バンコク コンドで火災訓練 意外と本格的で感激|かかって来なさい!タイランド

それはとある、日曜の午後、1時20分に発生した。
シャワーを浴びたばかりの私は、全裸状態で部屋でくつろいでいた時に、いきなり警報機が鳴り響きます。

大抵の場合は、すぐに鳴り治るのだが、今回は待てど暮らせど、けたたましい音を響かせ続ける。
ひょっとして今回は本当の火事なのか?考えていることもできないくらいの、爆音でとにかくささっと服を着衣して、財布と携帯を手にして、部屋を抜け出す。

エレベーターは4機とも1階に止まったまま、動いてる気配はなし。

ますます本当の火事なのかと心配に、非常階段で1階を目指す。

しかし、ここは24階。結構大変。6階付近で他の逃避してきた人を見かける。

この辺りで煙の気配が。

ようやくフロントに出るとたくさんの人がロビーの前でうろちょろ。

消防車も来ており、消防員もちらほら見かける。

火災訓練

とこんな感じで警報機でここまで追い出された感じですが、ロビーには椅子が並べられておりスクーリーンも設置されて、何か講習が始まりそうな雰囲気。火災訓練か。まぁ良かった、良かった。


部屋に戻ろうと思ったけれども、まだエレベーターが作動していないので、火災訓練 に参加してみることに。

スクリーンを使いながら色んな事を説明していますが、タイ語だけですからね、ほとんど分からず。
でもフリーのサンドウィッチがあったのでそれを頬張りながら、実演まで待ちました。
この時もらったドリンクが人生の中で一番不味い飲み物でした。

実技練習

まずはじめの実演練習は、ビニール袋に空気を入れて、それを頭からすっぽり被り、煙の充満した部屋から脱出すると言う訓練。

部屋の中は煙で真っ白でほとんど見えないです。椅子を並べて通路を作ってあるようですが、手探り状態で少しずつ前進します。

前のおじさんが(タイ人)、パニクってるのか、係りの人が、「左手で探りながら、左手で、左手で」
「ムーサーイ、ムーサーイ」って連呼してるのに分からないみたいで。私でもムーサーイって言われたら解りましたよ。

やはり煙が首元から入ってくると少し苦しかったですね

消火器

次は一般の人に消火器の使い方の実演練習です。
コツがあるみたいで、直ぐに消火できる人と、できない人がいました。



揚げ物の油が点火した時

そして次は、揚げ物の油に点火してしまった場合、水をかけちゃうとこう成りますよという実演。

物凄い火が上がりました。揚げ物の油に火かついた時は、大きめの布を上からふわっと広げて被せるようにとの事でした。

ホースでの消火

そして今度はホースでの消火。
小さな子供が挑戦です。

そして最後は大きめの火の消火。専用の消火ホースを使って。

放水をスクリーンにして少しずつ近づきながら、消火してました。

最後は消防車の前に消防員、スタッフ、参加者全員で記念撮影。

 

参加賞品抽選会

そして最後まで参加された方は抽選くじを引いて景品が貰える、素敵なサービスが。

  

そして私が引いたのは 「1番
 

何気にこれ、バンコクに来てからビザが取れた時くらい、感激したかも。

この火災訓練は、どこのコンドでも定期的に行政からの指示で、行われているものなのでしょうかね。
私のコンドは、それほどハイクラスなコンドでもないのですが。

関心、関心。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント