チェンマイで最も古い寺院 ワット・チェン・マン|かかって来なさい!タイランド

チェンマイはバンコクから北に720kmに位置するタイ第二の都市です。タイ国内外からも毎年たくさんの観光客で賑わいます。チェンマイに来てまずする事は街の美しい寺院やユニークな名所を訪れることです。1296年にランナー王朝初代メンラーイ王により新しい首都としてピン川のほとりに建設され、ランナー王国の歴史的な首都、チェンマイは文化が豊かです。 それ自体が魅力である旧市街には、歴史ある最高の寺院、美術館、その他の興味深い名所が集まっており、その多くは古代の城壁やお堀の内外にあります。 もう少し遠くへ旅行するつもりなら、チェンマイの大自然を満喫できます。 近くにはタイで最も高い山があります。2つの異なる部族の村や様々な国立公園もあります。

Wat Chiang Man

ワット・チェン・マン

ワット・チェン・マン はチェンマイで最も古い寺院で、1296年の創設までさかのぼります。

Mengrai王が新しい都市を建設し、それをラーンナー朝の新しい首都にすることを決心したとき、彼はチェンマイの建設を監督していた場所に、新しい都市の最初の寺院としてWat Chiang Manを建設します。寺院はいくつかの非常に古くて重要な仏像を保持しています。

ラーンナー朝の初代王が、かつて暮らしていた事でも歴史を感じます。

寺院の中で最も古い構造物はチェディです。Chang Lom ChediまたはElephant Chediという名前のチェディは、15頭の象に囲まれた2階の灰色の石を支える四角い基盤の上に座っています。

上部には、遺物室がある、チェディの金色の上部があります。チェディはラーンナーとシンハラのスタイルの混合物です。

ワット・チェン・マン

タイでは象は神であり、また戦争の時は王を乗せて戦いにも出ます。
昔から大変愛されて来た象。タイ仏教の世界では象は全てのものを支える象徴。

ワット・チェン・マンはチェンマイで最も古い寺院で、1296年の創設までさかのぼります。  Mengrai王が新しい都市を建設し、それをラーンナー朝の新しい首都にすることを決心したとき、彼はチェンマイの建設を監督していた場所に、新しい都市の最初の寺院としてWat Chiang Manを建設します。寺院はいくつかの非常に古くて重要な仏像を保持しています。

寺院は2つのラーンナー様式のがあります。大きなヴィハーンは1920年代にKhru Ba Srivichaiによって改装されました。立っている仏像(祭壇の正面右)には、1465年までさかのぼり、少し傾斜した正方形の刻印が刻まれています。これにより、チェンマイでこれまでで最も古い日付の仏像がだとわかりますした。しかし綿密な調査の結果、画像の実年齢を示すピットやひび割れが新しい金箔突き板で覆われていることがわかりました。

北側の小さい方のヴィハーン(9:00-17:00に開く)には、2つの小さいながらも非常に有名な仏像があります。プラシラの発想は、おそらく8世紀頃にセイロンから来たレリーフです。これらのイメージは雨を降らせる力があると信じら発想れており、寺院では4月1日から5日まで雨にまつわるお祭りが開催されます。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント