バンコク サッカー PORT FCを久しぶりに応援しに|かかって来なさい!タイランド

PORT FC

 


サッカーに全く興味が無い私ですが、タイ人の彼女が今まで一度もサッカーを見に行った事が無いと言う事で一緒にバンコクを本拠地にするPORT FCPAT STADIUMに応援しに行きました。

サーカーのシーズンがいつかも知らないのですが、調べてみるとまだ始まったばかりの様でPORT FCは1位になっております。

今回の対戦相手はサムット・プラカーンにあるチームのSamut Prakan City

PAT STADIUM

このスタジアム非常に便利な所にありまして、私の住んでいるところの通りからバス1本でスタジアムの前まで30分ぐらいで行けます。エアコン車なら13バーツ。

場所

グッズ販売

バス停を降りると直ぐにグッズ販売店の前に着きます。
ほとんどの方がPORT FCのユニフォームを着ているので、2年前に私も購入してその場で着替えたんで、今回は彼女にも買ってあげようと思ったら、何とお値段が690バーツ。2年前は確か300バーツ台だったような気がしたんだけど、多分一回しか着ないために690バーツ出せなかった。ごめん彼女。

チケットの値段

チケットの値段はAゾーン180バーツB、C、Dゾーン 130バーツと格安。
2年前に来た時は100バーツと150バーツだったのに。私がサッカー好きなら毎試合行くんでしょうが。

PORT FC

ホームページのこのマップでの値段はアップデートされて無いですね。

ガンバ大阪のチケット

ちなみに日本のサッカーチケットって幾らぐらいするんでしょう。
ガンバ大阪で(カテゴリー 6)1000円から(カテゴリー1)5100円ですね。特別のエキサティングシートで15300円
これと比べてもタイサッカーのチケット、格安です。

屋台

PORT FC

17:45pm 試合スタートでしたが2時間近く前に到着してしまったので、スタジアム前の屋台で色々物色して腹ごしらえ。ビールも飲みたかったけどおしっこ近くなるので今回は我慢。

カノムジーンが無料で配膳されてました。

PORT FC

シート

去年来た時はAゾーンに座ったのですが、ベンチの上に席があるためベンチの様子が見えなかったのとサイドライン側の攻防がよく見えなかったので今回は向かい側のCゾーンのチケットを購入。

Aゾーンは屋根があるので雨が降った時には助かります。それと日が暮れるまでの日も遮ってくれますね。

スタジアムの方も1時間くらい前にならないと中には入れない見たい。

席は自由席。人もまだあまり来ていない様でCゾーンの最前列のど真ん中を確保。
これは結構近い。

でも手すりが邪魔で見難いのか彼女は2階席の移りたいよう。
2階席も最前列は手すりが邪魔になるので中段くらいの席を確保。

そこで気になるのが座席の汚さ。土足で踏み付けられ泥がついてる座席だらけ。
ウエットティッシュ持って来ておけば良かった。

PORT FC

試合が始まる頃に応援団らしき人が長ーい長ーい垂れ幕を手すりに巻き付け出しました。
これでサイドライン側は垂れ幕で隠れて見えません。

試合開始

17:45pm。いよいよ試合開始。
その前に午後6時では無いですが国歌が流れる中、国王のビデオに向かって起立です。

試合が始まる頃でも客の入りは半分くらい。PORT FC人気無いのかなーと思っていたら、いつの間にか超満員。みんな手すりのところで立って見るので見えないので我々も前に出て立ち見で観戦。

そして後ろを振り向くとみんな座席に土足で立って観戦。

それであの汚さなんだと納得。と言うことは前回の試合から座席は綺麗にしていないと言う事なんだな。安いチケットとはこう言う事なんだ。

Aゾーンは皆さんちゃんと座って観戦しています。

応援団

1階席には鳴り物、大旗を持った応援団が埋め尽くします。
1階席に行かなくて良かった。

PORT FC

試合中ずっとメガホンで何種類かの応援歌のような物を歌い続ける人、ドラムをそれに合わせて器用に撃ち続ける少年達。皆んなの一致団結感は半端ないです。 

うちの彼女もサッカーに全く関心無いのですが、応援団の奏で出すリズムに合わせて結構ノリノリで楽しんでいるようです。

PORT FC

ゆっくり見るにはAゾーン、一緒に盛り上がるならCゾーンて言う感じですかね。

試合はPORT FCが4−1で勝利。
2年前と違うのはビデオ判定が取り入れられたのか途中でよく試合が中断する。
サッカー詳しく無い私は何をビデオ判定しているのか解らず。

これだけ安くてスポーツ観戦が楽しめるタイサッカーは素敵ですね。
この時はタイに居るのにサッカー好きじゃ無い自分を後悔しました。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント