願い事が3倍早く叶う、ピンクのガネーシャ エカマイから2時間 129THB|かかって来なさい!タイランド

ユニークなキャラで人気の神様、ピンクのガネーシャ。
2年ぶりに願い事があってお参りに行ってきました。

バンコクの東のチャチュンサオ県のワット・サマーンラッターナーラームのお寺の敷地内にピンクのガネーシャはあります。結構辺鄙な所にありますが、いつもたくさんの人でにぎわっています。

神様も大忙しです。私のお願いは届いてますかね。

動画を見られるとここまでの行き方や雰囲気が伝わるかと思います。

ツアー

短期でバンコクに旅行に来られて主要な所はもう見てしまったという方には、沢山のツアー会社が日本語ツアーで、ピンクのガネーシャ、ワット・パクナム、ラチャダー・ナイトマーケットのインスタ映えする箇所を半日で回るツアーが2000バーツ前後で用意されていて人気の様です。

幻想的なお寺 ワットパクナム Wat Paknam|かかって来なさい!タイランド
タイには幾つくらいのお寺があるんでしょうかね。きっと7/11よりたくさんあるんでしょうね。 最近巷で日本人に人気のお寺があるらしくて、ちょっと ワットパクナム 行って来ました。 平日のお昼で人はほ...
バンコク タラートロットファイ・ラチャダー|かかって来なさい!タイランド
バンコク及びバンコク近郊にはたくさんのナイトマーケットがあります。 その中でも鉄道市場( タラートロットファイ )と言われるマーケットを良く耳にするかと思われます。元々はウィークエンドマーケットがあるチャトチャックの車庫で開かれていたマーッ
…タラートロットファイ-ラチャダー/

ガネーシャ

そもそもガネーシャって一体何なのか、調べて見ました。

ガネーシャは元々ヒンドゥー教の神様でその名はサンスクリット語で「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味します。それで破壊神シバァの長男。
そのシバがある勘違いで自分の息子のガネーシャの首をはねてしまい間違いに気づいて自分の息子の首を探すが見つからず、そこにいた象の首を切ってくっ付け復活させた。

て、なんかすごい不思議な話だけど。

学問と商売繁盛の神様としてみんなに敬われております。

そういえばこう言う話をバンコク国立博物館に行った時、日本人のボランティアのガイドさんが説明してたな。なぜピンクなのかはちょっと解らなかったです。

結構大きいですね。全長24m。いや〜本当いいキャラしてます。これが神様なら子供は喜びますよ。

バンコク国立博物館 無料日本語ツアーが充実|かかって来なさい!タイランド
日本から友達がバンコクに来た時に色々な所に連れて行くこともあります。 アユタヤや王宮やお寺関係がやはり多くなりますね。 その時に色々タイの宗教的なことや歴史的な事を聞かれるのですが全く持って知識がありません。やはりその国の歴史を学ぶと言って

ピンクのガネーシャ へ行き方

 

行き方は、エカマイ東バスターミナルからロットゥーに乗って行きましょう。

東バスターミナルはBTSエカマイのEXIT2番で降りてアソーク方面に少し戻ったところに見えて来ます。

そのまま中に入って右側18番窓口にこう言うのが見えますのですぐ解ります。

チャチュンサウバスターミナルまで99B

ロットゥー


10番乗り場ですが一応、窓口で何番のバス乗り場か聞きましょう。

チケットにバスナンバーが書いてありますので、バスのドアのところに書いてあるナンバーを確認して乗り込みます。

途中、高速を乗る前にロットゥー待合場所みたいなところでもう一度お客を乗せました。

1時間ほど過ぎたところでチケット確認のようなのもあります。

1時間20分ぐらいでチャチュンサウバスターミナルに到着です。

前回来た時はなかったのですが今回は立派な建物が出来ていました。

ソンテウ

ここからソンテウに乗り換えです。

左側に並んでいるソンテウの中程にこのサインがあるはずなのでその前のソンテウに乗り込みます。

途中から田舎道を抜け30分ほど揺られます。

ソンテウはこの象の前で停まります。料金は30B。降りた時に払います。

案内

早速入口あたりから見て見ましょう。

ここに到着する途中から商店街が続いてますが一応ここが入り口のようです。

入場料とかは発生しません。

この大きな3頭象。この象の足の間、腹部を通り抜ければ願い事が叶うようです。

右回りに3回、左周りに1回、紙幣を挟んだおふだを持って回ります。
多分、右回りが幸せを呼び込み、左回りが邪悪を追い出すだったと思います。

その他にも日本からみんなもボランティアでお迎えしてくれます。

しばらく道なりに進むと ピンクのガネーシャ が現れます。

後ろ側に出て来ますね。

ガネーシャ、後ろ髪があるんですね。

お願い事をしましょう。

正面に回ってガネーシャにお願い事をしましょう。

ガネーシャの周りにはこう言う色とりどりのネズミが立っています。
ガネーシャに直接手を合わせても願い事は叶いません。
このネズミたちにお願い事をしてガネーシャに伝えてもらうと云う事です。

タイでは自分の生まれた日の曜日を皆さん知っています。
私の場合なら火曜日のなでピンクと言う風に。
それで自分の色のネズミを探してそのネズミの片方の耳を手で塞ぎ、もう片方の耳にお願い事をします。
でもあれっ、ピンクのネズミには誰もお願い事してませんね。

そうなんです。ガネーシャは元々インドの神様なのでそう言うタイの仏教の制度は関係ないと言う事で、皆さん金色のネズミにお願い事をしています。ガネーシャの真ん前に2匹いますし、SNSにあげる写真写りも絵になりますし。

金のネズミは特に金運によく効くらしいと言う事で。

わかりにくいですがネズミは正面を向いています。
顔に花輪がいっぱい掛けられています。
女性が右手でネズミの耳を塞いでもう片方の耳にお願い事をしてます。
ネズミは御賽銭箱を持っています。

凄い人盛り、長蛇の列です。

ピンクのガネーシャは3倍から10倍早く願い事を叶えてくれるそうです。

ガネーシャの台座の部分はお土産屋さんになっています。
でも肝心のガネーシャのグッズは少なかったな。

200バーツくらいでキーホルダーとかが欲しかったんだけど、1000Bぐらいの置物しかなかった。

タンブン

これは1Bコインを銀のツボに投げ入れてる様子です。
入る回数によって幸運の度合いが変わってくるのかな。
3回入ればいいみたいな事が書いてありましたね。

勿論人形です。

 

これもタンブン

本当あちこちタンブンです。

少額かもしれないけど、これだけの人が参拝?しに来てみんな熱心にタンブンしてますから、かなりの収益が得られると思います。

食堂、屋台、レストラン

食堂や屋台、レストランも結構あります。

以前はこの先に大きな蓮の花を形取った建造物があって周りを歩けたんですけど今回は撤去されてましたね。何でだろう。

 

帰り方

帰りも同じところから乗り込みます。
時刻表が珍しく置いてありました。

時間より早く来ることもありますので早めに待っておきましょう。
時間にもよりますが一気に一杯になるので座りたければ俊敏さが要求されます。
が、チャチュンサウバスターミナルに行かないのもあります。

私も初めに来たロットゥーはバスターミナルには行かないと言われましたから。
乗る前には確認しましょう。でも確認してるとまず座れないです。
とにかく乗っても直ぐに出ないし人がいっぱい乗ってこなければ多分違うでしょう。
乗ってから隣の人に聞くのもいいかもしれません。

30分でチャチュンサウバスターミナルに到着です。

以前のバスターミナルはこんな感じでしたが

今は新しく出来た建物の中のここでエカマイまでのチケットが購入出来ます。

エカマイ、バンナー、バンプリーと書かれてます。
なのでエカマイといえば解ってくれます。

帰りも途中一度チケット確認でバスが止まります。

途中降りたいところがあれば直前に運転手に云えば止まってくれます。
ウドンスックやオンヌットでみんな止まって降ろしてもらってました。

感想

どうでしたか。意外と簡単に行けますし入館料とかもないですし、あるのはタンブンだけ。
まぁ1時間半から2時間もあれば見終わってしまうところですが。

ちょっと交通費が高く見所少なめでアユタヤメークロン市場に比べてコストパフォーマンスが悪いですね。

アユタヤ タイ 古都王朝への旅|かかって来なさい!タイランド
ついこの間までタイで放映されていた超人気ドラマ『ブッペーサンニワート』の舞台がアユタヤと言う事で急激に多くの人が訪れて当時の衣装で写真を撮る人で賑わっているアユタヤ。 バンコクに友達が遊びに来て...
2019年 メークロン市場とアンパワー水上市場の行き方、帰り方|かかって来なさい!タイランド
メークロン市場市場の中を電車が通る。その度に市場のテントが片付けられ、通り過ぎればまた広げられる市場と聞けば一度は何かでご覧になった事だと思います。それがかの有名な メークロン市場 です。アクセス メークロン市場日本の旅行会社などに申し込む

皆さんおっしゃられてるように本当テーマパークです。
ピンクのガネーシャランドです。

あちこちにピカチュウやドラえもんや仮面ライダーやドラゴンボールやトランスフォーマーやアラレちゃんや配置されており、子供が喜びそうな場所。

行く価値があるのかどうかはあなた次第ですが、願い事が3倍も早く叶うのならもちろん行きますよね。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント

  1. ingenue より:

    77aramboyさん、こんばんは。
     ピンク・ガネーシャに行ってみたいのですが、結構移動時間がかかります….
    旅行者としては、同じ移動時間ならやはりアユタヤを選択でしょうか?!
     Bangkokにて長期宿泊の際には1度訪れたいです。交通手段の情報をありがとうございました。

    • 77aramboy 77aramboy より:

      ingenue様
      いつもコメント有難うございます。
      この辺りは車ある方ならちょこっと行って帰って来るにはいいですが。
      こことワットパクナムとのツアーを良く見かけます。