タイでバイクをレンタルする時の注意点|かかって来なさい!タイランド

レンタルバイク

タイの地方都市を観光するのにとても安く便利なレンタルバイク。
バイクを借りるだけで行動範囲がグッと広がり時間の節約にもなります。

でもやはり安全面での不安もあります。

そこでバイクを借りる時の注意点を何点かあげて起きます。

必要な物

観光客が集まる都市のゲストハウスなどが集中している所には必ずレンタルバイク屋さんが存在します。

基本パスポートを預ける事で借りる事ができます。
場所によってはパスポート無しでデポジットとして数千バーツを預る所もあります。返却時に問題がなければデポジットが返って来ます。

バイクを借りる時に免許の有る無しは問われませんが、何かあった時に警察の検問や事故の時、トラブルになりますので、国際免許は是非携帯する様に。

日本の普通運転免許は原付までなのでタイのバイク(90cc以上)には適用されないのでご注意を。

値段

値段は都市やバイクの種類によって変わって来ますが大体1日(24時間)借りて200バーツから300バーツくらいが相場。

ガソリンは返却時に満タンと言われる所もありますが、基本初めに借りた時に入ってたくらい残っていれば大丈夫。返却時にあまりそこまで詳しくチェックはされないです。

燃費としては大体45−50km/Lかな。
タンクには5L程度ガソリンが入ります。

ガソリンの値段は種類にもよりますが大体リッター30バーツ弱です。

ガソリンの給油はスタンドでガソリンの指定(91、95など)をして50バーツ分とか、あるいはテムタン(満タン)と言えば解ってくれます。

借りる時の注意点

レンタルバイク

傷の確認

さて借りる時の注意点ですが、店先には綺麗なバイクが並べられていてFor Rentのサインがかかっていますが、まず交渉しない限りこのバイクを貸してくれることはないでしょう。
大抵は店の奥から持って来たバイクに乗る事になると思いますが、まずバイク全体を見回して大きな傷などないか調べて、もしあるようならば写メでもしておきましょう。

後で傷をつけたとか言われて、お金を請求されるという話も耳にしますので。
私は一度もそんな目にあった事はないですが。

ヘルメット

それとヘルメット。
これは義務ずけられていますのでノーヘルで運転してると止められるかもしれません。
タイ人の方はノーヘルの人多いですが。

このヘルメットもチェックしておきましょう。
何か会った時には頭を守ってくれる大事な物ですから。

頭にちょこっと載せるだけのではなく
なるべくフルフェイスのヘルメットを要求しましょう。
もし無いようなら他の店へ向かってもいいです。

言えば奥から自分のを持って来てくれたりします。

それとあご紐。これ切れかかってたり調節できなかったりするのが多いですので要注意。
これは2回ほどあご紐が切れた事があります。

ちゃんとしたヘルメットを置いている所はバイクのメンテもちゃんとしてると思います。

ブレーキ、パネル、ウインカー、ライト

それと借りていきなり遠出も禁物です。
とりあえず近場を少し走ってみてブレーキの効き具合やタイヤの状態その他諸々確認しておきましょう。

一度私の借りたバイクは乗ってからかなりして気づいたのですがスピードメーター、走行距離が動作してなかったんです。それだけなら別に問題はなかったのですがガソリンの残量を示すメーターも動作してなくてかなり焦りました。

スピード出し過ぎ

タイの地方都市はバンコクと比べて断然交通量は少ないのでバイク初心者の方でも比較的楽に運転できると思います。

それでもスピード出しすぎにはくれぐれもご注意を。

ただただ真っ直ぐ続く道路を走り続けると何も起こらなすぎて注意散漫になりがち。
知らず知らずスピードが出過ぎてる事もあります。

坂道

以前広々とした道路を気持ちよく走っていたのですが、緩やかなカーブに差し掛かった時にうまく曲がりきれず、対向車線の向こう側の壁ギリギリまで膨れ上がった時はヒヤッとしました。

緩やかな坂道がずっと続いていた様で知らないうちにかなりのスピードが出ていた模様です。

穴ボコ

田舎道ではなくても綺麗に舗装されていない所も多々あります。
いきなり道路の真ん中に穴が空いていて、大きな穴ならバイクごと吹っ飛んじゃう事もあるだろうし、タイヤのパンク、避けようとしての転倒など危険です。

飛び出し

車や人の飛び出しは遭遇した事はないですが、犬が急に出て来る事はたまに遭遇します。

田舎街など行くと縄張りに入って来たのを威嚇するためか急に物凄い勢いで吠えながら出て来て思わずハンドルを取られます。

逆走

左車線の端っこを安全運転でゆっくり安心して走っていても、目の前から逆走して来るバイクがいてドキっとします。バイクの横に荷台をつけていたりすると、こちらが大きく避けなければならなく焦ります。

どれもこれもスピードさえ出し過ぎていなければ対処できる事なのでゆっくりとは言わないまでも出し過ぎには要注意です。

バスなどは乗ってしまえばシートベルトもなく運転手に運命を任せるわけですが、バイク運転は自分次第で運命は変わります。楽しい旅にするためにもうまくレンタルバイクを利用したいものです。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れて人生変わるかも。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント