ワットサケット バンコクにある黄金の丘 The Golden Mount|かかって来なさい!タイランド

みなさんご存知だと思いますが、バンコクには山がありません。
でもバンコクの西に位置する所にプーカオトーン(黄金の山)と呼ばれる小高い人工の丘があります。
その頂上には黄金にそびえ立つ仏塔があり、それが ワットサケット です。
ワットプラケーオ、ワットポー、ワットアルンと行かれた方はここもぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

ワットサケット

ワットサケットはアユタヤ王朝時代(14世紀~18世紀)からある古い寺院で毎年 11 月にローイ クラトンの間 1 週間かけて寺の祭りが開催されます。
以外に伝統のある格式高い寺院のようです。80mほどの丘の上に黄金の仏塔がそびえ立っていてこの仏塔内には、仏陀の遺物が納められ、年間を通じて信者が参拝します。

まず階段の手前でチケットを買います。50THB

そしてとりあえずお猿さんを写真に納めて344段の階段を登ります。

344段と聞くと大変かなぁと思われるかもしれませんが一段一段が小さいのでそれほど大変ではないです。小さすぎて少し登りづらいですが。
一段飛ばしだとちょっとしんどいかな。

階段をあがって行く途中にミストの霧が出ていたり滝が流れていたり、たくさんの草木やオブジェ、鐘が連なっていたりと飽きることはないです。

途中にカフェもあります。きっと下りる時には疲れてここで一休みということになると思いますね。

途中からはバンコクの街並みが徐々に見下ろせるようになり、風も通り気持ちがいいです。

螺旋階段を登り切ると一小屋入って狭い階段を登りついに黄金に輝く仏塔の全貌が拝めます。



360度見渡せる回廊からのバンコクの眺めも最高です。

ワットサケットの場所

バンコクの中心部の西の外れと王宮の間ぐらいですね。
この辺りは交通の便があまり良くないですが船着場が直ぐ近くにありますね。

ワットサケットへ行き方

さて黄金の丘への行き方ですが、バンコク市内の外れですからタクシーを使ってもそれほどかからないとは思いますが、それにワットサケットまたはプーカオトーンと言えば解ってくれますし。でも私は今回センセーブ運河のボートを利用してみました。安いし、早いし、ワットサケットの直ぐ近くにピアがあるし便利。プラトゥナムのピアから乗り込みました。西向きに行くボートですね。伊勢丹を背に左側の船着場かな。

 

乗り込んだらボートの脇をつたって集金の人が来ますのでパンファと告げて11THB(10THBの時もあった)を渡し切符をもらいましょう。
パンファは終点なのでみんな降りていきます。

船着場を上がって左手にある直ぐの白い橋を渡って見上げれば丘の上に黄金に輝く仏塔が見えます。5分も歩けばつきます。

ロンリープラネット

あまり日本の方には他のお寺に比べて知られていないようですが、ここ、白人の観光客が結構いるんですよね。
どうしてかな、ロンリープラネットに結構大きく取り上げられてるのかな。
プラトゥナムにある超有名店のカオマンガイ屋さん
はロンリープラネットに取り上げられてないから白人さんは誰も来ないのかな。

ピンクのカオマンガイ って有名だけど何処にあるの?|かかって来なさい!タイランド
アジア人に超人気のお店、 ピンクのカオマンガイ カオマンガイ タイで有名な庶民的な食べ物の一つカオマンガイ。 ”ニワトリの脂で炒めた白米を、ニワトリを茹でてとったスープで調理した、雞...

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

コメント