ECO CAFE バンコクで広がるかマイストロー|かかって来なさい!タイランド

ECO

私の住んでいる近くに出来た ECO なお店、Cafe and Refill Better Moon

極力プラスティック製品は使わない、シャンプー、ソープ、ローションなどはお客さんお持ち込みのボトルに量り売り。

eco

ストローも紙製品でマイカップを持ち込めば、テイクアウトは勿論、店内で飲んでも5バーツオフ

店内にあるお皿を持ち出して、表の屋台で食べ物を買って持ち込みOK。


〈表で買って来たソムタム〉

【 Better Moon 】マッサージ街にあるお洒落でEcoなCafe |かかって来なさい!タイランド

を紹介しましたが、それ以来何となくエコについても考えるようになりまして。

プラスティックストロー廃止

そうしていたら、最近やたらとニュースでプラスチックの問題が取りただされていて、スターバックスも2020年までに全店でプラスティック製のストローを廃止すると。そうすると、他社大手の企業も次々とプラスティック製のストローを廃止するなどを発表しています。

なるほど、時代はそう言う流れになって来ているのか。アメリカではスーパーのプラスティックバックは完全廃止で自分のエコバックがないと10セント払って紙袋を買うのが普通になりました。

タイではまだまだ、スーパーで買い物をしてもこれでもかって言うほど使って商品を入れてくれますが。まぁおかげでゴミ袋を買わなくてすみます。

エコバックの次はエコストローなんかが流行るのかもしれませんね。

そう言うわけでエコストローを注文したんです。結構前にニュースとかで話題になる前に注文してたのですが、⇒LAZADAでの配達が中国からでかなり遅れてようやく届いた次第です。

ストローも色々あるみたいで、シルバーのが格好良くて欲しかったのですが、ふと思った時に、これ洗って使わなきゃいけないけど、中が見えないので、綺麗に洗えてるかどうか解らなくて嫌だとと思い、ガラス製の透明のにしました。

早速これを持って、 BetterMoonへ。

アイスカフェラテ80バーツを頼んでカップとストローを渡します。
笑顔で受け取ってくれて、75バーツ。5バーツのディスカウントです。
ストローも自分の持って来たんだけど、ディスカウントは?っと聞くと笑顔ではぐらされました。

ニュースで紙のストローは普通のストローよりコストが10倍かかるって聞いたんだけどな。
自分のカップ持って来てくれる人より、自分のストロー持って来てくれる客の方が嬉しんじゃないのかな。

私の持って来たカップはお店で使っているカップより小さめなので、氷の量も少なく、おまけに保冷が効くので氷も溶けず、久しぶりに濃厚なアイスラテを楽しみました。

お箸入れのようなストローケースが必要になって来ますね。

と思っていたら、しっかりケースもストローも沢山販売されていました。

バンコクの ECO もここから広まっていけばいいですね。

 

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント