BTS オンヌット駅からスワンナプーム空港 まで29バーツ|かかって来なさい!タイランド

もうこのブログを書き出して1年が過ぎたようです。
情報が古くなってるのもあるとは思いますが、その中で比較的良く読まれている記事の中で気になっていたこのバスの料金を確かめて見ました。(2019年6月6日)
今年の4月にバスの運賃が値上がりしてたので。

バンコク路線バス値上げ|かかって来なさい!タイランド
バンコク路線バス 値上げ バンコク首都圏の路線バスの運賃、当初1月21日の値上げの予定だったのが、2019年4月22日より値上げとなりました。 私がバンコクに暮らし始めた2017年には期間...

ですがこのバスは値段据え置きだった様です。


色々、知らないだけで損することってありますよね。 スワンナプーム空港 ワンナプーム空港
ちょっと頑張って高そうなレストランに行ったけど、ネットで予約してから行くと50%オフになるとか後で気付くとか。

BTS オンヌット駅から スワンナプーム空港 まで

たまに日本から、アメリカから友達が遊びに来てくれます。その度にスワンナプーム空港まで迎えに、見送りに行きます。
オンヌットからは比較的スワンナプーム空港まで近くてタクシーに乗っても200Bぐらいで行けます。

今まではオンヌットからBTSでアソークまで行き、MRTに乗り換えてペチャブリー駅を下車。そしてエアーポートレール・リンクのマッカサン駅に乗り換えてスワンナプーム空港まで行っておりました。これだと84Bで渋滞など気にしないで大体の時間が予測でしきますしね。

ところがふとした時にBTSオンヌット駅とスワンナプーム空港までロットゥーが走ってるのを知りこれは一度試して見ようと言う事で乗って来ました。

乗り場所

場所はBTSオンヌット駅直ぐ下の奇数側のバス停に来ます。7/11の前ぐらいですね。ちょっと手前の警察署辺りからBTSウドムスックまでスクンビット通りをゆっくり乗客を探しながら走るのでその間ならどこでも止まってくれそうです。

以前他のバスを待っている時に様子を見てたのですが20分間隔ぐらいに来ます。

フロントガラスの助手席側にAIR PORTSUVARNABHUMIのサインがある時もあれば、タイ語だけでสุวรรฌภูมิの時もあります。それがくれば手を斜めに下に伸ばして止まってもらいましょう。バス停近くはゆっくり走ってくれますので見逃す事はないと思います。

 BTSオンヌット駅テスコロータス側のバス停が終点ですのでこちら側は始発ですね。なので誰もまだ乗ってません。

バスはこのままスクンビット通りを東にお客を拾いながら走って行きます。
途中ウドンスックを過ぎたあたりで左折し北上します。この間も客を拾いながら空港に向かいます。

結局、乗車して来たのは4人だけでした。そのうち空港まで行ったのは私だけ。
まぁエアーポートバスと言うより庶民の足ですね。

因みに大きなラゲージを置けるスペースはないです。
もし大きなラゲージがある場合はもう一人分の席の料金を支払わなければならないと思います。

ところでお値段はいくらなのでしょうか。

 
 

スワンナプーム空港まで29Bになっていますね。他のところまでのお値段も普通のエアコンバスと同じくらの設定になってますね。

バスはスワンナプーム空港の一階、タクシー乗り場のもう一つ外側に着きます。
この日は日曜日のお昼過ぎで約45分ぐらいで到着しました。

ゲートで言うと3番出入り口に止まる時もあれば、8番出入り口に止まる時もあります。

空港のフードコート

このゲート8番から入ると右手にフードコートがあるのをみなさんご存知でしょうか?

一階の一番隅っこにあるので知らないと来る事はないですね。

24時間営業ですので真夜中の便で到着された時なんかはここで時間潰すのもいいかもしれませんね。
ビールも45Bで売ってますが、真夜中は売ってないでしょうね。

ここのフードコートは昔ながらのチケット式です。
入って左側のカウンターで必要な分だけのチケットを買い、オーダーする時にチケットの束を出せば向こうが勝手に料金分だけちぎってくれます。

これで60B、お味はそんなに美味しくはなかったです。

帰りもロットゥーで帰るのですが、帰りはちょっと寄り道しなければならないんです。

スワンナプーム空港からBTSオンヌットまで29バーツのミニバス|かかって来なさい!タイランド
もうこのブログを書き出して1年が過ぎたようです。 情報が古くなってるのもあるとは思いますが、その中で比較的良く読まれている記事の中で気になっていたこのバスの料金を確かめて見ました。(2019年6月6...

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント