タイの看板の面白い税率|かかって来なさい!タイランド

タイ文字

タイ文字を勉強して一通り読める様になっても、 看板 やメニューはなかなか簡単に読めませんね。
なぜあんなにアルファベットに似たフォントを使うんでしょうか。タイの人はあちらの方が読みやすいんでしょうか。

     

これ完全に、a,n,s,w,u,U,K に見えますよね。

でもこれ、ด,ท,ร,พ,น,บ,หの別フォントバージョンです

このフォントが比較的よく使われている様な気がします。
いまだにアルファベットに見えます。

タイの看板

さてタイの看板ですが、大小様々な看板があります。まぁ世界中何処でもそうですが。
スワンナプーム空港から街に向かう時など高速道路など脇にはかなり大きな有名企業の看板が立ち並んでると思うのですがこの看板には税金がかけられています。大きいものだけではなく屋外に掲げられる看板は全て課税の対象になる様です。

日本でも屋外に看板など掲げる場合は行政への許可申請しなくてはいけなく、一定期間の手数料を支払う事になっています。税金とは少し意味合いが違いますね。まぁ同じか。

課税方法

タイの看板の課税の仕方が面白くて、まずは大きさに対して課税額が変わって来ます。これはまぁそうでしょうね。

その上にその看板に書かれている文字で税率が変わってくるんです。

看板

ちょっと近所の看板はどんな感じかぶらっと散歩がてら見て来ました。

これはタイ語だけですね。一番安いパターンです。

これは写真があるので2番目のカテゴリーに入るんですかね。

英語、標章マークの看板ですが右上にタイ語がああります。なので2番目のタイプです。

英語だけの看板がないか探して見ました。

ありました。

と思ったら、大きなサインで左上に小さくタイ語表記がありました。なのでタイプ2

この法則に従えば、外国語表記だけもしくは外国語がタイ語の上にある看板は限りなく存在しない事になります。どの企業も税金たくさん払いたくないですもんね。



これはひょっとして、見つけました。英語表記オンリー看板。

しかし、残念。見えるか見えない様にタイ語が表記されてました。

何処か大手外資系の企業が我々の商標には手を加えないでオリジナルを使うなんてポリシーの会社はないんですかね。と思っているとある会社のサインが目に入りました。それはタイではそこら中で見かけるあの会社。

これも残念。これも小さなタイ文字が上に。このサイン少し浮き上がっているので下から見上げるとタイ文字が隠れて見えなくなるんですけどね。

看板

もう一つ
  

もう肉眼で見えるとか見えないとかは関係ないんですね。

あー今無性にセントラルワールドから伊勢丹にかけてのAPPLEの大看板がどうなってるのか確かめたい。

とか言ってたら、ご近所さんにこんなのがあっさり見つかりました。こういう小さなお店は関係ないんでしょうかね。

  

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

関連記事
生活
77aramboyをフォローする
かかって来なさい!タイランド

コメント