チェンマイ 大自然の中の空中カフェ「The Giant 」|かかって来なさい!タイランド

カフェ文化

チェンマイの旧市街やニマンヘミンなどにはお洒落なカフェが沢山あって調べているうちにどれもこれも行きたくなって頭を悩ませます。

このカフェ文化、チェンマイ市内だけでは収まりきれず大自然の中にも工夫を凝らしたカフェが点在します。今回はちょっとここに来るまで結構大変な道のりをバイクで走らせてきた大自然の中にある空中カフェ「The Giant」の紹介です。

The Giant

この日はバイクでドイ・サケット温泉を含め1日この辺りを走る予定をしていたのでこのカフェにも寄って見たのですが、結構これが大変でかなり急な坂道と荒れ果てた凸凹だらけの道をバイクをガタガタ言わせながら登って来ました。

場所

 

営業時間

8:30〜17:00(月曜休み)

本当途中でバイクが壊れるんじゃないかと思うくらいと同時にこんな所にカフェがあるのか、そしてこんな所のカフェに人々は来るのかと言う疑問。

そして最後の坂を登り切ると大きなゲートが出て来ました。

The Giant

このGiantが意味するのはこの大きな木の事のようです。この大きな木を取り囲むようにカフェがあります。

吊り橋

実はゲートからこのカフェに行くには吊り橋を渡って行きますが、さほど長い橋ではないですがこれが揺れるんです。そして渡り出しは勾配が付いてて滑る。カメラ片手に渡ってたのですが落としそうになるくらい。タイに来て色んな吊り橋を渡りましたがここが一番揺れたかも。

The Giant

それもそのはずでこの橋一度に2人までしか渡れない事になっています。


きっと5人も一度に渡れば相当揺れて歩けないんじゃないかな。

ここが若者の間ではインスタ映えスポットのようで橋の上で皆さん写真を撮るのですが、後ろに人が待ってるんだからちゃっちゃと済ませて渡って欲しい。
何枚も彼女を撮った挙句、今度は入れ替わりで彼氏の撮影。

ここは勿論一方通行で帰りは裏側から同じ様な吊り橋がもう一つあります。

大自然

橋を渡りきってテーブルに着くとそこはもう見渡す限りジャングルの中って感じ。

The Giant

こんなジャングルの中にカフェがあって人で賑わっているのが何とも不思議。

The Giant

不幸にもこの日はエスプレッソマシンが壊れていたため頼める飲み物はココアだけ。
まぁここのコーヒーが美味しいから来た訳ではないからいいのですが、120バーツは高いな。

空中テーブル

橋を渡る途中にも見えるのですが一部テーブルが突き出しているところがあります。

The Giant

こちら側からみるとちょっと大丈夫かなと心配にもなりますが。

The Giant

結構傾いてますよね。

このカフェの隣にバギーが沢山停めてあってバギーツアーもできる様です。

道が安全なら楽しそうだけど、きっと運転謝ったら落ちちゃう様な感じだろうな。

滝の途中にあるカフェ

このThe Giantに来る途中で見かけたのですが、こんなカフェもありました。

川の途中というか滝の途中にテーブルがあるカフェ。
名前とかはわかんないですが、来る途中はここで女性二人が裸足で食事をしてました。

これ凄い特別感がある感じだけど、わざわざここまで来て先客がいたら嫌だな。

いや色々探せばとんでもない所にとんでもないカフェがあるもんですね。

もし時間のある方はこちらの動画もどうぞ。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れて人生変わるかも。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント