タイでバイクの免許取得の仕方を解説 パート3|かかって来なさい!タイランド

学科試験も無事にパスしていよいよ実技テストです。
オートバイは高校以来35年の間に運転したのは1回だけですので不安だらけです。オートマチックじゃなかったら乗れないかも。

Driving Test Circuit

学科試験会場から窓越しに教えていただいたビルディングを目指します。
フードコートに行く反対方向、出口を出て右に行けば小さな建物が見えてきますのでそこがドライビングテストコースになります。

バイクの免許

入り口

バイクの免許

部屋の中にはカウンターがポツンとあるだけ。一連の書類を渡しバイクのレンタル料50Bを支払い、奥の部屋に向かいます。
その途中ヘルメットが並んでますので一つ自分に合いそうなのを選んで待合室で待機。10人くらい揃うまでここで待機します。その間コース説明のビデオが繰り返し流れていますので大体のコースを把握しておきましょう。

と言ってもテスト自体は非常に簡単で一本橋を渡りあとはサイン通りに止まって、サイン通りに右に曲がったり左に曲がったりするだけです。

バイクの実技テスト

バイクの免許

建物を出るとバイクがズラーと並んでいますので適当に選んで、スタートラインへ向かいます。一番後方に並んで他の人のを見てからの方がいいかも。
15Mぐらい先の小屋の窓からおばちゃんが行けっと合図しますのでそれで順番にスタートです。
凄い分かりにくい合図でしたが。
初めは一本橋です。幅30CM高さ5CM距離15Mです。前のみんなは当然危なげなく渡っていきますが、私、落ちました。

高さがないのですぐに足を付いて強引に元に戻して通り過ぎます。
でも全然問題ないです。だって監視官なんていないんですもん。小屋からおばちゃんが見てるだけですから。
その後はサインに従ってstop and goの繰り返しです。楽勝です。

ですが、途中でサインがなくてどっちに行っていいのか解らなくなってしまい立ち往生してしまったのです。
待合室で見ていたビデオではちょっと広い道路を走っていたシーンがあったと思い、奥の方に進むと小屋のおばちゃんが物凄い剣幕で何か行ってるんです。手を回しながら「こっちだ、もう一回」っとめちゃめちゃ怒ってるんです。なんで?訳が分からずぐるっとスタートラインにもう一度行かされます。

途中からテストを受けにきた人が前に数名いたのでその人が走るのをずーっと観察しました。
そうすると私が立ち往生したところがゴールでそのまま小屋の前まで戻ってバイクを止めて終わりだったみたいです。

でも私の2人前のタイ人も私が立ち往生したところで全く同じ状況になってたので、やっぱりあそこでゴールのサインが必要なんですよ。

バイクの免許取得

まずみんな合格すると思いますので小屋でおばちゃんにパスした紙をもらって再び初めのビルディングの2階のインフォメーションに行き整理番号を貰って順番を待ちます。

バイクの免許

ブースの中で色々書類を確認されコンピューターに打ち込まれた情報を確認し、出てきた免許証も間違いがないか確認しお金を支払いようやく免許証を取得です。確か205Bだったような気がします。

そういうわけで車用とバイク用の免許証が1枚ずつあるわけです。変なシステムですよね。これも2年間の仮免許でその後5年物の本免許にトランスファーします。

一見大変そうですが朝早くから行けば半日で取得できますし、しかもこの免許は東南アジアでそのまま使えますし、日本でも少し課題を削減された技能確認を受ければこの免許で中型免許に書き換えてもらえるそうです。

結構威力がある免許ですが、色々全て合わせても1600円ぐらいで取得出来るなんて素敵な国です。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れて人生変わるかも。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. 通りすがり より:

    >日本ではこの免許で中型免許に書き換えてもらえるそうです。
    二輪に関して言えば現在、「中型免許」と言う枠はありません。
    普通二輪免許のことだと思いますが、タイの二輪免許では試験場において技能確認(通常の技能試験より若干課題が削減されてます)が必要です。またその際、大型二輪での技能確認も可能です。

    • 77aramboy 77aramboy より:

      通りすがり様
      コメント有難うございます。
      そうでしたか。もう中型免許と呼ばないんですね。
      長く日本を離れて生活していますのでちょっと浦島太郎なところがあります。
      タイの自動二輪免許が無条件で日本の自動二輪免許に書き換えられる訳では無いのですね。
      詳しい情報有難うございました。
      あとで訂正しておきます。

      また時間のある時にでもブログ覗きに来て下さい。