チェンマイ タイで一番高い山「ドイ・インタノン」の見所紹介|かかって来なさい!タイランド

タイの最高峰

日本の誰もが知ってる日本の最高峰は高さ3776mの富士山。
ではタイの最高峰は?
意外とタイ好きの方でも知らない方が多いと思います。

それはチェンマイのメーチェム郡に位置するドイ・インタノン山高さ2565m

タイ北部は周りが山に囲まれているので3000m級の山脈が連なってるのかと思えばそれほど高くはないですね。

今回はその頂上まで登って来ました。と行っても頂上付近まで山道が舗装されていてバイクで行くことが出来ます。

ドイ・インタノン国立公園

場所

チェンマイの旧市街から南西に100km程先にあります。

 

私はバイクで向かいましたが、国道を50km程走ったあたりで右折して山の方に向かいます。そしてその途中にドイ・インタノン国立公園の入口が現れます。

タイでバイクをレンタルする時の注意点|かかって来なさい!タイランド
レンタルバイク タイの地方都市を観光するのにとても安く便利なレンタルバイク。 バイクを借りるだけで行動範囲がグッと広がり時間の節約にもなります。 でもやはり安全面での不安もあります。 ...

 

入園料

外国人の大人  300B

外国人の子供  150B
タイ人大人    50B
タイ人子供    20B
その他車やバイク 20~30B

外国人価格凄い高いですね。私の場合はバイクなので320バーツ。

急な坂道

その後50km程山の頂上に向かってひたすら走ります。
この辺りから急に温度が下がったのを肌で感じます。

私の借りたバイクは125CC。借りる前にお店の人にドイ・インタノンに行く事を伝えたら一人乗りならこれでも大丈夫との事。

しかし坂道はフルスロットルでも時速35kmまでしか出ず、このままだとエンジンが壊れちゃうんじゃないかと心配しながらの運転になりました。出来たらもうちょっと大きめのバイクの方が安心して登れていいでしょうね。

海外旅行中の病気やケガを補償する、安心の保険サービスです。

インフォーメーション・センター

丁度半分ぐらい来たところにインフォメーション・センターが出て来たのでちょっとトイレついでに立ち寄って見ました。
ここで地図をもらった時に色々と見所を説明して頂きました。オススメのトレッキングコースと瀧などを地図上にマークしてくれます。
それと近くにガソリンスタンドがあるかどうかも聞いておきました。山道走るとものすごい勢いでガソリンが減っていきます。幸い近くにあるようなので補充していきましょう。

よく見ないと見過ごします

途中いくつかのビューポイントで写真を撮りながらようやく頂上近くの駐車場に到着。
ここに来るまで結構寒かったです。

タイで一番高い場所

ドイ・インタノン

駐車場から象のところを少し登って行くとThe Highest Point in Thailandのサイン。


この先まだもうちょっと上に行けたような気がしましたが、一応ここが一般人が行けるタイで一番高い場所になるようです。

因みにこの日の朝6時の温度が10℃。私が到着した時の温度が15℃。
大体年中通してこのぐらいの温度の様です。

Angkha Nature Trail

駐車場の少し手前にトレイルがあったのでちょっと行って見ます。
1周340mの2、30分でまわれるぐらいの様です。

ドイ・インタノン

ちゃんと舗装された道なので安心してたっぷり森林浴をしながら難なく回れます。

ツインパゴダ

頂上付近はこれっと言った見所も景色もないので早々と来た道を戻ります。
すると故プミポン前国王とシリキット王妃誕生60周年記念で建てられたパゴダがあります。

地図

 

ここの敷地内に入るには40バーツが必要です。
それとバイクは中に入れなくて山道に駐車。

故プミポン前国王の記念塔

正式名がやたら難しい。

Pra Mahatat Noppamethanedon(プラマハタートノッパメータニドン)

高さ60m

インドネシアの花崗岩でつくられた坐像

登るだけのエスカレーターもあるのですが殆ど使う人いなかったな。

シリキット王妃の記念塔

Pra Mahatat Nopphonphusiri(プラマハタートノッパポンプンシリ)

高さ55m

中国の白翡翠でつくられた立像

ここから見える庭園もきちんと手入れされていて素晴らしく綺麗でした。

こちらの記念塔の方が見応えはありました。

キウメーパントレッキングコース

記念塔の直ぐ近くにあるトレッキングコースはインフォメーションでオススメされた所。

キウメーパントレッキングコース

此方のトレッキングコースは標高2000m級の山並を1周約3kmのコースです。
ここは受付で名前などを記載してガイドをつけます。

必ずガイドを付けなくてはダメのかどうかちょっと確かではないですが、天気が良ければ一人でも全然大丈夫な感じのトレイルです。でももし天候が悪くて視界が悪いとちょっと迷ったりする可能性は大ですね。

ガイドの料金

ガイドを付けるとサービスフィーとして200バーツチップとして払います。
ガイドはゲストを最大10人まで一度に案内出来ますので10人で申し込めば一人当たり20バーツで済みます。

私は一人旅ですので200バーツ払いましたが、もし10人以下のグループがいたらそこに頼んで一緒に回れば少し節約できますね。

ガイド

今回私の担当をしてくれたのはワサン君。この辺りの山岳地帯の出身の方達がこの仕事についている様です。

ドイ・インタノン

入り口に竹の杖(無料)があり勧められましたが、カメラ片手に持ってるので遠慮しておきました。

ガイドさんは初めの15分ほどは先に歩いてくれてましたが、途中からは私が先にどんどん前に進みます。ガイドは基本トレイルの説明とかは一切ないです。

道は舗装されていない場所でも全然問題なく簡単に進める状態になっています。
私もサンダルでしたが全然問題なかったです。前半はヒンヤリした森の中を森林浴しながら歩きます。

途中森の中を抜けると素晴らしい景色が出て来ました、特にこの日は天気も良かったし。

ドイ・インタノン

この辺りがこのトレイルの中で一番高い所じゃないかな。
写真では解りにくいですが久しぶりにいい爽快な景色を見たなって感じです。

ガイドさんに頼めば写真もちゃんと撮ってくれます。
何気に写真撮るのうまいです。私のiPhone、色んな機能使って撮ってくれました。

途中1箇所だけ「えっ本当にこっちにいけるの」って所を進む様に促されます。

少し道無き道を登ると前が開けてツインパゴダが見下ろせる場所に。

ドイ・インタノン

この画角の写真を何処かで見たのでバイクで走って色々探してたんですが、ここか。

途中きつい坂道もありましたが気持ちのいいトレッキングでした。
グループの方なら2時間から2時間半のトレッキングコースですが1人な1時間半くらいで周れました。

ワチラターン滝

 

次に向かったのはワチラターン滝。

ここともう一つ大きな滝をインフォメーションで勧められたのですが、そちらは時間的に行けそうになかったので、今回はこちらで。

もう駐車場から滝の落ちる音が聞こえて来ます。

ドイ・インタノン

滝の正面まで来ると水しぶきでかなり濡れますのでカメラとかちょっと心配でした。

ドイ・インタノン

階段を使って沢まで行って皆さんマイナスイオンを満喫されてますね。
その途中綺麗な虹が掛かってました。

 

ドイ・インタノン国立公園、来るのに小さいバイクだとちょっと疲れたけど、半日使って大自然を満喫できる観光スポット。チェンマイの街を堪能し尽くして時間がある方はこちらまで足を伸ばして見てはいかがでしょうか。

時間のある方はこちらの動画もどうぞ

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れて人生変わるかも。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント