2020年タイの奇祭サクヤン(刺青)祭り コロナウィルスの影響で中止|かかって来なさい!タイランド

ベジタリアン祭り

タイには色んな祭りが各地で開催されますが、その中でも個人的に奇祭だなーと思うのは毎年10月頃にプーケットのオールドタウンで行われるベジタリアン祭り。

この期間中、肉を口にしないと言う事で口に串などを何本も刺して塞いでしまう、見るからに痛々しい祭り。

これはまだ序の口

 

この祭りの期間中は熱々の炭の上を素足で歩いたり、鋭利な刃のついた梯子の上を素足で上り下りする苦行が行われます

自分の体を究極の痛みに耐えさせる事によってトランス状態になり神に近づける様です。

サクヤン祭り

それともう一つ凄く興味深いお祭りがサクヤン祭り。サクヤンとはタイ語で仏教的な刺青の事。

日本の伝統的な和彫の様な彩をなした刺青ではなく基本黒を主体にしたいかにも宗教的な刺青。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@aj_mee_sakyant_thai_tattoo #newtattoo #sakyant #twintigers #thailandsakyant

chiara(@chiarajones2)がシェアした投稿 –

 

サクヤンの総本山

そのサクヤンの総本山とでも言うべきワットバンプラと言うお寺がバンコクからさほど遠く無いナコンパトム県にあります。

場所

 

毎年3月にここでその年に新しく刺青を入れた人がルアンポープン僧侶にお祈りをしに集まります。

憑依

このお祭りが奇祭と呼ばれるのは、このお祈りをしている時に突然自分の体に入れてある動物の刺青に憑依してしまうと言うとても不思議な儀式であるため。

憑依する人は今まで普通にみんなと座ってお祈りをしていたと思えば、突然立ち上がり前の人の頭を踏みつけながら前に突進していきます。

自分の周りの人が憑依したらかなり危険ですね。もう完全にいっちゃってますから。

虎に憑依した人はガオーとでも言いながら4つんばで駆け出したり、猿に憑依した人はキッキッとでも言いながら跳ねる様に突進したり、はたまたルーシーと呼ばれる仙人に憑依した人は杖をつく様にゆっくりゆっくりと歩き出します。

ビデオを見る限り多いのは虎、猿、仙人、ハヌマーン、牛なんかですかね。

象とかいないのかなとも思うのですが。もし自分が象の刺青入れてたら、パオーって言いながら腕で鼻を真似て揺らしながら……..怒られそうですね。

耳たぶ

この憑依した人達は本堂目掛けて狂気の沙汰で突っ込んで来るのですが、前にはそれを受け止める屈強な男たちがいてこれを捕まえ宥めます。一応憑依した人は耳たぶを触られると我に帰ると言う暗黙の了解がある様で、耳たぶを触られた人達はスッと素に戻り何事もなかったかの様にワイをして元に戻っていきます。

この儀式が佳境を迎える時には大勢の人が一気に憑依し会場はカオス状態に。
もう次々にあちこちで虎や猿や仙人が溢れ返ってる状態。

コロナウィルス

今年はこれを見に行く予定をかなり早くから計画を建てていて楽しみにしていたのですが、何と今年はコロナウィルスの影響で中止。延期ではなく中止。

お楽しみは来年までお預けと言う事になりました。

お祭りが多いタイもあちこちでイベントの中止が発表されています。

イベントに参加される時は予めチェックしてからの方が良さそうですね。

3月にはもう一つ興味があった

World’s Largest Parade of Food Trucks

ギネス記録になる200台以上のフードトラックが集まる食の祭典も延期の様です。

タイでも先日、コロナウィルスの感染者の死亡が1人確認されて、ますますこれからの状況が気になるところです。

しばらくはあまり人の集まるところには極力出向かない方が良さそうですね。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント