チェンマイ 小さいが見応えあるお寺 ワット・ローク・モーリー|かかって来なさい!タイランド

チェンマイはバンコクから北に720kmに位置するタイ第二の都市です。タイ国内外からも毎年たくさんの観光客で賑わいます。チェンマイに来てまずする事は街の美しい寺院やユニークな名所を訪れることです。1296年にランナー王朝初代メンラーイ王により新しい首都としてピン川のほとりに建設され、ランナー王国の歴史的な首都、チェンマイは文化が豊かです。 それ自体が魅力である旧市街には、歴史ある最高の寺院、美術館、その他の興味深い名所が集まっており、その多くは古代の城壁やお堀の内外にあります。 もう少し遠くへ旅行するつもりなら、チェンマイの大自然を満喫できます。 近くにはタイで最も高い山があります。2つの異なる部族の村や様々な国立公園もあります。

Wat Lok Molee

ワット・ローク・モーリー

ワット・ローク・モーリー

チェンマイの旧市街の中心部のすぐ外にあるWat Lok Moleeは、市内で最も古い寺院の一つです。大規模なチェディは1527年に建てられ何世紀にも渡って何度か修復されてきており、きれいに整備されています。チェディは大きな正方形のベースの上に座っています。

ラーンナー時代によく見られる屋根が何層にもなってる様式です。

シックな感じまとめられていて黒光りという感じです。
いつも感心しますが本当にどこのお寺もしっかり掃除が行き届いていて、僧侶たちの修行の賜物ですね。

ワット・ローク・モーリー

奥にも大きな仏塔があります。

お寺

ここは後日オートバイを借りた時に寺院のすぐ隣にガソリンスタンドがあってついでに寄っただけの寺院でしたが結構見応えのある寺院でよかったです。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント