DOG IN TOWN CAFE(犬カフェ)2号店がBTS Ari อารีย์に|かかって来なさい!タイランド

旅行先に犬カフェや猫カフェなどを見つけてしまうと入ってしまいたくなる性分です。
私の住んでいる所にも比較的近くに犬カフェがありたまに行くことがあります。

それがDog In Town Cafe Ekkamai

Dog in Town エカマイ バンコクにある犬カフェ 犬たちと戯れ癒される|かかって来なさい!タイランド
昔から犬を飼いたかったんです。でももう今の生活じゃ不可能だな。私が小さい頃に飼ってたらしいですがあまり記憶がなくて。 小さい時に100円で買ったひよこがアヒルになってしばらく育てたことはあります...

時間帯によってはかなりの人が外で待ってるくらいの人気カフェ。
ドッグカフェ、回転率が良くないので人が待ってるともうちょっと諦めますね。

そのDog in Town Cafeが2号店をBTSアリー駅の近くに出店された様なので行って来ました。

場所

あまり来る事のないBTSアリーですが結構駅前周辺は屋台やお洒落なレストランも多く賑わっています

google mapでは5分になってますが10分程かかります。

DOG IN TOWN CAFE in Ari

店構えはエカマイ店と同じですが庭の芝生がこちらは人工芝になってました。

お店の方に向かうとお店の方が出て来られて犬達の扱いかたのリストを貰い説明をしてくれます。

エカマイ店は店内でワンドリンクオーダーするだけで良かったのですがこちらのお店はエカマイ店と違って入店時にエントランスフィーを取られる様です。

50バーツって聞こえたので50バーツを支払うと350バーツと言い返され、???
ちょっとパニック状態。何かデポジットでお金を初めに渡して、犬達に何も迷惑かけなかったら帰りに戻って来るのかなとか考えていると、350バーツでレギュラードリンク1杯分フリーだと言う事。スペシャルドリンクの場合プラス〇〇バーツ。食べ物は普通に料金を支払う。

エカマイ店の感覚で110バーツくらいで犬達と戯れると思っていたのでかなりショック。

じゃ帰りますとも勿論言えず350バーツ支払います。

お店に入るときに足に被せる青いビニールを貰います。犬達が外に出る時にそれを履いて一緒に出ます。
あと飲み物や食べ物を持ってないかも聞かれました。

店内

お店の中はエカマイ店より広く明るく2階もあります。

DOG IN TOWN CAFE in Ari

でも天窓になってる分フロアーに強めの影ができ写真撮影は苦労します。

広い分か犬達の数も多いですね。15匹くらいかな。

基本店内ではクーラーの風が来る所で寝転がってる様で、お客さんはそこに寄り添っての写真撮影ですね。

外出タイム

犬達のお待ちかねの外出タイム。私が居たこの時は1時間ちょっとくらい間隔で外出タイムでした。時間帯によっても違うのかもしれないです。

この日もかなり暑い日。庭の中を走り回ると言うよりお散歩タイムですね。
お水が用意されみんな集まって来ます。氷も入っているので氷だけ持ち出す子も。

この時お客さんは入店時に貰った青いビニールを足に履いての外出になります。

15分程外で遊んだら店内に戻るのですがこれがなかなか大変そう。’
1匹づつ犬達の体、足を丁寧に拭いてあげてから店内に入れるのですが、ドアを開けた途端他の犬達も入ろうと群がって来てなかなかスムーズには行かないです。

写真撮影

暫くすると中国人の団体客が来て店内は満席。

また犬達と戯れていると写真タイムになりました。

カウンターの前のDOG IN TOWN CAFEの前に犬達を集合させます。
大きな犬は後ろ、小さい犬は前と上手く餌を使って整列させます。

お客は長い列を作って順番待ち。
その間も犬達はお行儀よくしてます。

お店の方にカメラを渡して順番に全員の写真を撮ってくれます。

エカマイ店

エカマイ店の方の料金システムが気になったのでお店の方に聞いてみると、ここと同じシステムになっているそうです。

でもここには300バーツって書いてますね。
店舗によって違うのかな。

帰りには足もちゃんと洗える様になってます。
この蛇口可愛い。

ギャラリー

店舗情報

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント