パタヤ ラン島を走って一周ビーチ巡り|かかって来なさい!タイランド

ラン島

パタヤへの行き方&楽しみ方|かかって来なさい!タイランド
バンコクからバスで2時間、気軽にいけるビーチリゾートして1年を通して世界中から人々が押し寄せて来るパタヤ。タイに旅行していた時に2度ほど日帰りで来た事があるくらいで、実はあんまり良いイメージが無かった...
/

バンコクからバスで2時間、手軽に来れるビーチリゾートとして人気のパタヤ。
ですが海はそれほど綺麗ではなく、ビーチも人で溢れてせっかく来たのにガッカリされる方もいるのではないでしょうか。現に私もその一人で、この海に入りたくないなーて言うのが第一印象でした。

でもそのパタヤビーチから船で40分程揺られると見違える様な透明度の海、綺麗なビーチが楽しめるところがあります。それがラン島。英語表記ではタイ語のままKoh Larnとなりますね。Larn Islandでは無いようです。

 

ラン島への行き方

それでは先ずパタヤビーチからラン島への行き方を簡単に説明します。

ラン島に向かう船がでるのはバリハイ桟橋からです。
パタヤビーチの南、Walking Streetを突っ切った所にあります。

私はホテルの前からソンテウに乗り込んでWalking Streetで下車。いつもソンテウはWalking Streetで左折しますので。そこから歩いて行こうと思っていたのですが、運転手がバリハイまで行くよって言うのでそのままバリハイ桟橋の前まで乗せてもらいました。
もともとそちらに行くルートのソンテウだったのか私だけだったから連れて行ってくれたのかよく分かりません。特別チャージされることもなく10バーツ。

バリハイ桟橋

バリファイ桟橋に着くと一番奥に大きめの船が停泊していました。
Koh Larnと言う呼び声に従う様にその船を目指します。支払いは乗船するときに30バーツを払います。

これで言うとAですね。
スピードボートだと15分ぐらいで好きなビーチに直接行けます。でもかなり揺れますし、一人200バーツぐらいするんじゃ無いでしょうか。

私が乗り込んだのは8時40分過ぎ。もう既に船内は一杯でした。結局座るところがなくて階段のところで腰を下ろします。

8時45分にはもう出航。時刻表は一応9時になっているのですが、人が一杯になれば船は出ます。
30分前から乗船しますので、その前にもう人は一杯待ってると思うので少し早めに行くことをお勧めします。

実はボートは行き先が2箇所ありまして、上のがターウェン桟橋行き。もう一つがナーバーン桟橋行き。
島自体がそれ程大きく無いのでどちらに行こうがさほど問題は無いですが、船を降りてすぐにビーチに行きたいと言う方はターウェン桟橋行きの方がいいです。
船の本数が違います。それと最終便の確認を。

*ちょっとカタカナ表記間違えました。

ラン島一周ラン

ラン島をグーグルマップで見るとこんな感じです。

英語の表記名がまちまちですが。

グーグルマップを見る限り、南北に約5km東西に約2km。一周しても15kmぐらいだったら走るにはちょうど良くないって言うノリで走る事にしました。

ついでに回った先のビーチ紹介も。

因みに島の移動方法は次の3種類。

バイクタクシーを使う

ビーチにはバイクタクシーが待機していて声をかけてくると思います。
行きたいビーチを伝えれば決められた金額で連れて行ってくれます。
料金表などがあると思うので、ぼられたりする事はないです。

ソンテウを使う

これもビーチに待機しています。
どこ行きかを確認して自分の行きたいソンテウがあれば乗り込み人が集まったら出発です。
ちょっと待ち時間が出来ちゃいますね。

レンタルバイクを使う

ピアに着くとレンタルバイク屋が一杯あります。
大体フツーのスクーターで1日300バーツ、大きめのスクーターで400バーツ。
一日と言っても殆どの方が日帰りですのでちょっと割高かな。
デポジット1000バーツを渡せばそれだけで借りれます。
免許有る無しは聞かれませんが、何かあった時は自己責任ですので。

バイクに乗る時の注意

殆どの道は綺麗に舗装されていて、交通量もバイクとソンテウとたまに来るトラックだけですので、
初めての方でも比較的安全に運転できると思います。
注意としては急な坂道。上りは大丈夫だと思いますが下りでスピードが出すぎてカーブを曲がりきれない事の無いように。
それと急に野良犬が道路に飛び出して来る事もあるので、とにかくスピードをあまり出さない事に越した事はありません。

走る

第4の方法として走る。
他に走ってる人は見かけませんでしたが、一人だけ物凄い大きいバックパックを担いで坂道を登ってる白人の結構高齢の人を見かけました。

Tawaen Beach(ターウェン・ビーチ)

ターウェンピアを降りてすぐ目の前に現れるのがターウェン・ビーチ。

ここが一番人気のビーチ。結構長く続くビーチですがびっしり人で埋め尽くされています。
その大半が中国人であります。一番綺麗だから一番人気があるわけではなくピアから一番近いから一番人が多いだけです。

バイクやソンテウで移動したくない人にはいいかもしれませんが、これならわざわざラン島まで来なくてもパタヤビーチでも構わないと思います。

このビーチに連なって左右にサンワン・ビーチタンラン・ビーチがあります。

いざRUN出発

私はここターウェン・ビーチを出発地点とし走り出します。

走ると言っても半日掛けてですのでそんなに大変では無いでしょう。
疲れれば海に飛び込めば良いんですから。

ですが200m走っていきなり挫折。

この坂、私の脚力では走れません。
200mで歩く羽目に。

急激な坂は歩いて緩やかな坂は頑張って走る、これで南周りで1週します。

順調に坂を上りだすと良い景色が見えてきました。

まだ日が上りきっていないので山の中を走るのは涼しくて気持ちが良いです。

上りきれば今度は下りが続きます。
これも走れません。ランニングなどをしない人にはわからないかも知れませんが、急な下りは上りより走れないもんなんです。ビギナーランナーには。

ようやく海が近ずいてきました。
海の方に行くのですがビーチが見当たりません。

ようやくやっと見つけたのがこんな感じのビーチ。

えっこれって地元の人専用のビーチ?観光客が誰もいない。なんて言う名のビーチだろう。

とにかく次に進みます。

ようやく開けた場所に出てきました。

あれっ?

ピアに出た。戻ってきたの?

グーグルマップで確かめると、これがターバーンピア。南に走ってるつもりが東に島を横断していたんです。

よくよく地図を見ると海岸線を道路は綺麗に1周回っているわけではなくて、西海岸線だけ南北に続いていて西から東に行くには島の中腹を横断しなければならない感じ。

よしここから南を改めて目指す。

南北に走る道は比較的平坦でストレスなく走れます。

そしてようやく名のあるビーチに到着です。

 Tayai Beach(ターヤイ・ビーチ)

うーん、ちょっとおかしい。思ってたビーチと違うんだけど。
最南端のビーチはヌアン・ビーチの筈。
グーグルマップでチェック。

なんとここは最北端のビーチです。
思ってたのと真逆を走っていた私。そうなんです、無類の方向音痴。
頭の中でうまく地図が回転できない。

このビーチは比較的小さなビーチで人も疎ら。
ほとんどが白人さん達ですね。
ゆっくりのんびり過ごせるビーチではないですかね。

この写真の右側にビーチチェアーとかが並んでいます。

さて最北端まできたのだからあとは南にしか行きようが無い。
さぁ気合いを入れて走ります。

今来た道を引き返します。来る時出会った犬達とまた遭遇。
暫く一緒に走ってくれました。

この辺りから日が高くなり出し日差しがキツイです。
周りに日差しを遮るものが何もなく暑さで体がダウンして行きますが景色は大自然を感じれて最高です。

無心で走りようやくたどり着きました。

Nuan Beach(ヌアン・ビーチ)

こちらが最南端のヌアン・ビーチ、別名モンキービーチ。
近くの山からお猿さんがたまに下りてくるんですかね。

そこそこ広くて割合静かなビーチです。
北から南まで一気に走って来たので疲れがぞっと出てここでビーチチェアーに寝転んでしばし休憩。
ビーチチェアーは100バーツで借りれます。

パイナップルジュース80バーツ。 汗だくのシャツも乾かして。

小一時間ほど休憩して今度は東を目指します。
結局西にはビーチらしいビーチは存在せずって事ですね。

東に向かうには来た道をまた半分くらいまで戻りそこから東に山を超えます。
そうですまた心臓破りの坂が続きます。

今回は前回よりも急な坂は険しくそして長い。もうずっと歩きです。
下り坂も半端なく急でカーブが続く。ここでバイク事故る人きっといるだろうな。

ようやく平坦な道になって走り始めると看板が見えて来ました。

Samae Beach(サマエ・ビーチ)

英語表記はサマエになっていますが、タイ文字を読むとサメェーかセームじゃないかな。

ここが一番広いビーチじゃなかったかな。
広い白い砂浜に太陽の光が反射して眩しかったな。

逆側

人も結構いたんですがなんせ広いからそんなに気にならなかったです。
ここはオススメのビーチかも。

このビーチの少し先300mぐらいにもう一つビーチがあります。

Tien Beach(ティエン・ビーチ)

このビーチに向かう途中岩肌の所に遊歩道が設けられていてそこからビーチがどんどん見えてくるのですが、この時の海の色が真っ青とエメラルドグリーンに分かれていて綺麗でしたね。

このビーチから出発点のターウェン・ビーチまではさほど離れていません。
私のラン島1周ももうすぐ終わりに近ずいて来ました。

と言いたい所ですがこのビーチから先、北には道がありません。
そうですまた逆戻りして山を超えて行かなければなりません。

サマエ・ビーチまで戻りますので、せっかくビーチに来たのだから海に入って行かないことには。
サマエ・ビーチに戻ってこの日2度目のビーチチェアーを借りて海パン一丁になって海水浴気分。

ここでもパイナップルジュースを注文。こちらは50バーツと安かったです。チェアーは100バーツでしたが。

少しだけ海で泳いだ後1時間半程リラックス。
ビーチもなかなかいいもんですね。

体力も回復したしゴールを目指します。
ここでも半分くらいは歩き。おしっこしたくなって来たし急がなきゃ。

バッチリ休憩したから意外と最後は頑張れた。
おしっこしなきゃ。

島内でのトイレは10バーツかかります。
海の中でしとけば良かった。

やったー。完走ていうか完走歩

疲れたけど大自然を満喫できて充実。

あー4000文字超えてる。
最後まで読んでくれた人感謝です。

パタヤ 走ってラン島1周ビーチ巡り|Pattaya Running Around The Beach in Koh Larn|lonely thainet

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント

  1. ingenue より:

    77aramboyさん、こんばんは。
     最後まで、じっくり読ませて頂きました。えっ!?、ラン島へフェリーで渡って、ジョギングしてたの???健康人というか….「第4の方法として走る」なんて、思いつきませんです….
     青い空と視界いっぱいの水平線。満喫して下さいね。

    • 77aramboy 77aramboy より:

      ingenue様
      いつもコメント有難うございます。
      疲れましたが楽しかったですよ。
      くたびれれば海に飛び込むだけですから。
      ちょっと坂道はきつかったけど。