クルンシィ銀行で口座を開く ノービザでもOK|かかって来なさい|タイランド

今現在タイで銀行口座を持っているのは、バンコク銀行だけです。  クルンシィ銀行

タイに移住するにあたって先ずは ⇒ノービザで入国した時に銀行口座を開ける手順を踏みましたので、当時としてはバンコク銀行シーロム本店だけがこれに対応していた為、 バンコク銀行に口座を作りましたが、あんまり使い勝手が良くないかなと感じ始めて、もう一つ違う銀行で口座を開こうと別の銀行を訪れました。

とは言っても、バンコク銀行も一つだけ私にとっても便利なのが、ニューヨークに支店がありまして、私のアメリカの銀行口座からNY支店に送金するだけで、非常に安い手数料でタイの口座に振り込まれる仕組みになっていています。それで国際送金用にバンコク銀行はこれから使っていくとして、タイ国内でメインする銀行をもう一つ開こうと。

krungsri

Krungsri⌋って一体なんて読むのでしょうか。初めはクルンシリかなっと思っていたのですが、クルンシィみたいですね。(声調はありますが)タイ語表記のครุงศรีをそのまま英語表記にしている為、こうなってる様ですが、タイ語の複雑なルール上、このร(r)は読まないことになっています。

タイの大手銀行であるクルンシィは、2013年12月に、三菱東京UFJ銀行(当時)の連結対象子会社となり、また2015年1月に、同バンコック支店と統合いたしました。

元々の名称はアユタヤ銀行

と言う事もあって日本人には優遇されている銀行ともいえるでしょう。

まず ⇒ ホームページが素晴らしく見やすくて、使いやすい。もちろん日本語ページも充実。

クルンシィ銀行 口座開設

日本人対応ができるのは現在4店舗

プロンポンのエムクオーティ支店に行ってみましょう。

エムクオーティのWaterFallビルディングの3階に銀行各社が揃っております。

キューナンバーのところで日本人サービスを押せば直ぐにサービスを受けられます。

あとはいたって簡単でパスポートと長期滞在可能なビザもしくはアパートの契約証明。

  • パスポート
    上記に加え、以下のいずれか1点
  • ノンイミグラントビザ
    (ビザ種類B/D/ED/F/O/O-A)
  • タイに在住されていることが確認できる書類
    (例:アパート賃貸契約書)

これだけで作れます。

最低預金額として500バーツとデビットカードの発行手数料。必要ないのもありますが、480バーツ払う物の方を勧められたので訳も分からずこちらを申し込みました。

これだけでその場で、通帳とカードが貰えます。

クルンシィ銀行

相変わらず、めちゃくちゃいろんな印刷物にサインさせられますが。

クルンシィのアプリの使い方も丁寧に教えていただきました。
このアプリもバンコク銀行よりも全然使い勝手がいいです。

     

非居住者口座(NRBA:Non Resident Bath Account)

さてタイトルにもあるクルンシィ銀行で口座を開く ノービザでもOKですが聞いてきました。
私が作ったのはビザ持ちの住居者口座

ノービザ旅行者が作れる口座はこれになります。

非居住者口座

 

 

制限が少し設けられていますが、窓口では一通りの事ができる様です。(窓口ではパスポートが必要になります。)

それと

  • 預金期間6ヶ月以上の定期預金を除き、非住居者口座には利息はつかない
  • 海外金融機関から非住居者口座への送金(入金)は可能
  • 非住居者口座は自己使用目的である事
  • 詳しくは日本語コールセンター(クルンシィフォン1572)日本語対応は3を押す
  • 日本語オペレーター対応時間
  • 月〜金(タイの祝日を除く)8:30〜17:30

後はパスポートを渡すだけで、担当者の人が殆どのやってくれます。サインだけいっぱいしましょう。
住所を書き込む必要があると思いますので、滞在先の住所を持参する事。ホテルの名刺でも大丈夫かと。

最低デポジット額の500バーツと口座開設料とATMカード発行手数料(きっと合わせ500バーツ程)を払えば直ぐに
通帳とカードを発行してくれます。カードの暗唱番号6桁をカードリーダーに打ち込んで終わり。

まとめ

まぁ大半のリピーターの旅行者の方は、大金を持ち歩きたくない、日本から送金したい、残ったお金を銀行に預けて帰りたい、と言うのが口座を開ける主な理由だと思いますのでこれで十分かと。

今では規制が厳しくなってノービザでは口座は作れないなんて情報が飛び交っていましたが、色んな事、調べて実際直接聞きに行ったりしてみると、以外に簡単に解決策が見つけられたりしますね。
色々確かに規制も厳しくなって来ていますから、もし作られる方はお早めに。

この情報もいずれ古い情報になってしまいますから。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 


海外旅行中の病気やケガを補償する、安心の保険サービスです。


 

コメント