チェンマイ最大の仏塔 ワット・チェディ・ルアン |かかって来なさい!タイランド

チェンマイはバンコクから北に720kmに位置するタイ第二の都市です。タイ国内外からも毎年たくさんの観光客で賑わいます。チェンマイに来てまずする事は街の美しい寺院やユニークな名所を訪れることです。1296年にランナー王朝初代メンラーイ王により新しい首都としてピン川のほとりに建設され、ランナー王国の歴史的な首都、チェンマイは文化が豊かです。 それ自体が魅力である旧市街には、歴史ある最高の寺院、美術館、その他の興味深い名所が集まっており、その多くは古代の城壁やお堀の内外にあります。 もう少し遠くへ旅行するつもりなら、チェンマイの大自然を満喫できます。 近くにはタイで最も高い山があります。2つの異なる部族の村や様々な国立公園もあります。

Wat Chedi Luang

ワット・チェディ・ルアン

チェンマイ旧市街地の中心にあるチェンマイ最大の仏塔。1385年から1402年の間に、Mengrai王朝の7代目の王Saen Muang Maの統治中に建設が始められ、ほぼ1世紀続いた。 チェロディが1475年にティロカラット王の統治中についに完成。

仏塔は高さ約86m、基壇の直径54m。

かつてはタイで最も神聖な宗教的遺物であるエメラルド寺院の本拠地でした。かし1545年の地震で構造物の上部30mが崩壊。

 ワット・チェディ・ルアン1992年、チェディ周辺の修復作業を終え、それぞれの顔にナガ(水蛇)の階段と、象が仏塔を支える素晴らしい構図が戻ってきました。 

本堂

本堂の中に入ると幻想的な世界に。
神々しく黄金に光り輝く仏様。

寺院は王セーンムアンマーが父の遺灰をそこに埋葬する為に1391年に建設が始まりました。10年の建築期間の後、未完成のまま放置され、その後、建設は彼の寡婦により王の死後に続けられ完成はおそらく王ティローカラートの統治する15世紀中頃1441年までかかったとされています。

エメラルド仏像

1468年、タイで最も重要で尊敬される仏像であるエメラルドの仏像がワットチェディルアンに設置されました。 その後1世紀程ここに祀られた後、今日のラオスのルアンパバーンに移されました。

今日、その仏像はバンコクのワット・プラケーオに収められています。チェディの600周年を記念して、エメラルドの仏像の複製がチェディのニッチの1つに置かれました。

入場料と営業時間

寺院の敷地は毎日午前6時から午後6時までオープンしています。
 入場は無料です。

 

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント