バンコクのOWNDAYSで遠近両用メガネを作る 予想以上に良かった|かかって来なさい!タイランド

日本のJINS

中学の頃から近視でメガネを掛け出しその後、外ではコンタクト家ではメガネの人生を長年送っておりました。しかし年齢も重ね50手前にして老眼が酷くなりコンタクトをしていて近くの物を見る時は老眼鏡を使い、メガネの時はメガネを上にズラして被写体を近ずけて見ると言う、物凄い煩わしい生活に様変わりしてしまいました。

タイで暮らす様になってからも暫くはそれで暮らしていましたが、30数年ぶりの中学校の同窓会を開くから出席しろと言う伝達があり日本に一時帰国した時にJINSで遠近両用メガネたるものを初めて作って見ました。

心斎橋のお店に行ったのですが物凄く賑わっていて、半数くらいは外国人の方だったと思われます。店員さんも国際色豊かで中国人の方アメリカ人の方と色んな言語で対応されていました。

格安メガネ

最近のメガネは安くなりましたね。

私が小さかった頃はフレームだけで数万円、そしてレンズ1枚数万円だったのですが、今ではフレームの値段(数千円から)だけでレンズも込みの値段と言うところが主流の様ですね。

遠近両用レンズの事を専門用語で塁進レンズと呼ぶ様で、それも選んだフレームの値段プラス5千円で作ってもらうことが出来ました。安かったので2つ作って頂きました。

ごく普通のメガネなら目の検査、測定してから20分程で完成しますが、しかしこの累進レンズは出来上がるまでに7日から10日くらい掛かります。そのころはもう私はタイに戻って来ているので近直タイに遊びに来る友達の所に郵送してもらい持って来て頂きました。

慣れるのに2日くらい必要でしたが、いやーびっくりするほど生活が楽になりました。

タイのOWNDAYS

それから2年が経ち、少しメガネが見え難くなった様な気がして来たので新しくメガネを新調することにしました。

そこで色々迷ったあげく最近かなりタイにも進出して来ているOWNDAYSで作って見ることにしました。

メガネのオンデーズ (眼鏡・めがね)
メガネのオンデーズは日本発のアイウェアブランド。機能的なメガネやおしゃれなデザインのフレームなどファッション、ライフスタイルを彩る高品質なめがね・サングラスを豊富にご用意。シンプルな価格システムで最速20分でお渡し可能。他店で購入の眼鏡もレンズ交換OK。メガネのことならおまかせください。

日本を含め東南アジアを中心に12カ国で展開しています。

OWNDAYS

そして現在タイには24店舗出店しています。
比較的新しく大きなショッピングモールには必ずOWNDAYSを見かける様になりました。
一番新しいのではDONKI MALLの中に出来たのではないでしょうか。

ドンキホーテ タイに初上陸 DON DON:DONKI |かかって来なさい!タイランド
2019年2月22日、ドンキホーテのタイ1号店がトンローにオープンしました。 その名もDONDON:DONKI 東南アジアではシンガポールについで2店舗です。 5階建てのビル全体を称して...

ASIATIQUEで見かけたときはちょっと驚きました。
観光客がお土産買うついでにメガネも作るのかなって。

ASIATIQUE 元祖チャオプラヤー川お洒落ナイトスポット|かかって来なさい!タイランド
バンコクには色々なナイトマーケットがあちらこちらにありますがチャオプラヤー川沿いにある比較的新しいナイトマーケットが ASIATIQUE the river frontです。チャオプラヤー川沿いですので、王宮などに行かれた帰りに寄られるのもいいかもしれませんね。

さてどのお店に行けばいいか迷ったのですが、私の住んでいるオンヌットから近いとなるとエカエカマイのDONKI MALL店(BTSの駅からのアクセスが悪い)かIKEAなどがあるメガバンナー店(乗り換えてシャトルバスに乗らないと行けない)。

バンコク IKEA バンナー店 徹底ガイド|かかって来なさい!タイランド
丁度1年くらい前にタイで2店舗目の IKEA バンヤイ店がオープンしましたが、東南アジアで最大規模らしいです。スターバックスといいIKEAといいタイでは大型店舗の建設がトレンドの様ですね。今回は簡単にタイIKEA1号店バンナー店の行き方や買い物な度についてご紹介。

なのでターミナル21にもあると言うことなのでそちらに向かいましょう。
街の中心部の方が外国人の対応にも慣れているはず。

結論からいますとアソークのターミナル21にはOWNDAYSがなくてパタヤのターミナル21だった模様。

セントラル・ワールド店 (おすすめ)

そして仕方なく次に向かったのBTSチットロムにあるセントラル・ワールド店
この向かい側のGaysorn Villageにもある様です。

今回私は自分の今まで使っていたフレームを使用します。
そうしないとメガネばっかり溜まってしまいますので。

早速適当に店員の人に声を掛けて、英語で大丈夫かを聞いて見ましたら、全然ペラペラでした。

自分の今使ってる2つのフレームを使用したいのと累進レンズ(progressive lens)にしたい事、それともう一つこれも持参したフレームでリーディンググラスを作って欲しい事を伝えます。

