チェンマイ インドの様式を取り入れた寺院 ワット・ジェット・ヨード|かかって来なさい!タイランド

チェンマイはバンコクから北に720kmに位置するタイ第二の都市です。タイ国内外からも毎年たくさんの観光客で賑わいます。チェンマイに来てまずする事は街の美しい寺院やユニークな名所を訪れることです。1296年にランナー王朝初代メンラーイ王により新しい首都としてピン川のほとりに建設され、ランナー王国の歴史的な首都、チェンマイは文化が豊かです。 それ自体が魅力である旧市街には、歴史ある最高の寺院、美術館、その他の興味深い名所が集まっており、その多くは古代の城壁やお堀の内外にあります。 もう少し遠くへ旅行するつもりなら、チェンマイの大自然を満喫できます。 近くにはタイで最も高い山があります。2つの異なる部族の村や様々な国立公園もあります。

Wat Ched Yod

ワット・ジェット・ヨード

こちらは城壁の北西端から2Kmくらい離れた場所にある ワット・ジョット・ヨート。

インドの様式を取り入れた寺院。

ティローカラート王により1455年に建立されました。

正方形の基盤の上に名前にもある7つの仏塔。大きな仏塔の周りに6つの小さな仏塔が囲みます。

ワット・ジェット・ヨード

壁には70余りの多くの天使の仏像の浮彫り装飾があります。
結構、顔がなかったりして崩れ落ちてしまってたりしますが。

これなんかを見てるとインド色がかなりありますね。

お釈迦様が悟りを開いたといわれる菩提樹があちこちにあり、こうしてつっかえ棒をしています。
この白いのは確か99バーツで売られていて、お参りに来た人が買って支え棒としてお供えして行くようです。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント