チェンマイで出会った最高のスイーツ店 Saruda Finest Pastry|かかって来なさい!タイランド

チェンマイの旧市街から北西にあたる所にあるニマンヘミン地区。
よくチェンマイの代官山と称されるお洒落スポット。
代官山に行った事がないのでそれが当てはまるかどうか分かりませんがお洒落なカフェや、レストラン、雑貨、ブティックなど歩いているだけでも楽しくなるエリア。

宿泊しているホテルの近所をぶらりと歩いている時に見つけたとあるカフェ。

Saruda Finest Pastry

メイン通りから少し奥に入った所にあるこのお店 Saruda Finest Pastry 。

名前からスイーツのお店なんだろうなと思い、お昼過ぎだったので甘い物でも食べて少し休憩。

外見のシックな感じとは裏腹に店内の造りは至ってシンプルで自然光ををうまく取り入れて現代の若者の生活スタイルにマッチした感じ。

Saruda Finest Pastry

ショーケース

スイーツのショーケースを見た私は衝撃を受けました。

普段こういうお店に来ない私は頭の中で

ひょっとしてここは世界最高峰のスイーツが提供されている隠れ家的お店なのか”と。

そこには色とりどりに輝くスイーツが。

こういうのは世界の大都市の有名店だけで出されている物だと思っておりました。

フランス人のパティシエが作られているのかと思いきや、タイ人の方が世界第1位のパティシエであるCédricGrolet、スペインのデザート世界チャンピオンであるJulien Alvarez など、多くの世界クラスの人々から10年以上に渡って修行された模様。

食材もデンマーク産のバターを使用するなどヨーロッパの高級店と同じ品質を使用。

Orange Bliss

どれにしようか決められません。

迷って迷った挙句

Orange Bliss 195B

Mango Passionも凄い食べて見たかったけどこのオレンジの皮がどうなっているのか確かめて見たかった。

恐る恐るオレンジの皮にフォークを当てて見るとパリッっと割れ

中身はチーズケーキになって詰まっているものかと思いきや、予想外の構造になってました。

レシピ

このデザートの中身、シロップと一緒にオレンジの果肉を低温で3日間煮詰めるようです。マンダリンの皮のスライスが入っています。

酸味と味を得るためにフレッシュクリーム、オレンジピールのおろしたのをホワイトチョコレートに混ぜて1mmの薄さにして覆い被せているようです。

下に敷かれているのはフレンチパフライスと   細かく挽いたヘーゼルナッツを混ぜ合わせたものです。

外見は本物のフレッシュのオレンジにしか見えないですね。

葉っぱは流石に食べれませんでした。

最高の一品

甘さも控えめで濃厚な味わいに爽やかな酸味、オレンジの皮のチョコとヘーゼルナッツの食感もあい交わって最高に美味しい一品でした。

普段スイーツ食べないからわからないけど、これで200バーツ以下なら凄いお得なんでしょうね。

ひとり旅の残念なところは仲間と食べ物をシェアできないところ。
旅の最終日に見つけたお店だったのでこれしか食べれなかったのは非常に残念。

チェンマイでこんな美味しいスイーツが食べれるなんてチェンマイ楽しい。

 

Saruda Finest Pastry
Saruda Finest Pastry、テーサバーンナコーン・チエンマイ - 「いいね!」2,368件 · 151人が話題にしています · 2,264人がチェックインしました - ベーカリー

 

【営業時間】10:00~21:00(無休)

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント