タイで初ドローン飛行の旅|かかって来なさい!タイランド

ドローン初飛行

DJI MAVIC Mini

タイでドローンを購入して約1ヶ月が過ぎ、NBTCの登録、ドローン保険の加入、CAATのライセンスの取得が終わりドローンを飛ばせる事ができる様にはなったのですが、バンコクではほぼほぼ許可証が無い限り飛ばせる様なところもなく、どこかドローンを飛ばせる場所に旅に出なくてはなりません。

ロッブリー

そこで今回選んだのが、バンコクからも日帰りで、しかもタイ国鉄を使えば28バーツで行ける遺跡とヒマワリとお猿で有名なロッブリー。

ここでドローン初飛行に挑戦して来ました。

ドローン初飛行

今までドローンは殆ど部屋の中でした飛ばした事がなく、色んな機能も殆ど把握してない状態。こう言うのは説明書を読んで覚えるのではなく実際使って見て覚えるタチなので不安は一杯。

まずはとにかく人がいなくて広い場所を選んでみました。

かと行って何も写す物が無いとつまらないので向かった先はヒマワリ畑。

ここなら映えもするし、建物もないし、電線もないし人も少ないし条件としてはぴったりかと。

それでももし万が一制御不能で墜落した時のことも考えてかなり畑の奥の方まで行って準備に入りました。

強風

一つ予定外だったのは風が強い事。
DJI MAVIC Miniは重量が軽いため風の影響は受けやすいと聞いていたので、
部屋での練習で、扇風機の前で飛ばしてみましたが、その時は結構持ち堪えてくれてましたが、実際上空での風はどうなることやら。

飛行可能区域

スマホのアプリを立ち上げ、プロモの電源を入れ、ドローン本体の電源をオン。
飛行可能区域かアプリで確認しておきます。

ドローン初飛行

大丈夫の様ですね。

しばらく接続するのを待って準備ができた様です。

 

凄い緊張してしまって足が震えてました。操縦する手や指が震えるのはわかりますが足が震えるっておかしなもんですね。

離陸

録画ボタンを押して離陸開始。

プロペラが回り始めました。上空に上げてみます。レバーをグッと倒して。

ウォー、あっと言うまにかなり高くまで上がりました。
まずは低空飛行でヒマワリを舐める様に撮影したかったのに。

その後、ビューンと前方に走らせ、回転させたりして遊んでみましたが、やっぱり初心者。
カメラの方向転換も含め全てが急発進、急停車で画像はカクカク、全然スムーズではなかったです。

それと高く上がると私の視力では小さなドローンは目視できず、スマホのモニターだけの操作になるため初心者にはハードルが高く、それと強風注意の警告が出てるので怖くなって直ぐホームリターンのボタンをクリックしました。
そうする自動的に離陸した場所に戻ってくるのですが、ドローンは見当たりません。
スマホの画面上近くを飛んでるはずなのですが、そうするとプロペラの音が聞こえ出して真上を見上げてみるとドローンが直ぐ近くまで来ていました。

かなり上空から離陸時点まで戻って来て垂直に下降してくる様ですね。 
50cmぐらいのズレで元の場所に着陸。

こんなおもちゃみたいな感じのドローンなのですが結構優秀ですね。

取り敢えず初飛行は成功としましょう。

後日談

実はこの時の空撮はされていなかったんです。ですので初飛行の映像はなし。
やっぱりちゃんと説明書などを読みこんでからの方が良いみたいですね。

その後、洞窟の前から飛んで見たり、

ドローン初飛行

ダムの上空を飛んで見たり、

ドローン初飛行

本当は駄目かもしてないけど、受付のお姉さんに断ってから遺跡の中でも飛ばしてみました。

ドローン初飛行

まだまだビビリながらやってますが日々鍛錬を続けて少しでも良い映像を取れる様に励みたいと思います。この趣味は長く続けば良いな。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れて人生変わるかも。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント