タイでドローンを飛ばすにはNBTCに登録が必要|かかって来なさい!タイランド

DJI MAVIC Mini

近年、ドローンも小型化され高性能になりかつ価格帯も手ごろな感じになってきて旅行先のあちこちでよく目にする様になりました。

日本でも先日DJIから200gをきるMAVIC Miniが発売され航空法の規制を受けない2.7k、3軸ジンバル搭載のカメラ付きドローンが発売され結構話題になりました。

タイでもDIJ MAVIC Miniが発売されていますが、こちらの重量は249gで少し日本仕様とは違いがあります。これは日本の航空法が200g未満で規制がかからないためDJIが特別に超軽量に作られたモデルであるためです。

海外版は一般的に249g。

この違いはバッテリーの容量の差で飛行時間が日本版は18分、海外版は30分となっています。

日本ではMARVIC Miniを購入して直ぐにドローンを飛ばせるのに対して、タイでは3つの管轄に登録をしなければいけません。

NBTC(Office on the National Broadcasting and Telecommunication Commission)

CAAT (The Civil Aviation Authority of Thailand)

Drone Thai Insurance

NBTC タイ放送通信事務局
CAAT タイ民間航空局
Drone Thai Insurance タイのドローン保険会社

今回はその中のNBTCへの登録の仕方を順を追って紹介します。

NBTC

NBTCに登録する様になったのは2017年の10月からです。タイで多発する色々なドローンでの事故から規制が厳しくなっていますが、今年の6月にドローンの規制を緩和する法案が出た事もありいずれまた何か変化があるかもしれません。

このNBTCでは所持しているドローンの登録証明を行います。

登録必要なドローン

こちらの登録が必要になるドローンは

2kg以上の重量があるドローン

カメラが搭載されているドローン
25kg以上の場合は運輸省からの許可が必要。

となっていますので、いくら軽くて小さいドローンでもカメラが付いていれば登録しに行かねければなりません。

申請時に必要な物

NBTC

1ドローン申請書 
  คท 30, คท 32

2 パスポートのコピー
3 ビザのコピー
4 住居証明
5 ドローンの写真のコピー
  ドローンのシリアルナンバーのコピー
  コントローラーのシリアルナンバーのコピー

ドローン申請書

これは受付に用意されていますのでその場で書き込みます。
ですが書類の書き込めるテーブルが少ないのです。

少し解りにくい項目もありますが担当の方がちゃんと指示してくれます。

パスポートのコピー

写真のページのコピー。全ての書類は事前に必ずコピーして行ってください
パスポート原本を持って行っても向こうではコピーしてくれません。
コピー機はオフィス内に沢山ありますがしてくれません。
初めて行った時は向こうでコピーしてくれるか、ビルディング内の何処かでコピーをしてくれる様な場所があると思ってたのですが、コーヒーショップか何処かでして来てくれと言われました。

ビザのコピー

ピザのスタンプが押されているページのコピー
こちらも事前にコピーして行きます。

住居証明

アパートやコンドの契約書のコピー
ホテルなどの予約した時の領収書などのコピー

ドローンの写真のコピー

ドローンの本体の写真は入りません。
本体のシリアルナンバーと、コントローラーのシリアルナンバーのコピーが必要です。

MARVIC Miniはバッテリーを入れる所にQRコードとシリアルナンバーがありますがかなり小さいですので、全体像の写真とクローズアップした写真を用意していた方が良いでしょう。

以前はスマホで撮った写真をオフィスにE-Mailで送れば向こう側がコピーしてくれていた様ですが、現在は全ての提出物をこちらでコピーして行かなければならないです。

私は向こうでコピーできる物だと思っていたのと住居証明を持って来ていなかったので後日再び来る事になりました。

審査時間

書類を提出すればあとは担当の方がコンピューターに色んな事を確認しながら打ち込んでいきます。一度ビザの事でパスポートの提示がありましたので、念のためパスポートの原本も持って行っていた方が良いでしょう。ドローン本体は持って行く必要はない様です。

そうすると30分ほどで証明書が出来て来ました。

申請料は無料です。

NBTC

90日更新

しかし、ここで驚く事を言われたのです。

外国人はこの証明書は90日で執行するので90日したらこの証明書とパスポートのコピーを持って登録の更新をしなければならないと。
ビザの90日レポートと同じ様な事なんですね。

取り敢えず第一関門は突破いたしました。
書類さえ予めちゃんとコピーしていけば誰でも問題なく登録証明書がもらえますので。

場所

場所はBTSアリー駅から歩いて20分程の所にある大きな建物の奥にあります。

 

行き方

BTSアリー駅の出口4の階段を降り振り返ってモーチット方面に向かう事10分ほどでマクドナルドのサインが見えて来ます。NBTC

そうすると次の角を右折。
NBTC
そして10分ほど歩くと左手に大きなビルが見えて来ます。ここがNBTC。
NBTC
入り口を入って直ぐ右側にある小道を100m程進みます。
NBTC
そうするとビルディング2があるのでここでドローンのレジストレーションが出来ます。NBTC
建物の中に入ると左の部屋の一番手前がドローンの申請するカウンターになっています。
キューカードの機械もありましたが直接カウンターでドローンの申請をしたいと言えば書類が揃っているか聞かれますので申請書だけもらって書き込んで他の書類と一緒に提出するだけです。
お昼休みが12:00ー13:00までありますのでこの間に中に入っても追い出されます。
 
さて次はドローン保険に加入しにいきます。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れて人生変わるかも。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント