チェンマイの健康食レストラン SALADA CONCEPT|かかって来なさい!タイランド

チェンマイはバンコクから北に720kmに位置するタイ第二の都市です。タイ国内外からも毎年たくさんの観光客で賑わいます。チェンマイに来て先ずする事は街の美しい寺院を訪れることです。1296年にランナー王朝初代メンラーイ王により新しい首都としてピン川のほとりに建設され、ランナー王国の歴史的な首都、チェンマイは歴史的文化が豊かです。 旧市街には、歴史ある最高の寺院、美術館、その他の興味深い名所が集まっており、その多くは古代の城壁やお堀の内外にあります。 もう少し遠くへ旅行するつもりなら、チェンマイの大自然を満喫できます。 近くにはタイで最も高い山があり、2つの異なる部族の村や様々な国立公園もあります。何日あっても足りないくらい見所は沢山。

ベジタリアン レストラン

食文化も豊かで大自然から採れる多種多様のハーブを使ったタイ北部の伝統的な料理は世界の人からも愛されています。

屋台で食べるも良し、お洒落なレストランで食べるも良し、様々な料理を好きなスタイルで楽しめます。

その中でもチェンマイで非常によく目にする ベジタリアン レストラン 。

健康を意識してる人が多いのでしょう。

SALAD CONCEPT

The Salad Concept
The salad concept , Nimmanhaemin , Chiangmai

SALAD BARをメインにした無添加(防腐剤、着色剤、MSG)のお店。

私が今回訪れたのはニマンヘミンにあるお店。

SALAD CONCEPT

旧市街の東側のお堀の近くとCentral Festival Chiang Maiにもあるようです。

ここはベジタリアン専門店ではありません。

メニューにはお肉もお魚もありますが、基本的にサラダを中心にしたメニューが多いです。
チェンマイの伝統料理もメニューにはあります。

メニュー

メニューのページ数が多くて見ているだけでも10分くらいかかりそう。

サラダ

サラダを頼まれる方は

Wrap Salad 69バーツ
Omelette Salad 95バーツ(or卵白だけ)105バーツ
Regular Salad 69バーツ

から好きなスタイルを選び

トッピング

上の部分の中から5つトッピングが無料で選べます。

私が今回選んだのは、レーズン、かぼちゃ、アスパラガス、コーン、スライスアーモンド

有料のトッピングはこちら

マグロやサーモンの刺身もありますね。

ドレッシング

ドレッシングも22種類から選択。
迷って迷って選んだのがタマリンドセサミ

このコースターかわいい。チェンマイで一番欲しかった。滑り止め付き。

写真が分かりにくいですが結構大きいんです。
これで69バーツ。

頼んだトッピングもめちゃくちゃ入ってました。
こんな大きいのが来るとは思っていなかったので、パスタも既に注文していて超お腹一杯。
サラダだけで十分。

フレッシュジュース

フルーツジュース、野菜ジュースのメニューも充実していたのでこんなのを注文。

こういうのは楽しいです。
左からビーツ、人参、トマト、ウィートグラス、グァバ、リンゴ、パイナップル120バーツ

全部で314バーツ

ベジタリアン レストラン

もうなんか健康しか感じられない空間。
バンコクにも、いあ、私の近所にも出来て欲しい。

最後の日にもう一度来ました。

今回はワサビドレッシングを頼みましたがこれはちょっと鼻にツンとし過ぎだったな。

Rainbow Pure Puree (no sugar, no ice)165バーツ

アボカド、イチゴ、ブルーベリー、マンゴー、ドラゴンフルーツ、バナナ。

レストランの概念

このレストランはポイさんとペイさんという2人の姉妹で始められました。
元々野菜が大好きだった彼女たちでしたが、彼女たちの父親が癌になった事をきっかけに家族全員で完全自然食に徹し、砂糖や動物性タンパク質、防腐剤などを避けました。そして父親の免疫力は上がり白血球を増やす事に成功し癌細胞が減少していったそうです。

それでチェンマイの人々にも健康になって欲しいという思いで始めたレストラン。
初め8テーブルから始めたお店は支店も出来大成功を収めています。

このお店も結構広いスペースでお客さんは一杯でした。

SALAD CONCEPT

この奥にも別室があり、手前にも10テーブル程あります。

やっぱり健康を維持するには食が大事だという事ですね。
満足度99のお店でした。

−1は店内の冷房が効きすぎ。

Open daily from 11.00 am – 10.00 pm

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント