【ウドンターニー】ノンハーン湖を紅い蓮で埋め尽くすタレーブアデーン|かかって来なさい!タイランド

蓮の花 タレーブアデーン

タレーブアデーン 赤い蓮の花

旅行者にとってウドンターニーの最大の観光スポットは市内から南に45km程行った所にあるノンハーン湖にあるタレーブアデーンだと思います。11月から2月の午前中にかけて湖に紅い睡蓮が咲き埋め尽くす絶景を見る事が出来ます。

タイ語でタレーは海、ブアは蓮、デーンは赤

直訳すると「 赤い蓮の海」となる訳ですが、実際には海ではなく湖、赤ではなくピンク。
なので本当は 「タレーサープブアチョンプー」が正解かと。

場所

 

時間

蓮の花は午後になるとその身を閉じてしまいます。なので早朝に行くことがオススメ。
特に朝日が登り始め前に行けば、幻想的な世界から生命が活動し始める素晴らしい光景を目にする体験が出来ます。

私がウドンターニーを訪れたのは2月初旬。この時期の日の出は午前6時40分。
ウドンターニー市内からノンハーン湖にあるブアデーンを見れる所までは約45km。

バイクでの行き方

私は前日からバイクを借りていましたので、午前6時過ぎ頃に到着する様に午前5時15分にホテルを出発します。

行き方は至って簡単。国道2号線を真っ直ぐ南下して1071号線を東に向かえば到着です。
ですが国道と行っても街灯がないところもあり、真っ暗な中バイクを走らせるのはかなり気を使います。結構ノロノロ運転で到着したのは午前6時20分。

もう周りは結構明るくなって来ていました。

この時期、日の上がる前の気温は20度以下。1時間も風に晒されると結構体が冷え込みますのである程度の防寒は必要になりますね。

ウドンターニーの一番の観光スポットの割には周りに屋台はそれ程ないですね。

料金

ボートは2種類。

大) 6人まで 500バーツ 1時間
小) 2人まで 300バーツ 1時間

私はひとり旅ですので小型のボートに乗る訳ですが1人だと小型ボートは150バーツ。

6人用にしては小さいかな。

こちらが私の乗った小型ボート。

ノンハーン湖

総面積36㎢と言う広大な湖の北の方からボートは6時半ちょうどに出発しました。
初めは何にも無いところをただただ進んで行きます。途中、あれ蓮の花見えたけど写真撮らなきゃと思っているうちにまた見えなくなりの繰り返し。

が、20分も過ぎた位にようやく沢山の蓮の花の所に到達。
ここで暫くボートを停泊させて、写真撮影です。

蓮の花 タレーブアデーン

西側と東側の光景がまるで違う感じになります。

蓮の花 タレーブアデーン

蓮の花 タレーブアデーン

写真を撮ってると後ろで何かシュッ、シュッと音がするので振り返ってみると船頭さんが投げ釣りやってましたね。

蓮の花 タレーブアデーン

ドローン撮影

ここで用意しておいたドローンを飛ばしてみます。
それで一応船頭さんに許可を申し出ると「ダーイ」との事。
おまけにこれを発着台として使いなさいとクーラーボックスを貸して頂きました。

直ぐにこれが出てくると言う事は結構皆さんドローン飛ばしてるんですね。

ナコンパトムのブアデーン

ちょっと話はそれますが、バンコクのお隣パトンナコム県には1年中人工池にこのブアデーンを見れる場所がありまして、そこはサービスとしてドローン撮影をしてくれます。50枚位空撮してくれて、確か1枚50バーツ、全部買いで300バーツでLINEに写真を転送してくれます。

蓮の花 タレーブアデーン

時期外れ?

途中で薄々気づいてはいたのですが、もう満開の時期は過ぎちゃってるのかな。
スカスカ感ありますよね。

蓮の花 タレーブアデーン

この後もう二箇所ボートを止めて写真撮影してこの景色を楽しみます。

蓮の花 タレーブアデーン 蓮の花 タレーブアデーン

バードウォッチング

写真も沢山撮ったし蓮の花は満載ではなかったですがわざわざここまで来たかいがありました。
帰りには沢山の野鳥がこの湖の上を飛び交っていたのに気付きました。

蓮の花 タレーブアデーン

見所の時期

結局1時間のボートツアーは行きに20分、ボート停泊40分、帰りに20分だったので1時間20分のツアーになりました。初めに2時間300バーツも勧められましたがこれで十分ですね。

蓮の花 タレーブアデーン

この看板の様な景色は見れなかったですが、それでも大変楽しい時間を過ごせました。
沢山の野鳥が飛び交う光景を見れるのもここの魅力の一つですね。

1月の中旬に3日ほどブアデーンのお祭りが行われると言う事なので、きっとその時期が一番の見所の時期なんかじゃ無いでしょうか。2月上旬ではちょっと遅かったのかな。

移動方法

ウドンタニ市内から車で約1時間ほど。タクシーを使えば1200B~。ソンテウは1台800バーツ~。ボートを乗っている間、運転手は待機してくれていて、その時間込みの往復料金。

レンタルバイクは1日300バーツ、往復約90kmなのでガソリン代は約60バーツぐらい。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れて人生変わるかも。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント