LAZADA 返品するのが面倒になった|かかって来なさい!タイランド

LAZADA

タイに移住してから頻繁に利用している 東南アジアでのAMAZON的存在LAZADA

何一つ問題なく今まで利用していたのですがここ最近ちょっと使いづらくなって来ているようで。

セール商品

結構SNSに頻繁にセールやってますの広告が流れて来ます。
ザーと見て欲しい物が安くなっていればオーダーするのですが、2、3日後にこの商品は在庫切れです、こちらの商品をお勧めします。なんてメールが届くわけです。

商品がないものを掲載してるのも結構ありますね。

勿論チャージされたお金は直ぐに返金されてはいますが。

返品

アメリカ

アメリカに暮らしていた時は非常に返品するのが簡単です。
お店で買ったものもレシートさえ持っていれば、大して中身をチェックする事なく”はいはい返品ね”って感じで事は進みます。何か二つで迷った時は一旦両方購入。家で試して見て気に入らなかった方を返品なんて事もしてました。

アマゾンでも返品の用紙をダウンロードして貼り付けて近くの提携しているスーパーに持ち込めばいいだけで、何十回と返品していますが、全てちゃんと返金されています。

LAZADA

先日LAZADAでカメラに繋ぐ用のマイクを購入したのですが、ノイズが凄い入るので早速返品しようとウェブサイトの返品のページに行って理由のところに”ノイズがひどいと書いて”クリックすると最後の部分でエラーが出て次に進めない。よくよく見て見ると商品の写真を添付しなければならないみたいです。

以前はこんな事なかったのに。

マイクの音質が悪いのに写真を貼り付けて何か意味があるのかと思いながらクリックして見ると、次の画面が現れ、店主側が返品可能かどうか判断します見たいなメッセージが出て来ました。

チャット

そして暫くしてから店側から

”商品に何か問題が?”と言うメッセージが届き、

”ノイズが酷い”と返すと、

”何と一緒に使ってるのか”

”CANON EOS”

”その様子のビデオをLINEに送ってくれ”

こんなやり取りをしました。

凄い面倒くさい。

マイク繋いだ時と繋いでない時の音声をビデオで撮って相手のLINEに送りましたがそれ以来返信はなし、返品期間がLAZADAの方で設けられているので期限が過ぎれば返品不可になる筈。

いやーもうこんなんじゃLAZADA怖くて使えないですね。

2日後に店主側から返品先の住所が届けられ書留で送ってくれととの事。

その送料は誰が払うんだと思いながら次の日にでも郵便局に向かう事にします。

返品フォーム

まう一度LAZADAのページで確認だけしてみようと思ったら、プロセスの印が一つ進んでいて、返品するフォームがプリントアウト出来るようです。

LAZADA

ここからは以前と同じです。

ですが以前は7/11に持っていけば受け取ってくれてたのですが、今回は郵便局KERRYの選択になるようです。家の近くに郵便局が無いので近くのモールに入っているKERRYにドロップオフします。

KERRY Express

LAZADA

返却用のナンバーを打ち込む機械があったようですが気が付かずそのまま係の人に渡したら向こうが全部やってくれました。

LAZADA

そしてレシートをもらって完了。

 

と言う事で返品する時に写真を添付して店主側とチャットでやり取りしてドロップ先は郵便局かKERRYだけに変わってしまったと言う事です。

もともとLAZADAに搭載されてる商品は中国製の安価な物が多いので、返品がありきで注文しているので返品するのが面倒になってるとこれからLAZADAを使うのも考えもんです。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れて人生変わるかも。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント