チェンマイ 象のウンチで再生紙作りを体験 「Elephant PooPooPaper Park」が楽しい|かかって来なさい!タイランド

Elephant PooPooPaper Park

チェンマイと言われて思い浮かぶ物としては古都、お寺、グルメ、象、コムローイなんかが私の頭の中に出て来ますが、結構エコロジーの分野でも意識が高いのかなとも思います。

その一つとして面白い取り組みをしているのがこちらの施設。象のウンチを使ってカラフルな再生紙の製品を作り出す今話題の

Elephant PooPooPaper Park

Elephant PooPooPaper Park

初めは行くのをためらっていたのですが、子供向きの施設じゃないのかなーなんて思っていて、でも実際行って見ると子供のように喜んでいる自分がいました。

場所

 

場所はTiger Kingdomのすぐ隣。なので是非ともTiger Kingdomに行かれた時は立ち寄ることをオススメします。

入場料と時間

入場料 100バーツ(ガイド付き)
時間  9:00-17:30

ガイドツアー

まず入り口で入場料の100バーツを支払うとここで作られている象のウンチの再生紙のワッペンを胸に着けるように言われます。そして次のツアーが始まるまで10分程、あちらのカフェでお待ちくださいとの事。

暫く園内やお土産なのを探索しているとあちこちに象のウンチが置かれています。

そうこうしているとガイドのお姉さんがいらっしゃいました。
頭にはヘッドセットを付けてますが私一人なので使わない様子。

実際のウンチ

先ずは展示しているウンチを実際触って匂いを嗅いで見ます。

Elephant PooPooPaper Park

勿論、これらはフレッシュな象のウンチではなく乾燥させた後何かしらの衛生上の処置をした物。非常に軽く匂いも無し。
ガイドさん曰く、1日の象の食べる量は200kg。その内80%が草などだそうです。残り20%は果物だったりサトウキビだったり。
そしてウンチの量が約5kgを1日7、8回するようです。

象以外のウンチはこんな感じで再生紙の出来上がり具合がみんな違うようです。

Elephant PooPooPaper Park

ウンチスープ

次の部屋に向かうと何やら大きな鍋が火に掛けられていてグツグツと煮込まれています。

ガイドさんがpoopoo soupと言ったので、食用にも使ってるのかと思い、
「食べるんですかっ」て聞くと、

「まさか」と返答。

そらそうだよね。

このグツグツ煮たのを次の機械に入れて拡散します。

Elephant PooPooPaper Park

そうこうしていると遅れて来たツアーの客たち7、8人が私の所に加わります。
ここでガイドさんヘッドセットをオンにして腰に付けてある小型スピーカーを使います。

Elephant PooPooPaper Park

先ほどの拡散されて丸めた物を実際手に取って触らせてくれましたが、ビショビショに濡れた新聞紙を丸めた感触。

実演

次の部屋では実際にみんなで協力して紙を作って行きます。
ここで最初に貰ったワッペンの色で2人一組になります。

水の中にある枠の中に色の着いた先ほどの丸められた物をほぐして行きます。
この時に細かくほぐさないと枠全体に行き渡らなくムラが出来ます。

ムラが出来てしまった物はノート用などには使えなくラッピングペーパーになるようです。更にムラがある物はまた初めの機械で拡散して再生します。

私たちのはピンクで結構綺麗に出来てるようです。

Elephant PooPooPaper Park

隣の白いのはちょっとムラがありますね。

そして6時間程日に干すと出来上がり。

デコタイム

この後、出来上がった色々な製品が販売されて、ここで買ったものを自分でデコレーション出来るようになっています。

大きなテーブルには一面ビニールが敷かれていて、席に着くと係りの人が席の前のテーブルの部分にノリをザーッと塗ってくれます。

そこに竹で出来たピンセットを使ってウンチの再生紙で出来たデコを貼り付けて行きます。私はタイ語の先生用に栞を購入(40バーツ+デコ10バーツ)してデコしました。

Elephant PooPooPaper Park

いやいや誰かを思って何かを作るって楽しいですね。
結構な時間をここで過ごすことになります。

完成した物を見ると痛恨のスペルミス。ChangMaiのiが抜けてた。
結局剥がしてまた貼り付けたのでもうグタグタ。

ツアー中に写真を取ってたりビデオを回したりしていたのですがツアーの進行の邪魔になるのでやんわりと「後でもう一度自分でも回れますのでその時にゆっくり写真撮影出来ますよ」っと忠告されました。

最後にお土産売り場では先ほど購入した栞のデコセットもありました。
とにかくカラフルでデザインもよくあれもこれも欲しくなっちゃう。

Elephant PooPooPaper Park

とにかくこれで100バーツは最高。
迷ったけど来て大正解でした。

もし時間がある方はこちらの動画もどうぞ。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れて人生変わるかも。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント