バンコクで新しく網戸を購入|かかって来なさい!タイランド

⇒私が住んでいる部屋はコンドの24階の角部屋ということで、窓を西側、北側両方開けてると、風が抜けて凄く過ごしやすく、クーラーをあまり使うこともなく過ごせます。でも24階とはいえ窓を開けっ放しにしていると、虫が入って来るんですよね。
そう言う事で あみ戸 、 ⇒自作の網戸を窓に貼り付けていました。

自作 あみ戸

しかし度々の修復をしつつも、一年も経つと色々とボロが出て来て、しかも連日の突風でもうぴったりと窓に張り付いていれない状態。まぁそれでもいいのですが、見た目が悪すぎるので、ついに修復を諦めて、網戸を購入する決意を決めました。

さて、一体どこで網戸を買えばいいんでしょうか。窓も色々サイズが違うわけだし。

HOME PROなんてところに行っても、高額の既成品を見かけるだけで、頼めばサイズを測りに来てくれたのかもしれないけど、ちょっと出せるような値段じゃなかったので、諦めることに。

それで、確か以前、洗濯機を購入した時に、ホースを繋ぐための蛇口のサイズが違っていたので、それを繋ぐ部品を探しに、アパートのメインテナンスの人に教えてもらった、オンヌット通りの少し奥の方に行った時に、何か窓屋さん?サッシ屋さん?を見かけたのを思い出して、その辺りまでぶらぶらと探索しました。

窓、サッシ屋さん

やっぱり、ありました。

あみ戸

SOI16の角です。

店の中に少し入ると、お姉ちゃんがスマホで何か見ていたので、声を掛ける、か掛けないうちに、奥の方を指差され、奥に少し進むと、店の主人らしき人が出てて、タイ語で網戸はあるかと聞いてみると、やはり私のタイ語が解らないらしくて、google翻訳で網戸の単語を見せると、無いとの事。

でも店内にはあるんですよ、網戸が。

それを指差して、これを作って欲しいともう一度伝えると、

⌈あー、モスキートネットね。⌋って。そういう呼び方をするんだ。
じゃgoogle翻訳は何て訳したんだろう?

それでオフィスで色々説明を受けたんですが、値段を聞くとサイズ次第。まぁそうですよね。

それであらかじめ計測して来た寸法を言うと、カタログみたいなのを開けて値段を調べたのか1200バーツとの事。それとプラス、サービスフィーで100と紙に書き出したので、サービスフィーは網戸の値段に含まれてるんじゃ無いかと思ったのですが、100バーツならまぁいいかっと思った矢先、もう一つ0を書き込まれて、1000バーツとの事。なので1枚網戸を付けるのに2200バーツ。

網戸の値段は妥当かなと思ったのですが、サービスフィーの1000バーツはどうなんだろう。何しろ相場が全く解らないので。

とりあえず、承諾して名前、住所、電話番号を教え、後日寸法を測りに来るとの事。
Jackと言う人だったんですが、普通に英語でのやり取りが出来たので楽でした。

週明けの月曜日の午後2時と言う事で、部屋で待っていると、1時半ぐらいに電話がかかって来て、下で待ってるとの事。

見積もり

   

早速、部屋に来てもらい、寸法を測ってくれました。
リビングルームだけにしておこうかなっとも、思ったのですが、もうついでにもう一枚ベッドルームを頼んで、結局2枚。

2枚作るから少し負けてよねって言ってその日は終わり。

次の日にメールで見積書が届きまして、ディスカウントはなかったです。

はじめに50%(1700バーツ)のデポジットを、彼の銀行のアカウントに振り込んでくれとの事みたいです。

次の日に1700バーツを振り込みましたが、それ以来何の連絡も来ないまま一週間が過ぎました。
3日ぐらい過ぎたところで、お金は振り込まれているか、いつ網戸を取り付けに来てくれるか、確認のメールを出したのですが、返事は無し。

えっ!騙されたの?

そんな事は無いはず。

現金で払ったのならまだしも、店の場所も知ってるし、銀行に振り込んだレシートもあるし、もうちょっと待ってみるか。最後には店に怒鳴り込めばいいんだし。

更に3日が経ちようやく電話が掛かってきました。明日の朝9時ごろはどうかとの事。
もちろん大丈夫。この10日間、手作り網戸がなかったせいか、久しぶりに部屋で蚊に刺されたし、アリも部屋で見かける様に。
何気にあの手作り網戸、良い働きをしていてくれたんですね。

取り付け

次に日、朝9時に網戸を取り付けに来てくれました。JACKではなく違うスタッフ2人です。

ぺらぺらの網戸が来るのかと思っていたら、思ってたのより、しっかりしてたので驚きました。

窓の取り付けですが、色々微調整をしながら取り付けてくれました。このマグネットでピタッとくっ付くみたいです。

隙間もちゃんと無いようになってます。

自作網戸を貼り付けてた粘着テープの跡が少し綺麗にはがせて無かったので、このせいで滑りが少し悪いみたいな事を言ってましたが、
全然問題なくスムーズに開閉できます。職人さん気質だな。

まとめ

はじめはサービスフィー1000バーツは高いかなと思ったけど、色々調整することがあるみたいだったし、連絡のやり取りはちょっと不安だったけど、仕上がりは大満足。

今思えば手作り網戸、すごく機能してたんだけど、やっぱり見た目はよくなかったな。

でもタイの網戸はどこも、窓が外側、網戸内側なんだよな。窓を開け閉めするのに、いちいち網戸を開けてからじゃなきゃできない。
不思議な作りだ。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント

  1. まさ より:

    唐突ですが、アクセスは想定通りでしょうか。
    売り込みではありません(笑)。

    貴ブログのタイトルが、「かかってきなさい!タイランド」となっていますが、何故ですか?
    とんでもないタイトルだと感じて、このブログは全く見ませんでした。まるで喧嘩でも売っているような。
    先日、気になる記事があって読んでみると、内容はかなり良かったのです。この記事も参考になりました。
    折角、良い情報を発信されているのに、ブログタイトルで損をしているように感じます。
    凄いこだわりが無ければ、タイトルを変更してはいかだでしょうか。

    • 77aramboy 77aramboy より:

      まさ様

      コメント有難うございます。
      このタイトルで気分を害される方がいらっしゃるとは想定外でした。
      たまに内容がデタラメだと言うお叱りを受ける事はありますが。
      もし気分を害されたのなら申し訳ないです。

      タイトルの趣旨といたしましては、初老に差し掛かろうとする私が、第3の人生を新たなる国で生活するにあたって、色々と待ち受ける困難に
      挑戦していく事を綴っていく趣旨のものでありました。そう言う意味合いを含めまして、「かかってきなさい!タイランド」(色んなタイでの生活の困難、かかってきなさい)とつけさせていただきました。
      まぁ実際にはただの日常日記になってしまってますが。タイを挑発している訳ではございません。(笑)

      多くの人に見てもらえればそれに越した事は御座いませんが、家族、知人にタイでこう言う生活してるよ、と言うのを見てもらうために始めたブログですので、
      ご理解のほど宜しくお願いします。

      何はともあれブログを見ていただいて有難う御座いました。