ちょっとややこしいかったですね。

そうすると詳しく料金の説明をして頂きました。

あらかじめOWNDAYSのサイトで調べていたので解ってはいました。
OWNDAYSのタイのサイトはタイ語、日本語、英語、中国語に対応しています。

お店のメガネを買うとそこに表示されている値段で普通のメガネは作れます。
(大体1990バーツから4990バーツのメガネが多い)

そして自分のフレームを持ち込むと1990バーツで作ってもらえます。

塁審レンズを選ぶときは1990バーツにプラス3000バーツ(Enhanced)加算されます。
塁審レンズも2種類あって広範囲によく見えるのだと6000バーツ(Prestige)との事。

この説明はタイのサイトには書かれていなかったですが日本のサイトには詳しく説明されていました。だからタイではこのサービスは無いのかと思っていました。

本人が使うメガネで当日2つ以上お買いになると2つ目以降25%オフになります。

私が選んだのは

1 自分のフレーム(1990バーツ)+塁審レンズ(6000バーツ)8000バーツ

2 自分のフレーム(1990バーツ)+塁審レンズ(6000バーツ)25%オフ5990バーツ
3 自分のフレーム(1990バーツ)+リーディンググラス(0バーツ)25%オフ1500バーツ

合計15490バーツ

となりました。

担当してくれたJUDY

彼女Judyが終始担当してくれました。仕事もテキパキかなり優秀だと思います。

その後の流れとしてはまず今使用しているメガネのレンズをチェックして頂きました。

彼女には遠視用、近視用のレンズの境界線が肉眼でわかる様ですね。
私には全然境目がわからなかったです。

その後機械で数値を確認。

そしていつもの気球を見る機械です。

この時担当してくれたのが少し日本語が話せる女の子。
でも機械の使い方がよく分からなくて他の人が来ましたが。

そして隣の部屋でJudyが目の検査をしてくれます。

機械でAとB、どちらがよく見えるかを延々とチェックしていき、その後は写真にあるメガネにレンズを入れ替え差し替えしながらしっくりあう度数を決めていきます。

最適なレンズを掛けて店内を少し歩いて見ます。

かなり細かくやってくれました。

そして持参したフレームを掛けて目の位置がどこにくるかを確かめます。
私は少し鼻にずらし気味に掛けるのが好きなのでその位置で調整。

そしてリーディンググラスの設定をして終了です。

検査時間

塁審レンズの上、3つのメガネを作るので1時間くらい検査と設定に時間がかかりましたが、
本当に細かくチェックして頂きました。

そしてお会計をして30分後にリーディンググラス方は出来上がる様なのでショッピングで時間を潰して戻って来ると完成してました。

保証

そして保証の事も詳しく説明がありました。

1年以内に見え方に不具合が生じた場合は1度だけに限り無料で全国どこでも交換してくれるらしいです。
フレームは今回ここでの購入では無いので説明はなかったですが、1ヶ月以内で、もし気にいらなければ同等のものに交換してくれる様です。

値段設定

さてOWNDAYSのこのお値段、高いのでしょうか、安いのでしょうか。

実はめちゃくちゃ高いです。
何に比べて高いのかって言う話ですけれども、日本のOWNDAYSで同じ物を作るとこうなります。

塁進レンズ  ¥5,000+税 (約1500バーツ)

プレミアム累進レンズ  ¥10,000+税(約3000バーツ)

フレーム持ち込み ¥7,000+税(約2140バーツ)

2本まとめて交換レンズ 30%OFF

3本まとめて交換レンズ 40%OFF

私の計算が正しければ今回の3本のメガネの合計は日本では

¥24600になりタイバーツに換算すると約6830バーツ

8600バーツもセーブ出来る事になります。

日本行きの飛行機代が出るくらいの差額。

なぜ日本はそんなに安いのか、それともタイが高いのか?
関税の関係?

サービスは最高

何はともあれ検査や設定、サービスなどは日本のJINSで受けたのと同じかそれ以上だったと思います。

たまたま私の担当してくれたJudyが良かっただけなのか、全店舗であのサービスを提供しているのか、もしそうだったらOWNDAYSの社員教育素晴らしいな。

タイだから大丈夫かって心配してた自分が恥ずかしいです。

ちなみにCentral World店で働くこちらの女性、日本語勉強中で少し話せて出来るだけ日本のお客さんの時にはこの子が通訳してくれる様です。まだまだ仕事は勉強中の様で検査とか点検とかは出来ない様ですが。

いつもにこやかに対応してくれてもっと日本人のお客さんが来て欲しいとの事でした。

POPちゃん

メガネが出来上がるが楽しみ。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れて人生変わるかも。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント