パンツの裾直し|かかって来なさい!タイランド

パンツの 裾直し

長年一人暮らしをしていると、料理、掃除、選択はそれなりにできる様になります。
でもどうしても出来ないのがアイロンがけと裁縫。

アイロンかける様なシャツも持ってませんから、アイロンすること自体殆ど無いですが、
たまにアイロンがけするとする前よりもシワができる羽目に。

裁縫もボタン付けとか以前やって見た事はありますが、散々でした。

以前ユニクロで買ったパンツの裾が私の短い足には少し長くて、裾直しの必要がありました。

それで便利なのが道の片隅でミシンを出して商売している裁縫屋さん。

私の住んでる近所に目に付くところだけで3件あります。

今回は前回行かなかったところに頼んで見ます。

タイの道脇の 裁縫屋さん|かかって来なさい!タイランド
パンツに穴が タイに移住してからはおしゃれをしてどこかにお出かけとかは無くなりました。 新しい洋服を買ったりすることもめっきり減りました。買ってもデザインやプリントのかっこよさではなく機能性重...

道脇の裁縫屋さん

裾あげ

結構どこの裁縫屋さんも多くの衣服を抱えてるんですよね。
需要あるみたいです。

あらかじめしっかりと裾にアイロンで折り目を付けておいて、ここまで裾あげして欲しいと告げます。
余分なところは切っていいか聞かれたのですが、一瞬戸惑って、もし短くされすぎた時の為に残しておきたいし。でもまぁ大丈夫だろうっという事でお願いします。

どの位かかるかと聞くと1時間後くらいに戻って来てくれとの事。

まぁお腹も空いてたし、久しぶりに隣のバーミー屋さんのラーメンも食べて見たいし。

以前ピセットで頼んだら焼豚とワンタンが入ってたんだけど、今回はワンタン無かったな。

後は銀行行ったりマーケット行ったりして時間を潰して戻ってくるとパンツ出来上がっていました。
値段は40バーツ。

道脇の鍵屋さん

裁縫屋さんのすぐそばにあるこの鍵屋さんで以前スペアーキーを作ってもらった事があったんですが、

人がいなくて店の前でキョロキョロしてたら、後ろの散髪屋の中からおばさんが出て来て対応してくれました。その前にBIG-Cの地下にある店舗を構えた鍵屋さんで頼んだのですが、鍵が小さすぎて合うのが無いと言われ断られたんです。

でもこのおばさん首を傾げながらもあちこち削って作ってくれました。40バーツ。
ちゃんと鍵は開けれました。

裾直し後

なかなかいい感じでは無いでしょうか。

まだまだローカル色が残るこの通り。店の外見はボロっちいですがみんな職人気質でちゃんと仕事して助かります。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント

  1. ingenue より:

    77aramboyさん、こんばんは。

     私はズボンの裾上げを「裾上げテープ」で行っています。でも、40バーツはあまりにも安いですっ。日本なら\1,000は必要です。
     文章内でピセットの意味がわからずだったのですが、ピセット=大盛り。だったのですね、勉強になりました。

    • 77aramboy 77aramboy より:

      ingenue様
      いつもコメント有難うございます。
      タイにも裾上げテープあるか探したんですけど、よく分からなかったです。
      都心部に行くと結構物価が高くなって来てますが、まだこの辺りは庶民価格でいいです。
      今度ラーメン頼む時にピセットって言って頼んで見てください。
      ここは5バーツ多めに払うだけでした。