サミティベート病院 その1 SAMITEVEJ SUKHUMVIT HOSPITAL |かかって来なさい!タイランド

最近、ちょっと股間の上のあたりに違和感がありまして。痛みは大したことはないですし、おしっこする時も痛みはないし、血尿もないし、日常生活には支障はないのですが、念の為に病院に行って見てもらいました。

自分で症状を判断するのはいけないことですが、そんな深刻な問題でもないと思い大きな病院に行くよりクリニックで見てもらおうと思い調べたところサミテヴィート病院の直ぐ近くにセントラルクリーンと言う日本人医師がおられるところを見つけました。完全予約制と言うことで電話をして見ますと、日本人の女性の方が出られて対応してもらいましたが、私の持ってる保険はここでは使えないとのことでした。

仕方がないので大きな病院ですが日本人対応が充実している サミティベート病院 に電話を入れます。

対応してくれたのはタイ人の女性の方でした。保険のことを確かめてもらうと、彼女いわく、多分大丈夫だと。
多分ってどう言うことなんだろう。ダメかもしれないって事?それを確かめてほしいとお願いしてるんですけどね。
とりあえず次の日に予約を入れときました。

サミティベート病院

場所

⇒サミティベート病院ちょうどBTSトンローとプBTSプロンポンの間くらいに位置しています。駅からタクシー使えば7、8分ぐらいで着きます。歩いても15分ぐらいじゃないですかね。

エンポリアムタワーから無料シャトルバンも出ているみたいです。

地図

 

診察から薬を貰うまでの流れ

さてタクシーなどでサミティベート病院に着きますとそのまま正面ロビーに入っていきます。
歩いて着くと中に入ってエスカレーターで一つ上の階に上がります。

一流ホテルのような感じの広々としたスペースにゆったりとしたソファーがありグランンドピアでの生演奏が奏でられていました。

日本人受付はフロントを右手に進み左手にカウンター1があると思うのでその奥に日本人相談窓口の文字が見えると思います。

ここで予約がある事を告げパスポートと保険証を渡し、コンピューターの方に私の情報を打ち込んでもらいます。


タイ人の女性の方が担当してくれました。隣のデスクでは日本人の男性の方が担当されてました。

実は私、5年前、タイに旅行にきた時にこの病院で健康診断を受けたことがあるので私の名前はもうすで入っていて新しくなった住所や電話番号の変更だけしてもらいました。

初めての方はこの時に問診票に色々書き込まなければならないと思います。

電話で予約をした時に簡単に症状を伝えておいたのですが、うまく伝わっていなかったみたいで、股関節が痛いと言うことで整形科の先生の予約になっていたみたいです。もう一度症状を伝えて、それは泌尿器科の方がいいですねと言うことで変えてもらいました。

多分これが原因で結構待つ羽目になります。予約が入ってないのと同じことですからね。

UROLOGY(泌尿器科)

5番カウンターに行って書類を渡してくださいと言うことでそこで書類を渡し名前が呼ばれるのを待ちます。
しばらく待っていると看護婦さんに名前を呼ばれ個室で血圧、体温、心拍を測りまた名前が呼ばれるまで待ちます。

ここから結構待たされたんですね。1時間20分ぐらい。不安ですよねー。本当に名前呼ばれるのかなーなんて思っているうちにうとうとと。耳だけ神経を研ぎ澄まして。

タイあるあるですが、公共の場所で冷房が聞いているところは間違いなく冷えすぎです。この病院ももれなくめちゃくちゃ寒いです。
風邪引いて来てる人は大変と思うな。

ようやく名前を呼ばれて手招きされる方に行くと、通訳の女性の方がいて一緒にドクターの部屋へ。
通訳の方は当たり前ですが事務的に先生のおしゃる事を通訳だけして行ってくれます。いろんな事を質問されましたがわかりやすい日本語で本当助かりました。

ベットに横になって下腹部を出しての触診ではカーテンの向こうから通訳していただきました。

症状の原因は膀胱炎か膀胱の周りの筋肉の炎症とのこと。
この筋肉の炎症はスポーツ選手にもよく起こることらしく何か運動をしてるかと聞かれたので水泳と答えると、ドクターは頷かられ、しばらく水泳をしないようにとのことでした。言われてみれば水泳を始めるようになってから症状がで出したような気もしないでもないな。

とりあえず抗生物質と痛み止めを出すのでそれを飲んで聞かないようだったら次回尿検査をすると言うことで次回の予約をして部屋を出ました。

そのあとは日本人相談窓口の後ろ側にお支払いカンターと薬局があるのでそこで座って名前が呼ばれるのを待ちます。

しばらくすると名前が呼ばれて何枚か書類にサインをして処方箋とレシートをもらえますので隣の薬局でお薬をいただきます。
なんかケーキやチョコでも入ってそうな袋ですね。

薬代 573.55B) ナース代 100B) 通訳代かな? 200B) 診断 1000B) 謎の割引 57.35B) 合計 1816.20B)

私の保険は外来の場合1日3000Bしか下りないので心配していたのですが全部で1816.20Bだったので何も払わなくて大丈夫でした。

とりあえず病気になった時のタイの病院での流れが把握できたので少し安心です。

日本語環境もしっかりしているし、病院内のみなさんは英語もしっかり話せますしね。

病院内にはフードコートもサンエトワールや7/11、スターバックス、私は見ませんでしたが大戸屋なんかもあるみたいです。

アメリカの医療環境に比べて全然ストレスなく済んでよかったです。

でもやっぱり病院にはあんまりお世話になりたくないな。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント