バンコクで季節を感じるには|かかって来なさい!タイランド

バンコクの気候

バンコクは熱帯地域に位置し、年間を通じて熱い時期で36、7℃前後、涼しい時期でも25℃前後あり殆ど寒いと感じる季節はありません。稀に朝方、ものすごく冷え込んでいる時もありますがそれでも13、4℃ぐらいです。

初めてバンコクに訪れてバスツアーに参加した時に、バスガイドのお姉さんが言うには、バンコクには3つの季節があります。1つ目は暑い時期、2つ目はもっと暑い時期、3つ目はめちゃくちゃ暑い時期なんてタイジョークを飛ばしてたのを覚えています。

案外、的は外れてはいないなーと暮らして見て感じます。

正確には乾季、夏季、雨季と分けられるのが一般的な様です。

乾季 11月から2月 

   この時期が一番過ごしやすく、雨も無く、旅行など行くにも一番いい時期です。
夏季 3月から5月
   3月からどんどん気温が上がり始め4月の水掛祭り(″タイ正月、ソンクラーン″、
   4月13日)あたりから暑さがマックスになります。
雨季 6月から10月
         この時期も暑さは残りますが毎日必ずスコールがやって来ますので、
         その後は少しだけ暑さが和らぎます。

ソンクラーン

今このブログを書いているのは4月の2週目。もうすぐタイで一番暑い時期のソンクラーンを迎える前です。

この時期になると街やスーパーのレジやホテルの受付、マッサージ屋さんなどでも花柄の派手なアロハシャツのような物を着ている人をよく見かけます。

ソンクラーン時期に着る衣装のような物でしょうね。

そう言うのを見かけると、あー今年ももうそんな季節になったのかと感じるものです。

屋台に並ぶフルーツ

私の住んでる近くの通りでも歩道でフルーツを売ってる屋台は沢山あります。
年中常夏の国ですからいつも色々なフルーツで一杯ですが、それでもやはり旬と言うものがあるようで、各フルーツ旬の季節になると値段が下がり始めて来ます。

そう言うのでもまた季節を感じることができます。

マンゴー、ドラゴンフルーツなんかは一番暑い時期に最も安く出回ります。

ココナッツも今が一番甘く美味しく頂けると時期です。

5月から雨季にかけて美味しくなるのが果物の王様ドリアン。

乾季に美味しくなるのはパパイヤローズアップル

などなど。

ランブータンやミカンなど安い時期なら1kg30バーツで買えますから安いですね。

桜 の 季節

またこの時期日本では桜が各地で満開になって、あーようやく春が来たなって思うのでしょうが、バンコクにも同じ時期に同じように咲く花があります。

これは先週撮った写真ですが、チャトチャック・ウイークエンド・マーケットのある場所でも知られているBTSモーチット駅、MRTチャトチャック駅を降りて直ぐのパホンヨーティン通りにこの木が立ち並びます。

https://wp.me/p9SYuN-1iJ

日本の桜のようですが名前はชมพูพันธุ์ทิพย์。
タイ名は「チョンプー・パンティップ
チョンプーがピンクで、パンティップはこの花を広めた王族の方。

日本名は「キダチベニウゼン

よくよく見ると桜とは全然違うのですが、何か日本を感じる風景です。

季節

隣の大きな公園内にはこの木が無く、もしあればこの木の下で屋台で買って来た串でも食べながら花見気分でもなんて思っていたんですが。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント