バンコク リタイアメントビザ を申請しに行く|かかって来なさい!タイランド

タイに長期的に暮らすためにはビザが必要です。その中でも年齢が50歳以上でタイの銀行口座に80万バーツの預金があるだけの条件で1年のビザがもらえる リタイアメントビザ と言うものがあります。
毎年ビザの更新をすれば永久的にタイに住むことが可能になります。

リタイアメントビザ 申請

今日はリタイアメントビザを申請しに行きます。

ノービザで入って30日間はタイに居られるので残り15日になる前に申請しないと受け付けてもらえません。審査期間が2週間必要になりますので。

イミグレーションオフィス チェンワッタナー

ここからはBTSでアヌッサワリーまで行って166番のgovernment complexと書かれたバスに乗って行きます。18Bだったかな。僕がBTSから階段を降りるともうバスが止まっていて2、3分で出発。渋滞もあって40分ぐらいで到着。

セキュリティーでカバンを機械に通して奥に入るとだたっ広いスペースが目の前に広がります。何かイベントに使うんだろうな。僕が行ったときは半分ぐらいのスペースに食べ物とお土産売られていたけど。

必要書類

1. 申請書 TM.7
2.申請書に貼る写真 2枚 (4x6)
3. パスポートのコピー。(写真のページ、タイ出入国スタンプ、Departure Card)

4. (80万バーツ以上の)銀行残高証明と通帳コピー
5. 日本から送金した証明書。

上記の書類以外は申請料2000バーツが必要です。

日本から年金などで月々65000B以上の収入がある人はまた別の書類と証明書が必要になります。

手続き

とりあえずは地下に行って銀行の書類を手配します。その日の銀行残高の証明が必要になるのでこれだけはここで用意しなければなりません。ほとんどの銀行がここには揃っているのでまずは大丈夫。8時半に着いたんだけど銀行が空いててお客が結構待ってるとういうことはここはかなり早い時間から営業してるんだな。

あと写真やコピーなどもこの階で全部できます。パスポートなどどこをコピーしてわからない場合でも係の人にリタイアメントビザに必要とでも言えば向こうは解ってますので全てコピーしてくれます。

私は書類はあらかじめ申請書も含め用意してあったのでそのまま上に上がりイミグレオフィスに。

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

受付で書類を見せ、確認され奥にあるドアの向こうに行けとのこと。そこでもう一度書類を見せると整理券をくれるのでその番号が掲示されるまで待ちます。15分ぐらい待ったら番号がついたので仕切りのされたスペースに入り書類を提出。コピーの用紙にはどこでもいいので全て自分のサインをお忘れなく。それと写真を貼り付けた下に電話番号もしくはEメールアドレスも書いておくこと。完璧に揃えて行ったので何事もなく、2000Bを払い次の段取りの確認を説明される。

15日後にパスポートと領収書を持ってくること。その間はタイ国外に出ることはできない。などなど。そういうことを了解しましたみたいな書類にサインをして終了。何の問題もなくこと終えました。

帰りもビルの真ん前から同じ166番バスに乗って帰ってきました。

2週間後90日のビザ貰えてるといいな。
貰えてないと大変なんだけど。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント