な三脚ではなくミニ3脚。

返却

こんな物は欲しくは無いので勿論返品です。
サイトの方に行って返品の仕方を調べてみるのですが、返品に関しての情報は一切なし。

とにかくカスタマーサービスにメールで文句と返品の仕方を教えてもらいます。

が、一向に返信がこない。

メールアドレスがいくつかあったので違う所に送るも返信がこない。

最後にもう一つのメールアドレスに送ったら返事が来ました。

返信には、

今回の件は申し訳ございません。そちら様が注文された商品の在庫がなかった為、担当者がそれに良く似た違うものを、お客様を長くお待たせしないために確認もせず郵送してしまった様です。返品を希望されていられる様ですが、送料はそちら様のご負担になります。もし宜しければ届いた商品をそちらでキープしていただいて、こちらからは$6.88の返金をさせてもらうという事はいかがでしょうか。

と言うのが送られてきた。

$45支払って要らない物を受け取り、$6.88だけ返金で納得いく訳ないじゃん。

なので送料はこちらで払うので全額返金を希望する事をメールで送り返します。

すると中国の返品先の住所だけが送られて来ました。

返品送料

そして郵便局に向かい返品です。

送料294バーツに届いていないと言われても困るので、85バーツ追加してトラッキングナンバーを付けてもらいました。合計379バーツ。約$12です。

これで全額戻って来たとしても$33しか戻ってこなかった事になってしまいますが、$6.88よりはましです。

約2週間程で届く様です。

郵送状況を確認

2週間程たったのでトラッキングナンバーを入力して郵送状況を確認してみると、住所の所まで配達されている様ですが、受取人が不在で何度か再配達されている様です。

まさか、いい加減な住所を教えられたんじゃないかな、これはもう諦めるしかないかなとも思っていたのですが、3週間を過ぎた頃に受け取りが確認された様です。

返金の確認

その後2週間ぐらい様子を見ていたのですが、返金された形跡はないです。
そこでまたメールでそちらが商品を受け取った事を示すトラッキングを添付して送ります。

新型コロナウィルスの影響

そして帰って来た返信は

今ファイナンスの方に連絡しているので、確認が終わり次第返金いたします。

との事。

新型コロナウィルスの影響

まぁいつになる事やらと思いながらいると、3日後にメールが来ました。

工場の方に送り返された商品の確認を要請しているのですが、現在この新型コロナウィルスの為、誰も工場で働いている者がなく確認する事はできません。なので長くそちら様をお待たせするわけにも行かないですので$10の返金で承諾してはいただけませんか。

これ本当かよ。

受け取った奴がいるんだから誰か働きに来てるだろう。

まぁ途中から気づいてはいたんです。SNSだけに広告をあげてる会社、それも信じられないくらい優れた製品を格安で売ってる。初めからそんな商品は存在しなくて2足三文の物を売りつけて返金は誤魔化す。

もう返金はない事と思ってここはいつ迄も全額請求をし続けて見たいと思います。

SNSに貼り付けられてた三脚の広告、気が付けば注文したあたりからもう見なくなりましたね。
どこの会社かここに記して置きたかったのですが、どのwebsiteから注文したか全く覚えていなくて残念。

まだLAZADAを通しての注文だったらなんだかんだで返品したら今の所100%全額返金されてるんだけどな。

もう2度とSNSの広告からは何も注文しない。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント