タイ人に日本語を教える|かかって来なさい!タイランド

ひょんな事から、先日タイ人に 日本語 を教える事になりました。

日本語 講師

言葉が話せるから教えれる訳では全くないですね。これほど自分の母国語の文法を把握してなくて
話してるとは思わなかったです。大変でした。おまけに相手は英語は得意じゃないので、タイ語で説明しなくてはならなくて、私の3歳児程度のタイ語のボキャブラリーと50歳過ぎの頭脳を駆使してやっては見ましたが、できない。きっと日本語でも説明できない。助詞の使い方が説明できない。

て に を は が です ます」なぜ「」を「」と読むのか。「」と「」の違いは。

簡単な例文からこれでて来ますから、いきなりつまずきました。

「私の名前は○○です。」

タイ語では 「ฉันชื่อ○○チャンチュウ〇〇、 私 名前 〇〇、 な構成で出来ています。

これだけですから「」「」「です」って???こうなりますよね。

おまけに「」は「」の一部だと思ってたみたいで〈(ぴ)みたいな感じで〉、「すし」も「す。し」となります。

どれだけ理解したかは解らないけど、一応自己紹介と相手の名前を尋ねるくらいの基本的な事だけ教えました。理屈なしで文章丸覚えのやり方で頑張って欲しいです。それならいくらでも教えますので。

多分今回は彼女が日本語を学んだより、私の方がタイ語の練習になった感じでしたね。

英語講師

そんな事を思いながら家路についたのですが、さて英語圏で生まれ育っただけで、英語教師として仕事をしている人が日本にもタイにも沢山いると思いますが、彼らも言語を教える教育を受けてなければきっと私と同じ程度にしか教えられないんじゃないのかと。英語の文法は日本語より複雑じゃないから大丈夫なのかな。アメリカ人の友達にwouldの使い方教えてもらった事あるけど、なんかいくら説明受けても解らなかったけどな。きっとあいつもなんとなくで説明してるからこっちも理解できないんだ。

まぁ聞き取りは上達していくんだろうけど。

もちろんタイ語の勉強はしなくちゃいけないけど、ちょっと時間がある時にでも日本語の基礎でも勉強して見ますか。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント