タイで無職だけどバンコク銀行でクレジットカード作ってみた|かかって来なさい!タイランド

現在、アメリカで発行したクレジットカード4種類 ⌈アメックス、ビザ、マスター、JCB(JCBは何やらアメリカから撤退した様です)⌋を所持しておりますが、外貨で使用した場合のtransaction feeが掛からないのは一枚だけなので、タイで クレジットカード を使うときはこのCapital One Master Cardの一枚だけです。

最近また、バーツ安になってきましたから、カードでドル支払いの方がお得かもしれません。

ちょっと前までのバーツ高だとドル支払いにするわけにも行かないので、デビットカードも含めて現金で支払らっていました。

為替の変動でこれを使い分けたいのですが、バーツ支払いするためのクレジットカードがあれば便利です。色んな特典、ポイントが付きますし。

タイのどこの銀行もクレジットカードを申請する条件としてはワーキングパーミッションが必要になります。ですが私のようにリタイアメントビザで滞在していると仕事をする事は出来ません。
もちろん仕事をするならビザをビシネスにすれば良いだけの話ですが、仕事をしにタイに来た訳ではないですので、なんとかワーキングパーミッション無しでクレジットカードを取得したいものです。

現在私のタイでの銀行はバンコク銀行を利用しています。 ⇒リタイヤメントビザを取得するためには、口座に80万バーツ以上の預金を2ヶ月以上保有していなけらばならず、私が調べた範囲では、2016年当時、 ⇒ノービザで口座が開けるのはバンコク銀行だけだったため、バンコク銀行を利用しています。

バンコク銀行 クレジットカード の条件

クレジットカード

それでバンコク銀行の日本語カスタマーサビスの方にE-Mailで

リタイヤメンビザの保有者で、ワーキングパーミッションは持っていないが、貴社の定期預金に一年以上100万バーツの預金があるがクレジットカードが作れるか

と問い合わせて見ましたすると次の日ぐらいに、

ワーキングパーミッションが無ければクレジットカードを作る事はできません。

とだけ、つれない返事が来ました。

それで暫くは諦めていたのですが、最近また色々とクレジットカードの事を調べていると、カシコン銀行などではdepositとして、ある一定金額を一定期間預けているだけの条件でクレジットカードを発行してくれるようです。

カシコン銀行 THE PREMIER(VISA)

200万バーツを6ヶ月以上が条件のよう。

まぁダメ元で一度バンコク銀行のシーロム本店に行ってもう一度聞いてみようと。
もしダメだと言われたら、その場で定期預金を解約して他の銀行に移す旨を伝える作戦で。

バンコク銀行には日本語デスクがありますので、詳しい事もやり取り出来るはずです。

 

まずこれまでの趣旨を全部伝えると、では利用限度額はいくらにしますかと聞かれた。

えっ!?もう作れる方向で話は進んでるの?

デポジットの分が利用限度になります。このお金はクレジットカードを解約するまで使う事はできません。3万バーツ、5万バーツ、10万バーツ、いくらでも良いです。いくらににされますかと聞かれた。

これは意表をつかれる展開だ。

定期預金に100万バーツ入っているのでそれでお願いしますと伝えると、

この定期預金は使えません。新しくクレジットカード用に口座を作って頂きます。

ちょっとこれは納得し難かったが、今ある定期を解約してこちらに移すと利息が付かなくなるので
とりあえずはもう一つ定期預金に5万バーツを預金する事に。



色々手数料の説明をホワイトボートを使って説明して頂きました。

つまり、預金額(5万バーツ)の0.1%(50バーツ)プラス15バーツ合計65バーツが手数料になるとのこと。

解約する時には225バーツ掛かるとの事ですね。ホームページでは200バーツになっていますが。

なんだ、全然問題なくクレジットカード作れるじゃん。

必要書類

でもちょっと問題になったのは、書類なんですが、有効なビザがあるパスポートは勿論ですが、今住んでいる住居の証明する物が必要でして、取り敢えずコンドのリースの契約書を持って行っていたので、これを提出。
担当者が上司に相談に行った結果、何か自分名義この住所宛に来た公共料金の請求書はあるか、例えば電気水道など。これはどちらもコンドのオーナーさんの名義なのでダメです。

携帯電話はどこの会社を使ってるのか聞かれたので、 ⇒LINE MOBILEと答えるとなぜか笑われてダメだと。

インターネットはTRUEを使ってると言うと、じゃそれの請求書を持ってまた来てくれとの事。
でも請求書いちいちキープしてないんだよな。
次のが来るまで待たなきゃいけないのか。と思いながらこの日は退散。

でも帰り電車に乗ってから、銀行の近くにTRUEの会社があったから、そこで過去の支払いのデータをプリントアウトしてもられば良かったんだと気づくがもう既に遅し。明日、そうしよう。

コンドにつくと郵便受けになんとTRUEからの請求書が来てたんです。なんと言う奇跡。
それで次の日に再びバンコク銀行に出向いて、昨日の手続き再び開始。

延々の続く署名

ここからが結構長いんですよ。全ての書類というより印刷物全部にサインをしていかなくてはならず、
それも書類は全部ダブルで用意されていますから。私のコンドの契約書だけでも10ページ以上ありますし、それをダブルなので20ページ以上。

銀行側の書類は一部20ページ以上。これをダブル。1ページに3箇所サインするような書類もありますし、パスポートのコピー5、6枚x2、通帳のコピー4、5枚x2。

きっと100箇所近くサインしました。

アメリカもアパートなど契約するときは、かなりの書類にサインしますが、1条件に1サインで条件の説明してる書類にまでサインはしないです。

幸いに私のサインは英語表記でイニシャルを書く程度なので、何枚でも流れるように書くことができますが、漢字で姓名をきっちり書かれる方は物凄く時間がかかって疲れると思います。

あの全ての印刷物にサインする制度はなんなんでしょう。

まとめ

無職でもタイでクレジットカードは作れます。

と言うわけで5万バーツを担保にして利用上限額が5万バーツしか使えないクレジットカードを申し込みました。三週間ほどで送られて来るそうです。5万バーツしか使えないクレジットカードを作ってもあんまり意味がない様にも思えますが。

デビットカードを使えていたから問題はなかったのですが、やっぱりポイントとか特典もらえるの嬉しいし。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント

  1. Kaifaameeo より:

    私も同じくバンコクバンクで、5万バーツおろせない定期でクレジットカードを作りました。何故かVISAとマスターの二枚のカードが来ました。VISAはポイントが貯まり、マスターはほんのちょっとのキャッシュバックが引き落とし時に。……これは、担当のお姉さんが教えてくれました。キャッシュバックがあるから私はマスターを使ってるって。で、私もそうしています。

  2. 77aramboy 77aramboy より:

    Kaifaameeo様
    コメント有難うございます。私はまだ手元にないのですが、2枚送られてくるのですか。1枚につき5万バーツ使えるのですかね。それとも2.5万バーツづつ。何か担当者によって随分、内容が変わってきますよね。でも簡単にカードが作れてしまってビックリです。日本の銀行も預金を担保にカードを作れたりするんでしょうかね。私は日本のカードを持ち合わせていません。
    なにはともあれ、つまらないブログですが見ていただいて有難うございました。

  3. Kaifaameeo より:

    何時も、興味深く読ませていただいています。
    請求書を見ると、限度トータル5万バーツとなっていますので、合わせてですねー。
    キャッシュバックは0.5%でした(今、計算しました)。私はポイントだと釣られて使ってしまいそうなので、こっちのマスターカードしか使っていません。
    カードは銀行支店に受け取りに行きました。(Tel貰って取りに来る方が早く受け取れるとのことで)VISAが17日後。マスターは22日後に。両方とも、その場で支店の担当者が電話をクレジットカード担当部局に入れてくれて、代わって、パスポートNo.と住所を聞かれて(確認)、その時点で、カードが有効化されるようでした。

    • 77aramboy 77aramboy より:

      Kaifaameeo様
      こんにちは、コメント有難うございます。
      受け取りの方が早そうですね。郵送はもちろん書留で送られる様な事言ってましたが。
      そうですね、ポイント欲しさにいらない物でも買ってしまいそうですね。
      また暇なときにでもサイトの方に遊びに来てください。
      有難うございました。