PHILLIPS HUE IoT のある暮らし|かかって来なさい!タイランド

I oT

PHILLIPS HUE。
最近よく目にするこの文字、⌈IoT⌋。読み方はそのまま⌈アイ・オー・ティー⌋。Internet Of Thingsの略ですね。物のインターネット化と言う事です。

さてこのとは何を指すのでしょう。色々難しい解釈はありますが、一応全ての物をさします。一般日常的に我々の周りでは家電を指す場合が多いのではないでしょうか。インターネットを通して家電を操作する。

それじゃリモコンと何が違うのか。今ではいろんなリモコンもユニバーサルリモート一つで操作できるし。でもインターネットを通す事で、外部からでも操作ができる様になります。
家に帰る前にスマホからエアコンを付けておけば、帰った頃には快適な温度になっていますし、冷蔵庫の中にカメラを仕込んでおけば、買い物するときにスマホで確認もできますし、色々夢は広がります。

それに今は物凄い技術の進歩で音声認識の性能は飛躍しています。つぶやく様に話しかけても私のスマホは私の言った言葉を一言一句認識していますし、もうスイッチを触ると言う行為が限りなく少なくある世の中がすぐそこまで来ている感じです。

AMAZON ECHO DOT

アメリカにいる友達が先日誕生日という事でAMAZON ECHO DOTという今流行りのスマートスピーカーをプレゼントしました。

まぁこいつにALEXAと話しかければ、音楽を流してくれたり、ニュースを読んでくれたり、天気を教えてくれたり、いろんな事を教えてくれます。iPhoneでいうところのSIRIの役割をこなしてくれます。それではSIRIがあればALEXAは必要ないんじゃないかなと思う方もおられると思いますが、SIRIの場合一旦SIRIを立ち上げてから、話しかけなければならず、ワンテンポ遅れるんですね。その点、ALEXAはいきなり話しかけてもすぐに反応してくれます。わずかな違いですが以外にこれが使いやすい、使いにくいに別れちゃうんですよね。友人は大変この贈り物を喜んでくれて、色々それで試した事を報告してくれます。

PHILLIPS HUE 

まずはPHILLIPSから発売されているHUEと言うLED LIGHT。これを購入し1600万変色から自分にあった色を選び、音声で照明を操作ができる。その動画を送ってきて、何かすごく楽しそうで私も無性に欲しくなりLAZADAをポチってしまいました。夜にポチったら次の午前中に配達されました。凄い。

取り敢えずライトを付けて、ハブになるブリッジと言うのを付けて、スマホにアプリをダウンロード
してこれをインターネットで繋ぎます。

  

3つの電球に名前を付けて例えば、ベットルームとか、リビングルームとか。

色は自分で16000色を作り出せる様ですが、取り敢えずデフォルトで12パターンあるので今の所はこれで楽しんでます。


PHILLIPS HUE

iPhoneならHomeKitからブリッジに接続すれば、SIRIを通して操作することができます。

Apple Watchをお持ちの方ならそこからSIRIを呼び出し操作もできます。

感想

今まで電球なんて付け替える時は電球が切れた時ぐらいです。そしてできるだけ安いのを探して購入。それが今回とてつもなく高額な電球を買ってしまった訳ですが、使ってみて思ったのは、音声で操作出来ることも凄く便利ですが、色が変わるだけで部屋の雰囲気が変わり、これだけ気持や感情が左右されるとは意外でした。
色によっては物凄く落ち着くのですが、これも日によって違うんですよね。warmyな色がいつもhartfulな感じになるって訳でもなく。その日の自分あった色が見つかった時にすっごくリラックスになれるんです。例えギラギラした色でも落ち着けるんです。
最近は夜になるのが待ち遠しい日々です。
この後もうちょっとガジェットを買い足し、IoTな暮らしを充実させたいと思っております。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント