ちょっと危険なロケット祭り前日のパレードと巨大カエル ヤソートーン |かかって来なさい!タイランド

ブン・バンファイ “ロケット祭り“

タイには各地に色んな変わったお祭りが沢山あります。
その中でも個人的には毎年10月にプーケットで行われるベジタリアン・フェスティバルが奇祭中の奇祭じゃないかと思うのですが、ちょっと目を覆いたくなりますけれど。

タイの奇祭中の奇祭 菜食祭り (ベジタリアン·フェスティバル)|かかって来なさい!タイランド
プーケットの 菜食祭り ベジタリアン⋅フェスティバル 今回のプーケット旅行の目的はタイの祭りの中でも奇祭中の奇祭、菜食祭り(ベジタリアン·フェスティバル)を見る為です。結構以前にこの祭りの事を知り...

そしてこのお祭りもちょっと過激なお祭りの一つ。
結構前に日本のテレビ番組で見て知っていたのですが、⌈行ってQではなかった様な気が⌋
毎年5月の中旬乾季の終わりに雨を降らす願いを込めて大空にロケットをぶち込むと言う何ともタイらしい伝統的なお祭りブン・バンファイ ロケット祭り。

近年は観光目的も兼ねて、タイの観光協会が興行を支援している様です。

日程

2019年は5月11日(土)と12日(日)に開催されました。
11日は前夜祭で大規模なパレードが行われます。
そして12日が本番のロケットを打ち上げます。

ヤソートーン 行き方

ロケット祭りはタイで数カ所とラオスでも行われている様ですが一番大きな規模がタイの東北地方にある ヤソートーン と言うところです。

 

ヤソートーン市は日本のロケット祭りの龍勢祭りで有名な埼玉県秩父市と姉妹都市を結んでいて、毎年祭り毎に関係者が訪問しています。

この祭りに行こうと思ったのが2週間前。
ヤソートーン の祭りが行われる近くのホテルを予約しようと調べてみるともう既に一杯で空室は見当たりません、AIRBNBなどもチェックして見ましたがどこも一杯。

街自体この祭り以外何もない所なのでホテル数も限られていることもあるのでしょう。

結局ヤソートーンの隣の県に宿を探すことにして、タイの最東県のウボンラチャタニーに宿を取ることにしました。ウボンラチャタニーはメコン河の向こうがラオスになる国境の県です。

ヤソートーンからは100km程離れていますが仕方がありません。

4日程ウボンラチャタニーに滞在します。

ホテルは確保しましたし、今度はバスのチケットの手配です。
 

バスチケット

今回の旅の計画はパレードの前日10(金)の夜に夜行バスで10時間かけてサソートーンに向かい朝に到着。パレードが始まる前にちょっと街を見学して10時頃からのパレードを見てお昼過ぎにウボンラチャタニーに移動して次の日の朝早くにまたヤソートーンに戻ってきてロケット祭りの見学予定です。

バスチケットはオンラインでモーチット2バスターミナルからヤソートーン行きを購入。

 

E-ticketがE-メールで送られてくるのでそれをプリントアウトすればそれがボーディングパスになります。

下のが家でプリントアウトした物。
上のがバスターミナルで一応念の為に発行してもらったチケット。

プリントアウトしたので問題なく乗れましたが、たまに車掌さんによってはなかなか理解してくれない人もいますので。

両方とも途中休憩場所で食事できるクーポンが付いていますが、プリントアウトした方は英語表記のみなので係の人はみんな???な感じです。

バス旅行 長距離バスチケットの予約|かかって来なさい!タイランド
バス旅行 タイ国内を旅行する時は長距離バスが安くて便利です。全国各地に路線が網羅していますし、VIPバスならゆったりと車内でくつろげます。チェンマイやプーケットなどに向かうには12時間ぐらい掛かりま...

VIPとFIRST CLASSと選択で迷いますが、今までは長距離バス旅行はVIPを選んでいたのですが、どちらも冷房、トイレ、リクライニングシートとありますのでFIRST CLASSでもう十分かなと思って来ました。USBチャージャーがなかったり車内のサービススナックがちゃちかったりするくらいなので。あっ、足元のスペースは十分ありますが隣の席とのスペースはないかな。

時間どうりに出発した後1時間遅れでヤソートーンのバスターミナルに到着。

ヤソートーン

ちょうど外が明るくなって来た所です。

世界一大きなカエルの建造物

パレードが始まるまでにはまだ時間があるのでこの街の唯一の観光名所の大きなカエルを見に行きます。

ちょっとバスターミナルからでも歩いて行けそうだったので向かったのですが、野良犬が全ての道を遮ります。無理にでもして通ろうとすると仲間を呼んできて囲まれる始末。
ここは諦めてバイタクで向かうことに。60バーツ。

パヤー・カン・カーク

このカエル町中に見かけます。
何やらこの地方に昔から語り継がれている神話に出てくるカエルの様です。

神話のあらすじ

この国のお姫様がある夜不思議な夢を見て子供を身籠もります。そして生まれてきたのはカエルの顔をした子供。ビックリしたお姫様は占い師に見てもらうと、⌈心配ない、この子はこの国に必ず繁栄をもたらす。⌋

パヤー・カン・カーク(カエル王)と名ずけられたこの王子は占い師の言う通りこの国の繁栄のため尽力を尽くしこの国の人々、動物達全員に尊敬される存在に。

これを面白くないと思った空の神パヤー・テーンが人々を困らせてやろうとナーガ(蛇神)を使って雨を一切降らせないようにしたため食物は育たず、人々は飢餓状態に。

そこでパヤー・カン・カーク(カエル王)はパヤー・テーンに戦いを挑み勝利します。
その時に

「地上からロケットを打った時は我々が雨を必要としている合図。必ず雨を降らすように」という約束をパヤー・テーンに結ばせます。

これが現在のロケット祭りとなって乾季の終わりに町中で大騒ぎする様になったそうです。

この隣にはナーガ像もあります。

実はこの建物の中に入ることができます。
カエルの方は口の所が展望台になっています。
ガーナ像は上には登れなかったです。

10時からオープンの様でそれまでテントの中にあったベンチで横になって一休み。
バスの中で体が伸ばせなかったですから。

そうこうしていると向こうの方で花火が打ちあがっています。
どうやらパレードが始まるみたいですね。

じゃさっさとカエル達の中に入ってパレードに向かいましょう。

カエルの入り口でチケットを買おうと思ったら、チケットはここではなく向こうで買ってきてみたいな事を言われたのでそちらの方に向かいます。

ありました、ちょうどカエルとガーナの間くらいの建物です。

売り場では日本に行ったことのある女の子が色々教えてくれました。
パレードの場所とか全然わからなかったから助かります。

両方のチケットで40バーツ。

カエルの内部

この建造物自体新しいものの様でなかなかちゃんとした展示でした。

カエルの口から見た景色

ガーナの内部

こちらもなかなかの物です。

パレード会場

 

カエルから歩いても来れる距離です。
この通りは通行止になっていて北から南にパレードは進みます。

こちらが最終地点

まず驚くのは両脇に等間隔にステージが設置されていてそこから大音量の音楽が流れています。
その音量たるもの耳栓が必要な程です。
できれば耳栓ご用意された方がいいかも。

パレード

皆さん暑い中衣装を着込んで長時間踊り続けます。

一糸乱れぬダンスで練習相当したんだろうな。

どのグループも前列のセンターが一番綺麗な方になっている様で、後ろに行くほど年配の方になってました。

色んな人たちがパレードを盛り上げます。

皆さんカメラを向けると笑顔でポーズを作ってくれます。

暑い中プラカードを持ってずっと立っている人とか汗だくなんです。
そうしたらあちこちで観客の人たちがハンカチで汗を拭ってあげるんです。なんかほのぼの。

屋台も沢山出てます。安いです。

水もカップでテーブルに置かれていて自由に飲めますし、ペットボトルも配ったりしてます。
パッタイを買って道の端っこで食べていたらわざわざお水を持って来てくれたり皆さん親切です。

ワット・マハタート

パレードの始まりの近くにワット・マハタートと言うお寺がありますので疲れたらここによって日陰で一休みされるといいです。この時期は相当な暑さになりますので。

 

 

ちょっと危険なロケット祭り当日 ヤソートーン|かかって来なさい!タイランド
前日夜行バスに乗って朝早くにロケット祭りが行われるヤソートーンに到着。 ちょこっと街を観光してパレードを満喫して一旦宿を取った隣の県のウボンラチャタニーに向かいます。 2週間前にこのお祭り...

余談

パレードは夜まで続くのかもしれませんが、3時間くらい見学して結構楽しかったのでバスターミナルの方に向かいます。本命は明日のロケット祭りですので。

ここからバスターミナルまで2.5km程。
まぁ歩いて行こうかとトボトボと重い荷物を背負って向かいます。
途中バイクタクシーに乗るかって感じでクラクション鳴らされましたが、もう途中まで歩いて来たのでそのまま前進。

すると前方に一台の車が左折のウインカーを出して止まっています。
左に曲がれそうな感じでもないので不思議に思っていたら、車内から呼び止められて
一瞬、えっ俺に道でも聞くのかな、なんて思っていると、

⌈どこまで行くのっ⌋てタイ人のおばちゃんが英語で訪ねて来ました。

⌈バスターミナルまでと言うと乗せって行ってあげるとの事。

それで有り難く乗せて行ってもらいました。

この人、学校の先生をしている様でこの日は子供を絵のクラスのお迎えの帰りだった様です。
助手席にお子さん乗ってました。

これからヤソートーンのバスターミナルからウボンラチャタニーに向かって、そしてまた明日ロケット祭りを見に戻ってくる、なぜならこの辺りのホテルが一杯だったのでなんて話していると、⌈私の知ってるホテルに聞いてあげるよ、ウボンのホテル、キャンセルできないの⌋なんて言ってくれて、親切ですね。

バスターミナルまで送って貰ってそこでお別れです。

私がバスチケットを買っていたら次のチケットが3時になるまで販売できないとの事。
今はまだ1時半。どうしようかなと思っていたら先ほどのおばちゃんがチケット買えたかどうか心配して来てくれて、じゃご飯でも一緒に食べに行きましょうとテスコロータスのフードコートまで連れて行ってくれました。そこで色々お話をしてLINEを交換して、再びバスターミナルまで。

いあー本当みんな親切で助かります。

LINEのアイコンがおばちゃんの若い時のめちゃくちゃ綺麗な時の写真でちょっと笑った。

ちょっと危険なロケット祭り当日 ヤソートーン|かかって来なさい!タイランド
前日夜行バスに乗って朝早くにロケット祭りが行われるヤソートーンに到着。 ちょこっと街を観光してパレードを満喫して一旦宿を取った隣の県のウボンラチャタニーに向かいます。 2週間前にこのお祭り...

よろしければ動画も見てね。

よろしければ女の子のお鼻をポチッとお願いします。
色んな人のタイに関するブログが見れます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント