ソンブン・シーフードレストラン 噂通りの美味しい料理|かかって来なさい!タイランド

タイに来る魅力の一つにお料理が結構上位に来る人が多いんじゃないでしょうか。
屋台飯、ローカル食堂から高級レストラン。辛ささえ控えめにすればどれも日本人のお口にあう物がたくさん。
タイ料理に限らず世界中の料理がお手頃な値段で食べれるのも嬉しいですね。

日本やアメリカから友達が遊びに来るたびに必ず連れて行くレストランがあります。


ソンブン・シーフードレストラン


日本人の間では超有名なレストラン、ソンブン・シーフードレストラン「Somboon Seafood Restaurant」

何がそんなに有名なのか。2つあると思います。

 プーパッポンカレー

一つは、ここの看板メニュー 「プーパッポンカレー」
ソンブンといえばプーパッポンカレー、プーパッポンカレーといえばソンブン。

プーパッポンカレーとはさてなんぞや

「プー(蟹)」「パッ(炒め)」「ポン(粉)」「カリー(カレー)」
早い話が「カニのカレー炒め」の卵とじと行った感じですかね。

カレーと言っても他のグレーンカレーやレッドカレーのように辛くはなく、たっぷりのココナッツミルクの風味が効いたマイルドなお味に仕上がっていて、そしてこの卵がフッワフワで絶品です。

みんながみんな美味しいと言ってても、疑い深い私は正直言ってそんなに期待してなかったのですが納得の一品でした。

 セレブなお客様達

もう一つこの店が日本人に有名な理由は各国の有名人、セレブレティーの写真が壁に飾られていまして、
その中に小泉純一郎元首相や秋篠宮文仁親王などのお写真も飾られていることでしょう。

そんな方々が来られてるレストランだったらちょっと敷居が高いんじゃないのかなとも思われるかもしれませんが
全然そんなことなくてカジュアルな感じで大丈夫です。短パン、サンダルでも大丈夫でしょうけどもその辺は常識ある範囲で行けば大丈夫。私たちもアユタヤの帰りに寄っていきましたから。


メニュー


全部綺麗な写真付きで日本語表示があります。

気になるお値段の方もそんなにお高くないんです。
それに一品一品の量が多い。

プーパッポンカリー(小)380B

3人で頼みましたが(小)で十分。ご飯を追加で注文しときましょう。ご飯の量は少なかったような。
普通に頼めば殻付きできますが、 ヌアプーパッポンカリーと頼めば殻なしできます。ほんの少しだけチャージされますが、20Bぐらいだったと思います。断然こっちの方が食べやすくておすすめです。インスタとかに載せるにはちょっと物足りない絵図らにはなりますが。

空芯菜炒め(小)140B

これも歯ごたえがシャキシャキですごい火力でササッと炒めたんだなーと思わせる一品です。
唐辛子抜き、ニンニク抜きでも頼めます。
唐辛子抜きで注文しても小さなお皿に山ほどの刻んだ唐辛子を持ってきてくれますので。

海老コロッケ(小)150B

これもプリッぷりです。このお値段で10個のコロッケが付いてきます。
横には甘いタレが一緒に添えられています。
そして横にそこし添えられてる大根と人参のなますがあるんですが、それも美味しいんですよ。

塩漬け魚とナスの鉄板炒め 180B

魚のダシが出て甘辛。日本人には好まれる味です。

トムヤンクン 400B?ちょっと値段忘れました。

これもここで食べたのが今までで一番美味しかったですね。
注文の時に辛くしないでと言っておいたので、すごい食べやすかったです。

ビアチャーン(大)140B

こんな感じでお値段控えめ、でも量多めです。


アクセス


ソンブン・シーフードレストランはバンコクに6店舗あります。
やはりせっかくなので格式ある本店行かれることをオススメします。
サイアムスクエア・ワンなどの便利な場所のショッピングモールに入っていてランチ、ディナー通しでオープンしているところもありますが、お昼2時過ぎでも50人くらい店外で待っていますから。

BTSナショナルスタジアム駅1番出口から国立競技場を左手に見てラマ1世通り真っ直ぐ行き、テスコロータスを過ぎたら
バンタットン通りを左に曲がります。

それを真っ直ぐ行くとソイ チュラロンコーン8がありますのでそこを左折、するとカニのマークの「SOMBOON(ソンブーン)」があります。

歩いても行けますが15分から20分くらいかかります。

前回タクシーで言った時は47Bかかったのかな。タクシーの運転手はレストランのことを知らない人が多いので、乗る時にグーグルマップでも見せるといいかも。またはソンブン・シーフードレストランと言ってもよく似た違うレストランに連れて行かれることもあるのでご注意を。

私はタクシーで1台目で150Bとか言われましたから気をつけましょう。
だいたい距離として1キロちょっとですから。


地図


 


感想


連れて行ったどの友達も満足してくれるレストラン。
お値段も手頃でアクセスもそれほど大変でもないですし、
でもサービスは担当者次第ですね。愛想のない子もいれば、何も言わなくてもみんなの写真撮りましょうかって言ってくれる子も。

もちろんタイ人のお客さん、あと中国人、韓国人、日本人で大半は占められてます。
ここでも不思議に感じるのはこれだけ超有名店なんだけどファランの客は一人も見なかったんですよね。
ここもロンリープラネットに載っていないからなのかな。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント