世界一お金持ちの王様は誰?|かかって来なさい!タイランド

先日池上彰氏の番組を見ていると、天皇の即位関連のテーマで世界の国王の資産の順位を特集していました。

世界一の資産家

まずは起業家たちの資産を見て見ましょう。

1位 

世界一お金持ちの王様

現在世界一の資産家は皆さん頻繁にご利用しているAMAZON.comのCEO

ジェフ・ベゾス氏 純資産:1310億ドル(14兆4100億円)

2位

世界一お金持ちの王様

続いてこちらも皆さんおなじみのマイクロソフトの創設者兼会長

ビル・ゲイツ氏 純資産:965億ドル(10兆6150億円)

3位

世界一お金持ちの王様

そして株をやっている人なら誰でもご存知、投資家のバークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)の会長兼CEOである

 ウォーレン・バフェット氏 純資産:840億ドル(9兆750億円)

凄まじい金額過ぎて、小さな国一つ作れちゃいます。

世界の国王の資産

さて世界の国王はどんな感じになってるのでしょう。

3位サウジアラビア

世界一お金持ちの王様

サルマン国王(83歳)個人資産1兆9000億円

財源は石油マネーです。

・国王の即位時には国民に4兆円のボーナス。
・日本に来日した時は側近を1000人、ハイヤー500台、ホテル1000室以上。
・飛行機から降りるタラップは国王専用のエスカレーター特注。
・フランスへのバカンスではリゾートビーチを1kmに渡って貸切。
・ホテルからビーチに出る時はこれまた専用のエレベーターを特注。
・1回のバカンスの費用7000億円。

2位 ブルネイ

世界一お金持ちの王様

ボルキア国王(73歳) 個人資産2兆2600億円

石油、天然ガスの実権を一手に国王が握っています。

・ギネス認定世界一の個人住宅 東京ドーム4個分 部屋数1788室、風呂250室、
 車7000台(600台以上はロールスロイス)
・48歳の誕生日に国民のために遊園地をプレゼント。
・50歳の誕生日にはマイケル・ジャクソンの無料コンサート。
・国王の長女の結婚式にはスティービー・ワンダー、ホイットニー・ヒューストンの
 無料コンサート。
・息子アジム王子はマライヤ・キャリーに6億円のネックレスをプレゼント。

1位 タイ王国 世界一お金持ちの王様

世界一お金持ちの王様

ワチラロンコン国王(67歳)個人資産 6兆5000億円

・番組ではバンコクの一等地の大半を所有とのことでしたが、私が聞いたところタイ国土ほ       とんどを所有しているとの事でした。
・タイの経済を支える流通、自動車、銀行などの大企業の大株主でもある。
    特に最近の経済の発展に伴って資産が跳ね上がってるようです。

一説にはタイ王室の年間支出が約500億円とも言われており、この金額はイギリス王室の年間支出の約10倍の額だそうです。(何に使われているかは不明)

個人資産と言っても流動資産、固定資産とありますので、いくらでも好き勝手に使えるわけでわ無いでしょう。

タイ国王 ラーマ9世 、ラーマ10世 |かかって来なさい!タイランド
早いものでラーマ9世 プーミポン 国王 が御崩御されてからもうすぐ2年になろうとしております。私がタイに住み始めたのはその翌年の始めでありまして、昭和天皇の御崩御の時も海外に住んでいましたので、一国の天皇や国王が崩御された時、国は国民はどう言う風になるのかを肌で感じてみたかったです。

番外編

英国 エリザベス2世(93歳)個人資産 570億円

・英国の海岸線の55%を所有。
・バッキンガム宮殿の入場料。
・競走馬のオーナー。
・街の中心部に数千軒あるテナント料。

日本の天皇

日本の天皇は基本的に個人的な私有資産は法律上存在しないようです。
家や土地も国の物になるそうです。

勿論収入源は国民の税金から。
皇室費として使われるのは年間約120億円。ほとんどは公的な活動に使われるお金との事。
私的費用に使用される「内廷費」は毎年3億2400万円支給。

普段の生活はとても質素との事。
昭和天皇のお話で鉛筆は短くなってもキャップを付けてお使いになられていた。
上皇陛下がまだお若りしき頃、写真がお好きでいらっしゃったのを見て、昭和天皇から送られたのは中古品のカメラだったようです。

お金て一体何だろうと考えさせられる日でした。

注)全て諸説あり

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れて人生変わるかも。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント